0

AzureActiveDirectoryB2Cにて、TechnicalProfileからREST APIを呼びますが、HTTPステータスコードが500系のエラーならエラーメッセージが投げられスローされます。
ただRestAPIで呼んでいる処理は500系のエラーが発生しても、後続の処理は継続して欲しいのですが、どうしてもエラーメッセージが返ってきてセルフアサートの画面に表示されてしまいます。

REST APIで500系のエラーが発生しても処理が継続する方法はないでしょうか?

| この質問を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする