0

iOSのDynamic Typeについて - Qiita

インターフェースビルダーで、Dynamic Typeの[Automatically Adjust Font]をチェックすると、表示される文字が自動的に更新されるようになります。

とあります。

適応されたフォントは
iPhoneの「設定」>「画面表示と明るさ」>「文字サイズを変更する」
または「設定」>「アクセスビリティ」>「画面表示とテキストサイズ」
で各ユーザによって任意に設定されます。

[Automatically Adjust Font]をチェックはすべてのフォントに適応可能なのでしょうか?

デザイナーが今後フォントのライセンスを購入する可能性があって差し替えたいと言われた場合、Dynamic Typeが効かなくなるといった懸念は考えられますか?

Dynamic TypeはiOS上でデフォルトの文字の大きさを変更する機能です。対応しているアプリの文字サイズを一度に全部変えられます。

上記リンク先には、デフォルトの文字とあるので、そもそもデフォルトの文字のみ有効なので、ほかはやはりムリなんですかね?

  • Dynamic Typeは使ったことがなかったんですが、"ios dynamic type custom font"で検索すると色々記事がヒットしました。「iOS11以降custom fontに対応している」「コードや設定、挙動などがちょっと違う」あたりのことが書かれています。日本語記事もあったので、検索し直してみられると良いと思います。 – OOPer 10月9日 18:27

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする