2

私はコンピュータについて勉強中で、mallocについて以下のスライドと動画を見ていました。
https://www.slideshare.net/kosaki55tea/glibc-malloc (スライド55ページ)
https://youtu.be/0-vWT-t0UHg?t=2758

ここでは、以下のように述べています。(K&R mallocでは、たった今freeしたアドレスを、次のmalloc時のためのfree-list舐めの開始アドレスに設定することについて)

  • メモリーに一番アクセスする確率が高いのは malloc 直後と free 直前である
  • free されたばかりのメモリはキャッシュに載ってる確率が高い
  • そこから優先してメモリ確保することは malloc 直後のアクセスでキャッシュミスしなくなるということ

これは本当ですか?

freeされたばかりの領域のデータがキャッシュに乗っていたところで、次のmalloc直後のアクセスは書き込みであり読み込みでは無いと思われるので、利用されないのではないのでしょうか?

|この質問を改善する|||||
  • 仮想記憶をサポートしたOSの場合、確保したいメモリーが必ずしも実メモリー上あるとは限りません。実メモリがない場合は、不必要なメモリーを破棄、またはストレージに退避することになると思います。キャッシュされたメモリーがあれば、それをすぐ使用できるので、上記の処理が発生しません。このようなことではないかと思います。 – 池田茂樹 19年12月15日 6:09
  • それは、書き込み時に、書き込み領域がスワップアウトされていた場合に、スワップインするまで処理をブロックする可能性があるということですか?ライトバックであってもそうなりますか? – misamisa 19年12月15日 6:28
  • 1
    例えば、実メモリーに空きがない場合は、確保したいメモリーのスワップインだけで無く、不必要なメモリーのスワップアウトも発生しますよね。freeしたメモリーは不必要なため、破棄対象になると思いますが、それを破棄せず残しておくことにより、mallocですぐに使えるメモリーが確保で来ることになるのではないでしょうか? – 池田茂樹 19年12月15日 6:43
1

リンク先の記事を書いた人に キャッシュ というのは CPU の 2次キャッシュ だという前提で書いてみます。

freeされたばかりの領域のデータがキャッシュに乗っていたところで、次のmalloc直後のアクセスは書き込みであり読み込みでは無いと思われるので、利用されないのではないのでしょうか?

書き込みが発行した時に 2次キャッシュに空きがなければ、 空きを作る動作が 余計に必要となるため、それが、速度低下になるのではないでしょうか?。

実際には heap メモリで確保した領域付近には heap を管理するデータが格納されており、書き込む前に参照が発生すると思いますが・・。

|この回答を改善する|||||

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする