0

内容的には「VueJSを単一ファイルコンポーネントで内包(?)したい」の続きになります。

環境

  • windows10
  • yarn 1.12.3
  • rollup v1.27.0

やりたいこと

VueJSの処理ファイルをhtmlから<script>タグで呼び出せるようにしたい。
要は「単一ファイルコンポーネント」の形にしたい。

やったこと

まず、yarnで必要なモジュールを落としてきました。
package.jsonは以下になります。

{
  "dependencies": {
    "rollup": "^1.27.0",
    "rollup-plugin-css-only": "^1.0.0",
    "rollup-plugin-vue": "5.1.0",
    "vue-template-compiler": "^2.6.10"
  }
}

次に、

rollupjsのVueJSプラグインのサンプルページを見つけたのでここからコードを拝借。

rollup.config.js

import vue from 'rollup-plugin-vue'

export default {
  input: 'TestComponent.vue',
  output: {
    format: 'iife',
    file: 'dist/TestComponent.js'
  },
  plugins: [
    vue()
  ]
}

コンパイル対象の「TestComponent.vue」を作成

TestComponent.vue

<template>
    <div class="example">{{ message }}</div>
</template>

<script>
    export default {
        data () {
            return {
                message: 'Hello world!'
            }
        }
    }
</script>

<style>
    .example {
        color: red;
    }
</style>

表示させるHTML

index.html

<!doctype html>
<html>
<head>
    <script src="./dist/TestComponent.js"></script>
</head>
<body>

<div id="app">
    <test-component></test-component>
</div>

</body>
</html>

Rollup Plugin Vueのページには、main.jsなどの情報はなかったので、
一旦この状態でコンパイル(> yarn rollup -c)しました。

ブラウザでHTMLにアクセスしてみると、

SyntaxError: export declarations may only appear at top level of a module

と発生。
なんかHTMLからは呼び出せない?


なので、もともと動いていたサンプルどおり、
main.js経由でコンパイルをさせるように変更しました。

main.js

import TestComponent from './TestComponent.vue';

new Vue({
    el: "#app",
    components: {
        "TestComponent": TestComponent,
    },
});

rollup.confing.jsファイルのinput部分も変更

rollup.confing.js

import vue from 'rollup-plugin-vue'

export default {
  input: 'main.js',
  output: {
    format: 'esm',
    file: 'dist/TestComponent.js'
  },
  plugins: [
    vue()
  ]
}

するとエラー内容が変わりました。

ReferenceError: Vue is not defined

Vueがない…。


この辺よくわかっていないのですが、esmiifeなどoutput.format部分で指定があります。
もともと動いていたサンプルのページではiifeになっていたので、iifeに変更して再度コンパイルします。

rollup.confing.js

import vue from 'rollup-plugin-vue'

export default {
  input: 'main.js',
  output: {
    format: 'iife',
    file: 'dist/TestComponent.js'
  },
  plugins: [
    vue()
  ]
}

変わらずエラー

ReferenceError: Vue is not defined

Vueがない。


私はどうしたらいいのでしょうか。
どうすれば動くのでしょうか。。。(そしていつになったらvueの勉強始められるのでしょうかorz)

お知恵をお貸しただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

| この質問を改善する | |
1

rollupjsのVueJSプラグインのサンプルページを見つけたのでここからコードを拝借。

これはesmを出力していることからも分かるように、他のプロジェクトから参照するコンポーネントの作成する方法で、TestComponentを使うアプリ側でさらにrollupやwebpackを使うことを想定したサンプルです。

ReferenceError: Vue is not defined
Vueがない…。

別途Vueランタイムを読み込まずにバンドルしたいといことでしたら、Vueパッケージをインストールし

yarn add vue

グローバルのVueを使わずに、Vueモジュールをインポートします。

// main.js
import TestComponent from './TestComponent.vue';
import Vue from 'vue/dist/vue.esm.browser.js'

new Vue({
    el: "#app",
    components: {
        "TestComponent": TestComponent,
    },
});

さらに、 rollup-plugin-node-resolve プラグインで node_modules 管理の vue をバンドルします。

// rollup.confing.js
import vue from 'rollup-plugin-vue'
import nodeResolve from 'rollup-plugin-node-resolve'

export default {
  input: 'src/TestMain.js',
  output: {
    format: 'iife',
    file: 'dist/TestComponent.js'
  },
  plugins: [
    nodeResolve(),
    vue()
  ]
}

最後に、コンパイルしたものを index.html から読み込みます。

<!doctype html>
<html>
<body>

<div id="app">
    <test-component></test-component>
</div>

<script src="./dist/TestComponent.js"></script>

</body>
</html>

目的にもよりますがビルド環境の構築は各種しがらみで面倒なので、JS関連が初めてでVueの勉強が目的でしたら、とりあえず細かいこだわりは捨てて @vue/cli でプロジェクトを作ってその流儀に従うのも一つの手です。

| この回答を改善する | |
  • ご回答ありがとうございます!! ご教示頂いたとおりにやりますと、動作を確認できました! 本当にありがとうございます! > とりあえず細かいこだわりは捨てて @vue/cli でプロジェクトを作ってその流儀に従うのも一つの手です。 そうですね…今回はちょっと思いました…… いきなりらくするのではなく、基礎を知りたかったのですが… 結局自分の力では解決できず… – zenzenzenfone 19年11月18日 14:18

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする