0

Indy9で書かれたプログラム

void __fastcall TfrmMain::ServerConnect(TIdPeerThread *AThread)
{
----------(中略)---------------------------------------
    TIdTCPServerConnection * con = AThread->Connection;
----------(中略)---------------------------------------
       int iExpectedLen = 0, iStackBufSize=0;
----------(中略)---------------------------------------
       iStackBufSize = con->ReadFromStack(true,5000,true);
----------(中略)---------------------------------------
}

このプログラムをIndy10のプログラムに移行したいのですが、ReadFromStackというのをIndy10の取説でキーワード検索しても出てこないのですが、同等の機能というものはありますでしょうか?

| この質問を改善する | |
1

こんな記事があるので:
Upgrade Indy9 to Indy10
質問

I want to upgrade my application from Indy 9 to 10 with Delphi 2007. There is a lot of issues in this, I have read the indy doc about changes but I still need advise. This won't compile as ReadString is not found.

vCmdHead := FTCPClient.ReadString(16);

where FTCPClient is of type TIdTCPClient. vCmdHead is a structure that contains a command as a string. What method could I use instead ?

回答

  {$IFDEF INDY10}
  ALine := IdTCPClient.IOHandler.ReadString(16);
  {$ELSE}
  Aline := IdTCPClient.ReadString(16);
  {$ENDIF}

Something like this

他にこんな記事も:
Upgrading Delphi 7 Indy 9 app to Indy 10 (II)


それの類推でこれあたりが該当しそうです。
TIdIOHandlerStack Class
TIdIOHandlerStack Members
TIdIOHandler.ReadBytes Method

TIdTCPConnection Class
TIdTCPConnection Members
TIdTCPConnection.CreateIOHandler Method
TIdTCPConnection.IOHandler Property
TIdTCPConnection.ManagedIOHandler Property

実際に関係するのか、どのように使えば良いか等は調べてみてください。

Indy9の該当メソッドの記事はこちら。
TIdTCPConnection.ReadFromStack

| この回答を改善する | |
  • 回答頂きありがとうございます。助かります。 – nordsynth 19年11月30日 11:53
  • iStackBufSize = con->ReadFromStack(true,5000,true); このコードの iStackBufSizeっていう意味を調べていくと、 ` if(iStackBufSize < iExpectedLen) { AContext->Data = NULL; AContext->Connection->Disconnect(); ((TIdYarnOfThread*)(AContext->Yarn))->Thread->Terminate(); }` という感じでiExpectedLen(1204バイト?)という受信されるはずのパケットの大きさをここでチェックして、そうでなかったらエラーとして判定して切断するみたいなことをやってるみたいです。 – nordsynth 19年11月30日 11:55
  • このコードの iStackBufSizeっていう意味を調べていくと、 if(iStackBufSize < iExpectedLen) { AContext->Data = NULL; AContext->Connection->Disconnect(); ((TIdYarnOfThread*)(AContext->Yarn))->Thread->Terminate(); } という感じでiExpectedLen(1204バイト?)という受信されるはずのパケットの大きさをここでチェックして、そうでなかったらエラーとして判定して切断するみたいなことをやってるみたいです。 – nordsynth 19年11月30日 12:01
  • iStackBufSize = con->IOHandler->ReadByte(); とりあえず、これでやってみようと思います。 – nordsynth 19年11月30日 12:03
  • iStackBufSize = con->IOHandler->RecvBufferSize;何となくこれでもいいのかなという感じもしてます(^^; とりあえずデバッグしてみます。 – nordsynth 19年11月30日 12:26

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする