10

例えば、WordPressのようなGPLライセンスが適用されているソフトウェアの一部をカスタマイズし、そのカスタマイズ版を用いてWEBサービスの提供を行っています。

この場合、アプリケーションの配布を行っているわけではないので利用者へのソースコードの配布は不要であると認識しております。

一方で、例えば、このサービスを第三者に譲渡する場合は譲渡先がソースコードの開示を要求した場合、かならず提供しなければならないという認識です
(もっとも、PHPですのでバイナリというのはレアですが)

このような認識でいるのですが私の認識はあっていますか?

10

GPLの "ASP loophole(抜け穴)" 問題として認識されていることもあり、質問にある解釈が一般的かと思います。このようなGPL解釈に対して、別ライセンス Affero General Public License(AGPL) が準備されています。

下記記事も参考になります。

  • 参考リンクありがとうございます。非常に参考になりました。ありがとうございました。 – SiN 15年2月11日 2:45

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする