1

knife-soloの実行時に、適用先のユーザーのホームディレクトリに.bashrcが存在するとエラーに成ってしまうので、実際にどのような処理がそこでされているかを確認しようとしました。

まず chef_versionメソッド内部でrun_commandが呼ばれていたので
lib/chef/knife/solo_cook.rb#L294

run_command(cmd).stdout.strip

run_commandの宣言場所を探し、prepare.run_commandが呼ばれているのを確認しました。
lib/knife-solo/bootstraps.rb#L31

def run_command(cmd)
  prepare.run_command(cmd)
end

ただ、

lib/knife-solo/bootstraps.rb#L43

module Delegates
  ...
  def prepare
    @prepare
  end
end #Delegates

lib/knife-solo/bootstraps.rb#L122

class Base
  ...
  def initialize(prepare)
    @prepare = prepare
  end
  ...
end

の処理がメソッドがインスタンス変数を呼び、インスタンス変数がメソッドにより定義されてるように見えるのですが、これがどのような事を期待した処理なのか理解できませんでした。

Issueへの登録はしています、自分で解決できればと思い質問いたします。
https://github.com/matschaffer/knife-solo/issues/410

このprepareからどのように外部コマンドの実行処理部分を探せるのでしょうか?

1

prepare オブジェクトから直接 run_command メソッドの定義場所を取得する

Ruby >= 1.9 であれば、Method クラスの source_location メソッドを利用できます。まず gem の場所を調べ:

$ gem which knife-solo
/Users/ento/.rbenv/versions/2.1.3/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/knife-solo-0.4.2/lib/knife-solo.rb

prepare オブジェクトが渡される箇所にデバッグ出力を仕込みます:

def initialize(prepare)
  # instance of Chef::Knife::SoloPrepare
  @prepare = prepare
  puts prepare.method(:run_command).source_location
end

knife solo prepare を実行すると、 run_command メソッドが定義されているファイルの場所と行番号が出力されます。

$ knife solo prepare vagrant@127.0.0.1 -p 2201 -i ~/.vagrant.d/insecure_private_key
Bootstrapping Chef...
/Users/ento/.rbenv/versions/2.1.3/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/knife-solo-0.4.2/lib/knife-solo/ssh_command.rb
236

クラス名から辿る

ソースに手を入れなくても、幸いコメントにprepareは何のインスタンスであるかが書いてあります。

# instance of Chef::Knife::SoloPrepare
@prepare = prepare

Chef::Knife::SoloPrepareクラスには残念ながらrun_commandメソッドはありませんが、それらしきincludeがあります:

class SoloPrepare < Knife
  include KnifeSolo::SshCommand
  include KnifeSolo::NodeConfigCommand

KnifeSolo::SshCommand クラスにまさに求めていたメソッドがあり、さらに KnifeSolo::SshConnection クラスの run_command メソッドを呼び出しています。

# KnifeSolo::SshCommand
def run_command(command, options = {})
  ...
  @connection ||= ssh_connection
  @connection.run_command(command, output)
end

クラス名を書いてくれているコメントがなかった場合、クラス名を元に変数を命名している可能性に期待し、「prepare」でレポジトリ内を検索して当たりをつけるというアプローチが考えられます。


prepare オブジェクトの役割としては、 OS ごとに定義された初期化用クラス群にコマンド実行やメッセージ表示の API を提供するファサード的なものであるようです。 Chef::Knife::SoloPrepare#bootstrap メソッド内で初期化用クラスに自身を渡しています:

KnifeSolo::Bootstraps.class_for_operating_system(operating_system).new(self)

prepareから辿る方法ではありませんが、"def run_command"でレポジトリ内を検索することでも実態を探すことができます。この方法は、別のライブラリ / レポジトリで定義されているメソッドだった場合には失敗します。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする