0

deinでプラグインを入れてvimにカラースキームを設定してみたのですが、移動して戻ると文字以外の部分が赤くなります。
違うカラースキームで試したり、VMで違う環境を作って試してみましたが同じ現象が起きます。

ググってみても同じ現象の投稿が全くありません。

解決方法ご存知の方いましたら、大事なお時間を少し頂戴して、ご教授いただければ幸いです。

実行環境として、Windows の WSL を使用しています。

画像

.dein.tomlの中身です。

 # clipboard                                                                      
  2 [[plugins]]
  3 repo = 'kana/vim-fakeclip'
  4
  5 [[plugins]]
  6 repo = 'w0ng/vim-hybrid'

以下は.vimrcの内容です。

" deinがインストールされるディレクトリの指定
let s:dein_dir = expand('~/.cache/dein') "<- dein によってプラグインがインストールされるディレクトリ
let s:dein_repo_dir = s:dein_dir . '/repos/github.com/Shougo/dein.vim'

" deinがインストールされているかをチェック インストールされていなかったらdeinをダウンロードしてくる
if &runtimepath !~# '/dein.vim'
 if !isdirectory(s:dein_repo_dir)
 execute '!git clone https://github.com/Shougo/dein.vim' s:dein_repo_dir
 endif
 execute 'set runtimepath^=' . fnamemodify(s:dein_repo_dir, ':p')
endif

" deinの起動
if dein#load_state(s:dein_dir)
 call dein#begin(s:dein_dir)

 " tomlファイル(使用するプラグインのリストが記述されているファイル)の場所を指定
 let g:rc_dir = expand('~/.vim/dein') "<- dein.toml dein_lazy.toml を読み込むディレクトリ
 let s:toml = g:rc_dir . '/dein.toml'
 " let s:lazy_toml = g:rc_dir . '/dein_lazy.toml' "<- dein_lazy.toml を使う場合はコメント解除

 " tomlファイルを読み込む
 call dein#load_toml(s:toml, {'lazy': 0})
 " call dein#load_toml(s:lazy_toml, {'lazy': 1}) "<- dein_lazy.toml を使う場合はコメント解除

 " 設定の終了
 call dein#end()
 call dein#save_state()
endif

" プラグインのインストールをチェック 未インストールのプラグインがあればインストールする
if dein#check_install()
 call dein#install()
endif

" 文字コードの指定
set encoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,sjis,utf-8
set fileformats=unix,dos,mac

" コピーペースト
map <c-y> "*yy
map <c-p> "*p

" 挿入モードでのカーソル移動
inoremap <c-j> <Down>
inoremap <c-k> <Up>
inoremap <c-b> <Left>
inoremap <c-l> <Right>

" 色設定
syntax enable 
set background=dark
colorscheme hybrid
set visualbell

"インデントを4にする
set tabstop=4
set shiftwidth=4

" 行番号の表示
set number
" 括弧
set showmatch

" バックスペースキーで削除できるものを指定
set backspace=indent,eol,start

" 挿入モード時に非点滅の縦棒タイプのカーソル
let &t_SI .= "\e[6 q"
" ノーマルモード時に非点滅のブロックタイプのカーソル
let &t_EI .= "\e[2 q"
" 置換モード時に非点滅の下線タイプのカーソル
let &t_SR .= "\e[4 q"
set cursorline

" <ステータスライン>
" ファイル名表示
set statusline=%F
" 変更チェック表示
set statusline+=%m
" 読み込み専用かどうか表示
set statusline+=%r
" ヘルプページなら[HELP]と表示
set statusline+=%h
" プレビューウインドウなら[Prevew]と表示
set statusline+=%w
" これ以降は右寄せ表示
set statusline+=%=
" file encoding
set statusline+=[ENC=%{&fileencoding}]
" 現在行数/全行数
set statusline+=[LOW=%l/%L]
" ステータスラインを常に表示(0:表示しない、1:2つ以上ウィンドウがある時だけ表示)
set laststatus=2
" ステータスラインの色 
highlight StatusLine   term=NONE cterm=NONE ctermfg=DarkGray ctermbg=LightGreen
|この質問を改善する|||||
  • 利用している端末エミュレータは何でしょうか? また環境変数 TERM の値は何にしていますか? – いわもと こういち 19年11月20日 6:43
  • 使っているのWindowsのWSLです。環境変数は確認したら、TERM=xterm-256color ってなってました。 – takada 19年11月20日 6:54
  • 移動して戻ると、というのはファイルを開いてから jk を押す、というような操作を表しているでしょうか? * ファイルを開く <- 色は通常 * j を押す <- 色は通常 * k を押す <- 真っ赤に染まる というような挙動だと解釈しましたが合っていますか? – tennashi 19年11月20日 6:55
  • ちょっと説明しずらいのですが、 ファイルを開く <- 色は通常 j を押す <- 色は通常 ある程度下にいく k を押す <- 色は通常 ページ?が切り替わる(隠れていた行まで、移動する)と、移動した行だけ空白が赤くなる <c-d>など押して、大きく移動すると、一気に赤くなる感じです。 分かりずらくてすいません。 – takada 19年11月20日 7:09
  • 行末に半角スペースを2つ入れても、 改行されません。(汗 – takada 19年11月20日 7:12
6

手元でも再現出来ました。
みたところWindowsのコマンドプロンプトのバグっぽいです。

対策としては、

  • wsltty 等の別の(まともな)端末エミュレータを使う
  • 標準のコンソール(コマンドプロンプト)を使うならば、以下の設定を .vimrc に追加する
set t_ut=

の二つが考えられます。

|この回答を改善する|||||
  • 手元で再現していただき、ありがとうございます。  試しにset t_ut=を.vimrcに追加してみたところ、解決出来ました。  端末エミュレータに関しては、勉強不足で、ちゃんと理解出来ていません。  wslとコマンドプロンプトは違うものだと認識していました。 もっと勉強して、wsltty等を使えるようになりたいです。  手元での再現の速さ、的確な対策のご指摘、尊敬致します。 いわもとさん忙しい中、ご教授いただき、本当にありがとうございます。 – takada 19年11月20日 8:07

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする