1

たとえばPHPの処理を実行したい時、ブラウザを開いて毎回結果を確認しています。
$ php -f file.phpで実行できるのは知っているのですが、getリクエストなどのパラメータが渡せないと確認できなかったりするので、結局ブラウザでの確認をしてしまいます。

また、rubyなどでもruby on railsなどのウェブフレームワークになると、コントローラのアクションを指定して実行することになるので、やはりgetリクエストなどが必要になってしまいます。

皆さんはこれをどう解決しているのでしょうか?

  • 2
    「ruby on railsなどのウェブフレームワークなど」とたずねると「これではこうです」「これではこうです」という回答が集まってしまうため好ましいとされていません。どのフレームワークか具体的に絞った質問に編集されることをおすすめします。(Railsだ、ということでとりあえず回答はしましたが) – suzukis 15年2月6日 1:17
  • ruby on railsであれば、rspecやtest unitでgetリクエストを投げて確認するのではどうでしょうか?sublimeでもvimでもプラグインがあるので、特定のキーにバインドすれば該当するテストだけ実行することができます。 – kengo 15年2月6日 8:58
1

PHPでは、以下の2つの方法が思いつきました。外部ライブラリは未使用です。
尚、以下の適当なファイル(test.php)を用意して確認しています。

<?php

var_dump($_GET);

1.コンソールからparse_str()で$_GET等を上書きする方法
コンソールから次のコマンドを実行します。

$ QUERY_STRING="xxx=yyy&zzz=aaa" php -r 'parse_str(getenv("QUERY_STRING"), $_GET); include("test.php");';

結果は以下の通りです。

array(2) {
  'xxx' =>
  string(3) "yyy"
  'zzz' =>
  string(3) "aaa"
}

参考:
https://stackoverflow.com/questions/3848901/how-to-pass-query-string-parameters-to-the-php-binary

2. ビルトインウェブサーバーを使う方法
前述の"test.php"が有る場所でビルトインウェブサーバーを起動します。

$ php -S localhost:8000

何らかの方法でアクセスします。以下は適当な一つの例です。

$ php -r "echo file_get_contents('http://localhost:8000/test.php?foo=bar&baz=qux');"

この結果は以下です。

<pre class='xdebug-var-dump' dir='ltr'>
<b>array</b> <i>(size=2)</i>
  'foo' <font color='#888a85'>=&gt;</font> <small>string</small> <font color='#cc0000'>'bar'</font> <i>(length=3)</i>
  'baz' <font color='#888a85'>=&gt;</font> <small>string</small> <font color='#cc0000'>'qux'</font> <i>(length=3)</i>

ビルトインウェブサーバーを起動したコンソール側には、以下のような出力がされているはずです。

[Fri Feb  6 09:54:28 2015] ::1:51546 [200]: /test.php?foo=bar&baz=qux

3. その他
Goutte等の外部ライブラリを使えば、より高度な実行が可能です。
https://github.com/FriendsOfPHP/Goutte

1

確認したい部分にもよりますが、GetやPostのパラメータを直に取り出しているから確認できないのであれば、それはそれらに依存しているという事であり、関数やクラスに分離するサインと受け取ることもできます。

依存を分離すれば別の起動処理を用意してコンソールから実行できる可能性も高まります。

(要するに単体テストみたいなものなので他の回答でもあがっているようにテストフレームワークに任せるのがいいですが、ここで述べるのはそこまでするのが大げさな場合の話とします。)

極端な例ですが、以下のコードはGETパラメータを必要とします。

  • index.php
<?php
$name = htmlspecialchars($_GET['name']);
echo <<<EOHTML
<html><head></head>
<body>
{$name}!!!<br>
</body></html>
EOHTML;

(依存ぶりを表現するために、$_GETをベタにヒアドキュメントに埋め込もうかとおもったんですがさすがに脆弱にもほどがあるのでやめました。)

これを以下の様に分離して2つに分けます。

  • index.php
<?php
require_once('template.php');
show_greeting_page($_GET['name']); // issetなどは簡単のため割愛
  • template.php
<?php
function show_greeting_page($name){
    $name = htmlspecialchars($name);
    echo <<<EOHTML
    <html><head></head>
    <body>
    {$name}!!!<br>
    </body></html>
    EOHTML;
}

これにより、本処理はGETパラメータを必要としなくなったので、コンソールで確認したい場合は以下の様なファイルを用意してこちらを実行すればいいでしょう。

  • inspect_template.php
<?php
require_once('template.php');
show_greeting_page('hello <taro>');

以下が実行イメージ。

[ ~/somedir/]$ php -f inspect_template.php
    <html><head></head>
    <body>
    Hello &lt;taro&gt;!!!
    </body>
    </html>[ ~/somedir/]$

上記は依存の分離と呼ぶほどのものではありませんが、なるべく外に依存しないパーツに分離しておけば確認の方法は増えると思います。

Webフレームワークの機能や複雑なオブジェクトに依存していて、単純には状態を再現できない箇所の確認をしたい場合は
フレームワーク用のテスト機能やブラウザを自動操作するツールに頼れば良いと思います。

0

なぜブラウザから確認するのはダメなのか?
なぜコンソールから画面側の処理を実行しようとするのか、その理由がよくわかりません。
Railsの開発は結構長くやっていますが、僕の場合そういうニーズを感じたことはないです。

そのあたりがわからないと何とも言えないのですが、「ブラウザ以外の場所から画面の処理を実行したい」という場合、Railsであれば「テストから実行する」という方法があります。

たとえばRSpecを例にとると、フィーチャスペックという種類のテストを書けば、Rubyからブラウザ操作をシミュレートすることができます。
デバッガと組み合わせれば、テスト実行中に変数の中身を確認したりすることも可能です。

フィーチャスペックに関しては以前Qiitaにこんな記事を書いたことがあるので参考にしてみてください。

使えるRSpec入門・その4「どんなブラウザ操作も自由自在!逆引きCapybara大辞典」

「いや、自分のやりたいことはそうじゃないんだけど」という場合は、やりたいことは何でどういうところに困っているのかをもう少し詳しく説明してください。

追伸

僕は滅多にやりませんが、rails consoleからgetリクエストやpostリクエストを実行する方法もあります。
詳しくは以下のweb記事を参考にしてみてください。

0

railsであれば、rails consoleからリクエストを投げることができます。getとpostの例です。CSRFのトークンの取得は英語版の質問 "How do I generate a CSRF token from the Rails console?"を参照しました。

irb(main):011:0> app.get '/items/new'


Started GET "/items/new" for 127.0.0.1 at 2015-02-06 09:45:48 +0900
Processing by ItemsController#new as HTML
  Rendered items/_form.html.erb (2.2ms)
  Rendered items/new.html.erb within layouts/application (4.6ms)
Completed 200 OK in 91ms (Views: 89.7ms | ActiveRecord: 0.0ms)
=> 200
irb(main):012:0> authenticity_token = app.response.body.match(/<[^<]+authenticity_token[^>]+value="([^"]+)"[^>]+>/)[1]
=> "Xt0BiLJMRo3Y2Vpd4KVUK87xcK2UFDvHvFv9Dcf/G5EKSof4udaiwqYOH/3PRld+nStCp6Z5Sn+NA7+albNltw=="
irb(main):013:0> app.post '/items', {'item[name]': 'hoge', authenticity_token: authenticity_token}


Started POST "/items" for 127.0.0.1 at 2015-02-06 09:46:07 +0900
Processing by ItemsController#create as HTML
  Parameters: {"item"=>{"name"=>"hoge"}, "authenticity_token"=>"Xt0BiLJMRo3Y2Vpd4KVUK87xcK2UFDvHvFv9Dcf/G5EKSof4udaiwqYOH/3PRld+nStCp6Z5Sn+NA7+albNltw=="}
   (0.2ms)  begin transaction
  SQL (1.1ms)  INSERT INTO "items" ("name", "created_at", "updated_at") VALUES (?, ?, ?)  [["name", "hoge"], ["created_at", "2015-02-06 00:46:07.998190"], ["updated_at", "2015-02-06 00:46:07.998190"]]
   (6.9ms)  commit transaction
Redirected to http://www.example.com/items/1
Completed 302 Found in 18ms (ActiveRecord: 8.2ms)
=> 302

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする