1

元はCで書かれた、Static Library (.a)とヘッダーファイルがあり、
これをSpresense SDKで使いたいです
どうすれば良いでしょうか?

■(例) Static Library (.a)とヘッダーファイル
header_file1.h
header_file2.h
:
header_file5.h
myStatic_lib.a   ※ Cortex-M4 hard_float

Spresense SDKに追加する場所は、
 hellow_worldサンプル内に追加、
 Nuttx側のどこか
 または、その他
かと思っております

Makefileを編集する力があればできるのかも。。

hello
┝ .built
┝ .depend
┝ hello_main.c
┝ hello_main.o
┝ make.deps
┝ make.dep
┗ Makefile

■make.depファイル
hello_main.o: hello_main.c \
/Users/username/spresense/sdk/bsp/include/sdk/config.h \
 :
/Users/username/spresense/nuttx/include/nuttx/addrenv.h
インクルードファイルはこのあたりに追加?

■Makefile
-include $(TOPDIR)/Make.defs
-include $(SDKDIR)/Make.defs

CONFIG_HELLO_PRIORITY ?= SCHED_PRIORITY_DEFAULT
CONFIG_HELLO_STACKSIZE ?= 2048

APPNAME = hello
PRIORITY = $(CONFIG_HELLO_PRIORITY)
STACKSIZE = $(CONFIG_HELLO_STACKSIZE)

MAINSRC = hello_main.c
ASRCS =
CSRCS = $(filter-out $(MAINSRC),$(wildcard *.c) $(wildcard /.c))
CXXSRCS = $(wildcard *.cpp) $(wildcard /.cpp) $(wildcard *.cxx) $(wildcard /.cxx)

CFLAGS += $(foreach inc,$(wildcard ..//include),-I$(inc))
CXXFLAGS += $(foreach inc,$(wildcard ../
/include),-I$(inc))

CONFIG_HELLO_PROGNAME ?= hello$(EXEEXT)
PROGNAME = $(CONFIG_HELLO_PROGNAME)

include $(APPDIR)/Application.mk

自分にはちょっとハードルが高そう。。

| この質問を改善する | |
3

コンパイル済みのライブラリを取り込むときは externals に入れるのが良いと思います。

externals フォルダ以下に xxx というディレクトリを新規作成して、そこにライブラリ(libxxx.a)とヘッダファイル(xxx.h)を置きます。xxx は適当に読み替えてください。

spresense/externals/xxx
|-- Kconfig
|-- LibIncludes.mk
|-- LibTarget.mk
|-- libxxx.a
`-- xxx.h

Kconfig, LibIncludes.mk, LibTarget.mk ファイルを用意して、それぞれ以下のように書きます。

■ Kconfig

config EXTERNALS_XXX
    bool "XXX Library"
    default n

■ LibIncludes.mk

ifeq ($(CONFIG_EXTERNALS_XXX),y)
CFLAGS   += ${shell $(INCDIR) $(INCDIROPT) "$(CC)" "$(SDKDIR)/../externals/xxx"}
CXXFLAGS += ${shell $(INCDIR) $(INCDIROPT) "$(CC)" "$(SDKDIR)/../externals/xxx"}
endif

■ LibTarget.mk

ifeq ($(CONFIG_EXTERNALS_XXX),y)
EXTLIBS += lib$(DELIM)libxxx$(LIBEXT)
XXXDIRS += $(EXTERNAL_DIR)$(DELIM)xxx
endif

lib$(DELIM)libxxx$(LIBEXT): $(XXXDIRS)$(DELIM)libxxx$(LIBEXT)
    $(Q) install $< $@

SDK Configuration で Externals -> XXX Library を選択して CONFIG_EXTERNALS_XXX を有効にしておきます。そうすれば、例えば、hello_main.c へ #include <xxx.h> を追加して libxxx.a の関数を呼び出すことが可能になります。

これら externals/mqtt を参考にしてみました。

| この回答を改善する | |
0

externalsフォルダの活用、とても参考になりました!
externals直下のKconfigの編集が必要でしたので追記しておきます

spresense/externals
|-- Kconfig

■ Kconfig
 下記、sourceの行を追加する。(xxxは読み替え必要)

menu "Externals"
 : (省略)
source "/home/*username*/spresense/externals/xxx/Kconfig"
endmenu # Externals

これで、SDK Configuration で Externals -> XXX Library がGUIで見える様になりました

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする