0

SonyのSpresenseにてアナログマイクを用いて録音を行っています。
コンパイル環境はArduino IDEで、Windows10です。
使用しているSDカードはSony製MicroSDHCメモリーカードのSR-32UX2Aで32GBです。

192kHzにて録音をしており、数回は録音が行われSDカードにWavファイルが保存されます。
そのWavファイルについてもPCにて確認を行いましたが、問題なく録音が行われています。

ただ、数回録音すると、
シリアルモニターに

Attension:module[4][0] attension id[1]/code[6] {objects/media_recorder/audio_recorder_sink.cpp L84}

と表示が出たのち、毎回エラーとなり、録音が行わません。

電源を再投入すれば、また一つ目のファイルから録音していきます。

録音動作そのものが出来ていないわけではないので、プログラムやセンサーの接続的な問題ではないと思うのですが、何が問題なのでしょうか。

SDカードを変更すると、SDカードによっては起動後の最初からこのメッセージが表示され、
エラーとなってしまい、録音できないことからSDカードに関連した問題かと考えているのですが、対処法も思いつかずにいます。
※5種類ぐらいSDカードは試してみましたが、どれも遅かれ早かれ同様のエラーが起きているのが現状です。

プログラムは以下に添付いたします。
プログラム最終部、FileNo += 1の後のsleep(3)は本来不要なのですが、エラーが起きる確率が少し下がったので追加しています。

/*
 *  recorder_wav.ino - Recorder example application for WAV(PCM)
 *  Copyright 2018 Sony Semiconductor Solutions Corporation
 *
 *  This library is free software; you can redistribute it and/or
 *  modify it under the terms of the GNU Lesser General Public
 *  License as published by the Free Software Foundation; either
 *  version 2.1 of the License, or (at your option) any later version.
 *
 *  This library is distributed in the hope that it will be useful,
 *  but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
 *  MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU
 *  Lesser General Public License for more details.
 *
 *  You should have received a copy of the GNU Lesser General Public
 *  License along with this library; if not, write to the Free Software
 *  Foundation, Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA  02110-1301  USA
 */

#include <SDHCI.h>
#include <Audio.h>

// ファイルのナンバリング用
#include <string.h>
#include <SoftwareSerial.h>

#include <arch/board/board.h>

SDClass theSD;
AudioClass *theAudio;

File myFile;

unsigned int FileNo,loop_no;
String s_fileNo,filename;

bool ErrEnd = false;

/**
 * @brief Audio attention callback
 *
 * When audio internal error occurc, this function will be called back.
 */

static void audio_attention_cb(const ErrorAttentionParam *atprm)
{
  puts("Attention!");

  if (atprm->error_code >= AS_ATTENTION_CODE_WARNING)
    {
      ErrEnd = true;
   }
}

/**
 * @brief Setup recording of mp3 stream to file
 *
 * Select input device as microphone <br>
 * Initialize filetype to stereo wav with 48 Kb/s sampling rate <br>
 * Open "Sound.wav" file in write mode
 */

/* Sampling rate
 * Set 16000 or 48000
 */


static const uint32_t recoding_sampling_rate = 192000;


/* Number of input channels
 * Set either 1, 2, or 4.
 */

static const uint8_t  recoding_cannel_number = 1;

/* Audio bit depth
 * Set 16 or 24
 */

static const uint8_t  recoding_bit_length = 24;

/* Recording time[second] */

static const uint32_t recoding_time = 40;

/* Bytes per second */

static const int32_t recoding_byte_per_second = recoding_sampling_rate *
                                                recoding_cannel_number *
                                                recoding_bit_length / 8;

/* Total recording size */

static const int32_t recoding_size = recoding_byte_per_second * recoding_time;
/* 録音時間の調整に4をかけている.
 */
void setup()
{

  pinMode(LED0, OUTPUT);
  digitalWrite(LED0, LOW);

  FileNo =1;

}

void loop() 
{
  err_t err;

init_WAV_file:
loop_no=0;
filename = "Sound";
filename += FileNo;
filename += ".wav";
puts("OK");

 theAudio = AudioClass::getInstance();

  theAudio->begin(audio_attention_cb);

  puts("initialization Audio Library");

  /* Select input device as microphone */
  theAudio->setRenderingClockMode(AS_CLKMODE_HIRES);
  theAudio->setRecorderMode(AS_SETRECDR_STS_INPUTDEVICE_MIC);

  /* Search for WAVDEC codec in "/mnt/sd0/BIN" directory */
  theAudio->initRecorder(AS_CODECTYPE_WAV,
                         "/mnt/sd0/BIN",
                         AS_SAMPLINGRATE_192000,
                         AS_BITLENGTH_16,
                         AS_CHANNEL_MONO);
  puts("Init Recorder!");
    /* Open file for data write on SD card */
  myFile = theSD.open(filename, FILE_WRITE);
  /* Verify file open */

  if (!myFile)
    {
      printf("File open error\n");
      exit(1);
    }

  sleep(5);
  theAudio->writeWavHeader(myFile);
  puts("Write Header!");

  theAudio->startRecorder();
  puts("Recording Start!");
  digitalWrite(LED0, HIGH);

  /* recording end condition */  
  if_sentence:
    if(theAudio->getRecordingSize() > recoding_size)
    // if(loop_no > 200000000)
      {
        theAudio->stopRecorder();
        sleep(1);
        err = theAudio->readFrames(myFile);
        puts("break!");
        goto exitRecording;
      }

  /* Read frames to record in file */
  err = theAudio->readFrames(myFile);

  if (err != AUDIOLIB_ECODE_OK)
    {
      printf("File End! =%d\n",err);
      theAudio->stopRecorder();
      goto exitRecording;
    }

  if (ErrEnd)
    {
      printf("Error End\n");
      theAudio->stopRecorder();
      goto exitRecording;
    }
   /* This sleep is adjusted by the time to write the audio stream file.
     Please adjust in according with the processing contents
     being processed at the same time by Application.
  */
 // usleep(10000);
  usleep(1000);
  loop_no++;
  goto  if_sentence;
  return;

exitRecording:
  theAudio->closeOutputFile(myFile);
  myFile.close();

  theAudio->setReadyMode();
  theAudio->end();

  puts("End Recording");
  digitalWrite(LED0, LOW);
  FileNo +=1;
  sleep(3);
  goto init_WAV_file;

}

どなたか御教授ください。
よろしくお願いします。

0

自分は、192kHz/24bit/Monoは、記録できました。

  • Team 8GB class10
  • 東芝 8GB class10

のどちらでも可能のようです。

1点変更したのは、フォーマットする際に、アロケーションユニットサイズを64キロバイトにしました。
これで解決できればと思います。

ちなみに、192kHz/24bit/Stereoは、エラーになってしまうようです。

  • ご教授頂きありがとうございます。フォーマットの際、そちらを指定してやってみたものの、同様のエラーが発生しました。そのSDカードでは成功しているということはSDカードによるところもありそうですね。Streoについては192kHzは私の所でも失敗したので、出来ないのかもしれないですね。 – Ail77 1月13日 4:28
0

プログラムのコメントに

/**
 * @brief Setup recording of mp3 stream to file  
 *
 * Select input device as microphone <br>
 * Initialize filetype to stereo wav with 48 Kb/s sampling rate <br>
 * Open "Sound.wav" file in write mode
 */

/* Sampling rate
 * Set 16000 or 48000
 */

とあるので、48Kb/sでステレオ録音用のプログラムなのだと思われます。
それを無理やり("sampling rateは、16000か48000にしてね"との注意書きを無視して)192Kb/sにして常に正常動作するのは厳しいのでしょうね。

USBメモリやSDカード等のフラッシュメモリを使った素子に書き込みを行う際、空白の部分にデータを書き込んでいくのは良いのですが、データがいっぱいになってデータの書き換えをする際にはフラッシュメモリの一定の大きさの領域のデータを全消去(Flash)する動作が入ります(これがFlash memoryと呼ばれる理由)。Flashしている間はメモリへの書き込みも読み込みも出来ませんので、Flashが起きてもデータが失われないようにバッファを用意しておくなどの対策が必要になります。

コメントにSet 16000 or 48000とあるのは、Flashが起きても48Kb/sなら問題が起きにくいプログラムだとという事でしょう。

  • ご教授頂き、ありがとうございます。 確かに、そう書いてあった手前、少し引っかかるところはありました。 ただ、Spresense自体が対応しているわけだからそれでも録音自体は出来るのではないか?と安易な考えで実行してみたところ、一応録音は出来てしまったので出来るのかなと思ってしまっていました。 よくよく考えれば仰る通り、Flashメモリなわけですから、そういった問題は考えられますよね、勉強になりました。 – Ail77 1月13日 4:36

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする