0

『すごいHaskell』を読みながら本にあるコードを入力していっているのですが

ghci> :t (==)
(==) :: (Eq a) => a -> a -> Bool

と型クラスで表示されると本にあったものが
実際にコンソールで入力してみると

ghci> :t (==)
(==) :: Eq a => a -> a -> Bool

Eq qが括弧で囲まれていない状態で表示されました。

特に気にしなくてもいいかとも思ったのですが、
括弧の有無が厳密な言語なので
もしこの表記の違いの理由を知ってる方がいたら教えて下さい。

| この質問を改善する | |
2

カッコが必須なのは、制約を2つ以上書くときです。

例えば、GHCiで :i (,) を実行すると、下記のように(a, b)Eq型クラスのインスタンスは、ab両方がEqのインスタンスでないといけないので、それを表現するためにカッコで囲ってEq aEq bを列挙しています。

ghci> :i (,)
...

instance (Eq a, Eq b) => Eq (a, b) -- Defined in ‘GHC.Classes’

...
| この回答を改善する | |
  • 制約が一つの場合は括弧がoptionalなのでGHCiがどちらの表現を使うかは環境によって変わるという理解であっていますか? – ironsand 19年12月2日 9:24
  • 1
    はい。そうだと思います。 – Yuji Yamamoto 19年12月3日 6:25

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする