3

エクスプローラで表示されるサムネイルのイメージを取り出したく、IShellFolderインターフェイスをネットで幾つか調べ、試行錯誤しているのですがうまく動きません。
呼び出しているどのメソッドも動かないため、もしかしたらコーディング上の問題だけではなく、プロジェクトの設定や環境にも問題があるのか・・・と思うのですが何か御存知の方、教えて頂けないでしょうか。
呼び出したのは、BindToObject、GetUIObjectOf、ParseDisplayNameですが、どれもダメでした。

なおWin7 64bit環境だったのでAnyCPUをやめて32bitにしてみたりもしましたが、結果は変わりませんでした。
恐れ入りますがご教示頂けると幸いです。

static Guid IID_IExtractImage = new Guid("{BB2E617C-0920-11d1-9A0B-00C04FC2D6C1}");

    // COMによりエクスプローラのサムネイル画像を取得するインターフェイスを実装
    [ComImportAttribute()]
    [GuidAttribute("BB2E617C-0920-11d1-9A0B-00C04FC2D6C1")]
    [InterfaceTypeAttribute(ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
    interface IExtractImage
    {
        [PreserveSig()]
        UInt32 GetLocation([Out, MarshalAs(UnmanagedType.LPWStr)] StringBuilder pszPathBuffer,
            UInt32 cchMax, out UInt32 pdwPriority, ref SIZE prgSize, UInt32 dwRecClrDepth, ref IEIFLAG pdwFlags);
        [PreserveSig()]
        UInt32 Extract(out IntPtr phBmpThumbnail);
    }

    static Guid IID_IShellFolder = new Guid("{000214E6-0000-0000-C000-000000000046}");

    [ComImportAttribute()]
    [GuidAttribute("000214E6-0000-0000-C000-000000000046")]
    [InterfaceTypeAttribute(ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
    interface IShellFolder
    {
        UInt32 BindToObject(IntPtr pidl, IntPtr pbc, [In] ref Guid riid, ref IntPtr ppvOut);
        UInt32 BindToStorage(IntPtr pidl, IntPtr pbc, [In] ref Guid riid, IntPtr ppvOut);
        [PreserveSig()]
        UInt32 CompareIDs(Int32 lparam, IntPtr pidl1, IntPtr pidl2);
        [PreserveSig()]
        UInt32 CreateViewObject(IntPtr hwndOwner, [In] ref Guid riid, ref IntPtr ppv);
        [PreserveSig()]
        UInt32 EnumObjects(IntPtr hwndOwner, [MarshalAs(UnmanagedType.U4)] SHCONTF grfFlags, ref IntPtr ppenumIDLis);
        [PreserveSig()]
        //UInt32 GetAttributesOf(UInt32 cidl, [MarshalAs(UnmanagedType.LPArray, SizeParamIndex = 0)]
        //    IntPtr[] apidl, ref SFGAO rgfInOut);
        UInt32 GetAttributesOf(UInt32 cidl, IntPtr apidl, [MarshalAs(UnmanagedType.U4)] ref SFGAO rgfInOut);
        [PreserveSig()]
        UInt32 GetDisplayNameOf(IntPtr pidl, SHGDNF uFlags, out STRRET pName);
        [PreserveSig()]
        //UInt32 GetUIObjectOf(IntPtr hwndOwner, UInt32 cidl, [MarshalAs(UnmanagedType.LPArray, SizeParamIndex = 1)]
        //    IntPtr[] apidl, [In] ref Guid riid, ref UInt32 rgfReserved, out IntPtr ppv);
        UInt32 GetUIObjectOf(IntPtr hwndOwner, UInt32 cidl, ref IntPtr apidl, [In] ref Guid riid, ref UInt32 rgfReserved, ref IntPtr ppv);
        [PreserveSig()]
        UInt32 ParseDisplayName(IntPtr hwndOwner, IntPtr pbc, [MarshalAs(UnmanagedType.LPWStr)] string pszDisplayName,
            ref IntPtr pchEaten, ref IntPtr pidl, ref UInt32 pdwAttributes);
        [PreserveSig()]
        UInt32 SetNameOf(IntPtr hwndOwner, IntPtr pidl, string pszName, SHGDNF uFlags, out IntPtr ppidlOut);
    }

    #region IShellFolder type definitions
    [Flags]
    enum SHCONTF: uint
    {
        SHCONTF_CHECKING_FOR_CHILDREN   = 0x00010,
        SHCONTF_FOLDERS                 = 0x00020,
        SHCONTF_NONFOLDERS              = 0x00040,
        SHCONTF_INCLUDEHIDDEN           = 0x00080,
        SHCONTF_INIT_ON_FIRST_NEXT      = 0x00100,
        SHCONTF_NETPRINTERSRCH          = 0x00200,
        SHCONTF_SHAREABLE               = 0x00400,
        SHCONTF_STORAGE                 = 0x00800,
        SHCONTF_NAVIGATION_ENUM         = 0x01000,
        SHCONTF_FASTITEMS               = 0x02000,
        SHCONTF_FLATLIST                = 0x04000,
        SHCONTF_ENABLE_ASYNC            = 0x08000,
        SHCONTF_INCLUDESUPERHIDDEN      = 0x10000
    }

    [Flags]
    enum SFGAO: uint
    {
        SFGAO_CANCOPY                   = 0x00000001,
        SFGAO_CANMOVE                   = 0x00000002,
        SFGAO_CANLINK                   = 0x00000004,
        SFGAO_STORAGE                   = 0x00000008,
        SFGAO_CANRENAME                 = 0x00000010,
        SFGAO_CANDELETE                 = 0x00000020,
        SFGAO_HASPROPSHEET              = 0x00000040,
        SFGAO_DROPTARGET                = 0x00000100,
        SFGAO_CAPABILITYMASK            = 0x00000177,
        SFGAO_SYSTEM                    = 0x00001000,
        SFGAO_ENCRYPTED                 = 0x00002000,
        SFGAO_ISSLOW                    = 0x00004000,
        SFGAO_GHOSTED                   = 0x00008000,
        SFGAO_LINK                      = 0x00010000,
        SFGAO_SHARE                     = 0x00020000,
        SFGAO_READONLY                  = 0x00040000,
        SFGAO_HIDDEN                    = 0x00080000,
        SFGAO_DISPLAYATTRMASK           = 0x000FC000,
        SFGAO_NONENUMERATED             = 0x00100000,
        SFGAO_NEWCONTENT                = 0x00200000,
        SFGAO_CANMONIKER                = 0x00000000,   //Not supported.
        SFGAO_HASSTORAGE                = 0x00000000,   //Not supported.
        SFGAO_STREAM                    = 0x00400000,
        SFGAO_STORAGEANCESTOR           = 0x00800000,
        SFGAO_VALIDATE                  = 0x01000000,
        SFGAO_REMOVABLE                 = 0x02000000,
        SFGAO_COMPRESSED                = 0x04000000,
        SFGAO_BROWSABLE                 = 0x08000000,
        SFGAO_FILESYSANCESTOR           = 0x10000000,
        SFGAO_FOLDER                    = 0x20000000,
        SFGAO_FILESYSTEM                = 0x40000000,
        SFGAO_STORAGECAPMASK            = 0x70C50008,
        SFGAO_HASSUBFOLDER              = 0x80000000,
        SFGAO_CONTENTSMASK              = 0x80000000,
        SFGAO_PKEYSFGAOMASK             = 0x81044000
    }

    enum SHGDNF: uint
    {
        SHGDN_NORMAL                    = 0,
        SHGDN_INFOLDER                  = 0x1,
        SHGDN_FOREDITING                = 0x1000,
        SHGDN_FORADDRESSBAR             = 0x4000,
        SHGDN_FORPARSING                = 0x8000
    }

    enum STREET_TYPE: uint
    {
        STREET_OFFSET                   = 0x0001,
        STREET_WSTR                     = 0x0000,
        STREET_CSTR                     = 0x0002
    }

    [StructLayout(LayoutKind.Explicit, CharSet = CharSet.Ansi, Pack = 4)]
    struct STRRET_UNIONC
    {
        [FieldOffset(0)]
        IntPtr pOleStr;
        [FieldOffset(0)]
        UInt32 uOffset;
        [FieldOffset(0)]
        [MarshalAs(UnmanagedType.LPStr, SizeConst = 260)]
        string pStr;
    }

    [StructLayout(LayoutKind.Explicit, CharSet = CharSet.Unicode, Pack = 4)]
    struct STRRET_UNIONW
    {
        [FieldOffset(0)]
        IntPtr pOleStr;
        [FieldOffset(0)]
        UInt32 uOffset;
        [FieldOffset(0)]
        [MarshalAs(UnmanagedType.LPWStr, SizeConst = 260 / 2)]
        string pStr;
    }

    [StructLayout(LayoutKind.Explicit, Pack = 4)]
    struct STRRET {
        //UInt32  uType;
        [FieldOffset(0)]
        STREET_TYPE uType;
        // union start
        [FieldOffset(4)]
        STRRET_UNIONC uniC;
        [FieldOffset(4)]
        STRRET_UNIONW uniW;
        // union end
    }

    class ShellApi
    {
        [DllImport("shell32.dll", CharSet = CharSet.Auto)]
        static extern int SHGetDesktopFolder(out IntPtr ppshf);
        public static IShellFolder GetDesktopFolder()
        {
            IntPtr res = IntPtr.Zero;
            SHGetDesktopFolder(out res);
            return (IShellFolder)Marshal.GetTypedObjectForIUnknown(res, typeof(IShellFolder));
        }

        [DllImport("shell32.dll", CharSet = CharSet.Auto)]
        public static extern UInt32 SHParseDisplayName([MarshalAs(UnmanagedType.LPWStr)] String pszName,
            IntPtr pbc, out IntPtr ppidl, UInt32 sfgaoIn, out UInt32 psfgaoOut);

        [DllImport("shell32.dll", CharSet = CharSet.Auto)]
        public static extern Int32 SHBindToObject(IShellFolder shell, IntPtr pidl, IntPtr pbc, ref Guid riid,
            out IntPtr ppvOut);
    }

    public static Image GetThumbnailImage(string strFilePath)
    {
        IntPtr peaten = IntPtr.Zero;
        IntPtr ppidl = IntPtr.Zero;
        UInt32 iattr = 0;
        IntPtr pbmp = IntPtr.Zero;
        string strDir = strFilePath.Substring(0, strFilePath.LastIndexOf('\\')) + '\\';
        string strFile = Path.GetFileName(strFilePath);
        IShellFolder shell = null;
        try
        {
            shell = ShellApi.GetDesktopFolder();
        }
        catch (Exception e)
        {
        }
        //shell.ParseDisplayName(IntPtr.Zero, IntPtr.Zero, strFile, ref peaten, ref ppidl, ref iattr); //うまく動かない
        ShellApi.SHParseDisplayName(strFilePath, IntPtr.Zero, out ppidl, 0, out iattr); //うまく動かないため代用
        IExtractImage ieimg = null;
        peaten = IntPtr.Zero;
        if (ppidl != IntPtr.Zero)
        {
            UInt32 rgfRes = 0;
            IntPtr res = IntPtr.Zero;
            shell.GetUIObjectOf(IntPtr.Zero, 1, ref ppidl, ref IID_IExtractImage, ref rgfRes, ref res);  //うまく動かない
            ieimg = (IExtractImage)Marshal.GetTypedObjectForIUnknown(res, typeof(IExtractImage));  //resがnullのため例外発生
            //以下、例外発生のため未テスト
            if (ieimg != null)
            {
                StringBuilder sb = new StringBuilder(1024);
                SIZE size = new SIZE();
                size.cx = 64;
                size.cy = 64;
                UInt32 priority = 0;
                IEIFLAG flag = IEIFLAG.IEIFLAG_ORIGSIZE | IEIFLAG.IEIFLAG_SCREEN | IEIFLAG.IEIFLAG_ASPECT;
                ieimg.GetLocation(sb, (UInt32)sb.Capacity, out priority, ref size, 32, ref flag);
                ieimg.Extract(out pbmp);
                Marshal.FreeCoTaskMem(ppidl);
            }
        }
        Image image = null;
        if (pbmp != null)
        {
            image = Image.FromHbitmap(pbmp);
        }
        if (shell != null)
        {
            Marshal.ReleaseComObject(shell);
        }
        if (ieimg != null)
        {
            Marshal.ReleaseComObject(ieimg);
        }
        return image;
    }

参考にしたのは、以下のサイトなどです。ここに登録してまだ間もないためURLが2つまでしか引用できませんでした。。。

Re[4]: IExtractImageによるサムネイルの取得
Rewrite DirectoryInfo using IShellFolder


追記です。
教えて頂いた情報をもとにコードを修正しました。
それにより、ParseDisplayName()BindToObject()がうまく動く様になったようです。しかし、GetUIObjectOf()の最後の引数に結果が帰って来ず、nullのままです。
GetUIObjectOf()の引数の取り方に誤りがあるでしょうか?もしくは何か不足があるでしょうか。
度々すみませんがおねがいいたしますm(__)m

☆Program.cs (未変更)
[STAThread]についてはそのままです。

static class Program
{
    /// <summary>
    /// アプリケーションのメイン エントリ ポイントです。
    /// </summary>
    [STAThread]
    static void Main()
    {
        Application.EnableVisualStyles();
        Application.SetCompatibleTextRenderingDefault(false);
        Application.Run(new formMain());
    }
}

☆メインフォーム

public partial class formMain : Form
{
    public formMain()
    {
        InitializeComponent();
    }

    private void formMain_Load(object sender, EventArgs e)
    {
        pictureBox1.Image = Libs.Acrobat.AcrobatControl.GetThumbnailImage(@"D:Data\20150123-01.pdf");
    }

☆IShellFolder定義と呼び出し

    static Guid IID_IShellFolder = new Guid("{000214E6-0000-0000-C000-000000000046}");

    [ComImportAttribute()]
    [GuidAttribute("000214E6-0000-0000-C000-000000000046")]
    [InterfaceTypeAttribute(ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
    interface IShellFolder
    {
        void ParseDisplayName(IntPtr hwndOwner, IntPtr pbc, [MarshalAs(UnmanagedType.LPWStr)] string pszDisplayName,
            [In, Out] ref IntPtr pchEaten, out IntPtr pidl, [In, Out] ref UInt32 pdwAttributes);
        IEnumIDList EnumObjects(IntPtr hwndOwner, [MarshalAs(UnmanagedType.U4)] SHCONTF grfFlags);
        //[return: MarshalAs(UnmanagedType.Interface)]
        void BindToObject(IntPtr pidl, IntPtr pbc, [In] ref Guid riid, out IntPtr ppv);
        //[return: MarshalAs(UnmanagedType.Interface)]
        object BindToStorage(IntPtr pidl, IntPtr pbc, [In] ref Guid riid, out IntPtr ppv);
        [PreserveSig()]
        UInt32 CompareIDs(Int32 lparam, IntPtr pidl1, IntPtr pidl2);
        [return: MarshalAs(UnmanagedType.Interface)]
        object CreateViewObject(IntPtr hwndOwner, [In] ref Guid riid);
        //[PreserveSig()]
        //UInt32 GetAttributesOf(UInt32 cidl, [MarshalAs(UnmanagedType.LPArray, SizeParamIndex = 0)]
        //    IntPtr[] apidl, ref SFGAO rgfInOut);
        [PreserveSig()]
        UInt32 GetAttributesOf(UInt32 cidl, IntPtr apidl, [In, Out] [MarshalAs(UnmanagedType.U4)] ref SFGAO rgfInOut);
        //[PreserveSig()]
        //UInt32 GetUIObjectOf(IntPtr hwndOwner, UInt32 cidl, [MarshalAs(UnmanagedType.LPArray, SizeParamIndex = 1)]
        //    IntPtr[] apidl, [In] ref Guid riid, ref UInt32 rgfReserved, out IntPtr ppv);
        [PreserveSig()]
        UInt32 GetUIObjectOf(IntPtr hwndOwner, UInt32 cidl, ref IntPtr apidl, [In] ref Guid riid, ref UInt32 rgfReserved, ref IntPtr ppv);  //←☆☆これがまだちゃんと動かない
        void GetDisplayNameOf(IntPtr pidl, SHGDNF uFlags, out STRRET pName);
        [PreserveSig()]
        void SetNameOf(IntPtr hwndOwner, IntPtr pidl, [MarshalAs(UnmanagedType.LPWStr)] string pszName,
            SHGDNF uFlags, out IntPtr ppidlOut);
    }

    class ShellApi
    {
        [DllImport("shell32.dll", CharSet = CharSet.Unicode)]
        public static extern int SHGetDesktopFolder(out IShellFolder ppshf);

        [DllImport("shell32.dll", CharSet = CharSet.Auto)]
        public static extern UInt32 SHParseDisplayName([MarshalAs(UnmanagedType.LPWStr)] String pszName,
            IntPtr pbc, out IntPtr ppidl, UInt32 sfgaoIn, out UInt32 psfgaoOut);

        [DllImport("shell32.dll", CharSet = CharSet.Auto)]
        public static extern Int32 SHBindToObject(IShellFolder shell, IntPtr pidl, IntPtr pbc, ref Guid riid,
            out IntPtr ppvOut);
    }

    public static Image GetThumbnailImage(string strFilePath)
    {
        IntPtr peaten = IntPtr.Zero;
        IntPtr ppidl = IntPtr.Zero;
        UInt32 iattr = 0;
        IntPtr pbmp = IntPtr.Zero;
        string strDir = strFilePath.Substring(0, strFilePath.LastIndexOf('\\')) + '\\';
        //string strFile = Path.GetFileName(strFilePath);
        IShellFolder shell = null;
        try
        {
            ShellApi.SHGetDesktopFolder(out shell);
        }
        catch (Exception e)
        {
        }
        shell.ParseDisplayName(IntPtr.Zero, IntPtr.Zero, strFilePath, ref peaten, out ppidl, ref iattr);
        //ShellApi.SHParseDisplayName(strFilePath, IntPtr.Zero, out ppidl, 0, out iattr);
        IExtractImage ieimg = null;
        peaten = IntPtr.Zero;
        if (ppidl != IntPtr.Zero)
        {
            UInt32 rgfRes = 0;
            IntPtr res = IntPtr.Zero;
            shell.GetUIObjectOf(IntPtr.Zero, 1, ref ppidl, ref IID_IExtractImage, ref rgfRes, ref res);   //☆☆←どうしてもresの結果がnullのまま、うまくいかない
            ieimg = (IExtractImage)Marshal.GetTypedObjectForIUnknown(res, typeof(IExtractImage));
            if (ieimg != null)
            {
                StringBuilder sb = new StringBuilder(1024);
                SIZE size = new SIZE();
                size.cx = 64;
                size.cy = 64;
                UInt32 priority = 0;
                IEIFLAG flag = IEIFLAG.IEIFLAG_ORIGSIZE | IEIFLAG.IEIFLAG_SCREEN | IEIFLAG.IEIFLAG_ASPECT;
                ieimg.GetLocation(sb, (UInt32)sb.Capacity, out priority, ref size, 32, ref flag);
                ieimg.Extract(out pbmp);
                Marshal.FreeCoTaskMem(ppidl);
            }
        }
        Image image = null;
        if (pbmp != null)
        {
            image = Image.FromHbitmap(pbmp);
        }
        if (shell != null)
        {
            Marshal.ReleaseComObject(shell);
        }
        if (ieimg != null)
        {
            Marshal.ReleaseComObject(ieimg);
        }

        AcroPDFLib.AcroPDF pdf = new AcroPDF();
        pdf.gotoNextPage();

        return image;
    }
}
  • コードについてはいろいろとコメントしたいところですが、追記部分についてはパッと見、正しそうに感じます。pdfでなくjpegファイル等で試してみてはどうでしょうか? – sayuri 15年2月5日 13:14
  • 回答有り難うございます。遅くなってすみません! ファイルは.jpgや.gifでもやってみたのですが、結果は変わらないです。 shell.GetUIObjectOf(IntPtr.Zero, 1, ref ppidl, ref IID_IExtractImage, ref rgfRes, ref res);これのresの結果がnull(IntPtr.Zero)となってしまうため、次の行で例外が発生してcatchにいってしまいます。もし差し支えなければ怪しい箇所を教えていただけると大変助かりますm(__)m – tomorin 15年2月7日 15:53
8

COMにはIUknownから直接派生するものとIDispatch(これ自体もIUknownからの派生ですが)から派生するものの2種類があります。挙げられたコードでも[InterfaceType(ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]と指定されているものがIUnknownなわけです。
で、IUnknownから派生する場合、呼び出しにはメソッド名は使われずに先頭から何番目のメソッドを呼び出したかで処理されます。ですので、C#上でのinterface宣言の順序が重要になってきます。ちなみにIDispatchの場合、IUnknownと同じく先頭からの順序とすることもできますが、それとは別にメソッド名での呼び出しもできます。

さて、Visual StudioのC++インクルードファイルディレクトリの拡張子.IDLファイルにはCOMインターフェースの宣言がされています。検索するとIExtractImageもIShellFolderもShObjIdl.idlファイルで見つかります。見比べるとIShellFolderの方が順序が記載のコードと異なっています。([call_as]の付いている関数は読み飛ばしてください。)

これだけでは解決しないと思いますが1つずつ進めていく必要があると思います。


レジストリエディタで検索するとわかりますが、例えばIShellFolder {000214E6-0000-0000-C000-000000000046}の場合

HKEY_CLASSES_ROOT\Interface\{000214E6-0000-0000-C000-000000000046}\ProxyStubClsid32
(Default) = "{C90250F3-4D7D-4991-9B69-A5C5BC1C2AE6}"
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{C90250F3-4D7D-4991-9B69-A5C5BC1C2AE6}\InProcServer32
ThreadingModel = "Both"

となっています。BothはSTAスレッドでもMTAスレッドでも動作可能なことを意味します。IExtractImageも同様です。[STAThread]を指定すれば何でも解決するわけではありません。


挙げられたコードはSIZEの宣言がないなどのため実行しての確認はしていませんが、パッと見でもう1点
SHGetDesktopFolder()のC宣言は

HRESULT SHGetDesktopFolder(_Out_  IShellFolder **ppshf);

ですので、C#では

[DllImport("shell32.dll")]
static extern int SHGetDesktopFolder(out IShellFolder ppshf);

とできます。(この関数では文字列を扱いませんが、C#におけるCharSet.AutoはANSIすなわちShift-JISを指すのでUnicodeの方がいいでしょう。)


通常ですとReference Sourceを参照するとよく使われるCOMインターフェースについては.NET内部でも宣言されたものが見つかり参考になるのですが…が…が、IShellFolderに関しては.NET内部でも誤った宣言がなされていて一部動作しませんのでお気を付けを。(少なくともGetUIObjectOf()とGetDisplayNameOf()は壊れています。)


あまり必要ないかもしれませんが…

[PreserveSig()]
UInt32 GetUIObjectOf(IntPtr hwndOwner, UInt32 cidl, ref IntPtr apidl, [In] ref Guid riid, ref UInt32 rgfReserved, ref IntPtr ppv); //←☆☆これがまだちゃんと動かない

static Guid IID_IExtractImage = new Guid("{BB2E617C-0920-11d1-9A0B-00C04FC2D6C1}");

IntPtr res = IntPtr.Zero;
shell.GetUIObjectOf(IntPtr.Zero, 1, ref ppidl, ref IID_IExtractImage, ref rgfRes, ref res); //☆☆←どうしてもresの結果がnullのまま、うまくいかない
ieimg = (IExtractImage)Marshal.GetTypedObjectForIUnknown(res, typeof(IExtractImage));

追記されたコードは(cidl=1に限り)動作しました。表示できないのはファイルの関連付けなど別要因と思われます。蛇足ですが、

// 最後の引数がoutの場合、戻り値にできる
// COMポインターはIUknownなobject型にマーシャリング可能
// Guid構造体に限りUnmanagedType.LPStructが使える
[return: MarshalAs(UnmanagedType.IUnknown)]
object GetUIObjectOf(IntPtr hwndOwner, UInt32 cidl, ref IntPtr apidl, [MarshalAs(UnmanagedType.LPStruct)] Guid riid, ref UInt32 rgfReserved);

// COMオブジェクトの型キャストはCOMのQueryInterfaceに相当する
// Type.GUIDでGuidAttributeの値が取得できる
// またrefでなくしたのでいったん変数に置く必要がなくなる
ieimg = (IExtractImage)shell.GetUIObjectOf(IntPtr.Zero, 1, ref ppidl, typeof(IExtractImage).GUID, ref rgfRes, ref res);

とできます。
.NET Frameworkクラスライブラリ内においてもこの辺りのテクニックを把握していないと思われるコードがちょくちょくあります。

  • 回答有り難うございます。 非常に親切に教えて頂き感謝です。 仰る様に、まずShObjIdl.idlに定義されているIShellFolderインターフェイスの順序に合わせてメソッドの順序、および引数の取り方を若干修正しました。 その結果、ParseDisplayName()、BindToObject()が正常に動作しました。有り難うございます。 --- ただし、GetUIObjectOf()がうまくきません。。。これについては別途記載致します。 – tomorin 15年2月5日 12:19
4

動作確認は、行っていませんが恐らく、STA以外のスレッドからCOMにアクセスしているためです。
一部のCOMオブジェクトは、STAスレッドからアクセスする必要があります。

[STAThread] 属性をMainメソッド(エントリポイント)に指定する必要があります。
また非同期操作などを行っている場合、UIスレッド、すなわちSTAスレッド上でCOMを操作しなければなりません。

  • 回答有り難うございます。 STAThreadについては、迂闊でした。よく理解していませんでした。 ただし非同期に処理しているわけではなく、まずは動作テストとしてForm.Loadイベントハンドラにてこの処理を読んでいます。 Program.csにて[STAThread] static void Main()となっていますが、それで良いでしょうか? – tomorin 15年2月5日 12:22
  • そのようになっていれば、問題はありませんが、 Taskなどの非同期メソッドなどを使用してメインのスレッド以外から呼び出した場合は、適用外になります。 – PITA 15年2月5日 16:10
2

Vista以降で問題が無いのであれば、WindowsAPICodePackShellThumbnailクラスや内部で使用されているCOMインターフェイスのIShellItemImageFactoryを利用してはいかがでしょうか。ソースコードはGitHub等で入手できます。

public static Image GetThumbnailImage(string strFilePath)
{
    var item = ShellObject.FromParsingName(strFilePath);
    item.Thumbnail.FormatOption = ShellThumbnailFormatOption.IconOnly;
    return item.Thumbnail.MediumBitmap;
}
  • こんなものがマイクロソフトから公式に出ていたとは、全く知りませんでした。(。・ω・。) もっと早く知っていれば・・・ テストコードを500行近く書いてもうまくいかなかったものが、教えていただいた方法でわずか3行でうまくいきました、うれしいです! でも、今までの労力が無駄なようで脱力感でいっぱいです(笑) ライセンスの問題もクリアできそうですし、感謝です! ありがとうございました! – tomorin 15年2月7日 16:15
  • 1
    マイクロソフトから公式に出ていましたが既に取り下げられており、一切のアナウンスが消されています。今配布されているものは有志による二次配布であり、今後アップデートされる見込みはありません。この方法を採用するにはその辺りの事情を把握した上で検討されることをお勧めします。 – sayuri 15年2月7日 21:23
  • 質問で利用を想定していたIExtractImage自体がVistaでIThumbnailProviderに置き換えられているので、サポートの面では五十歩百歩です。私としてはWindowsAPICodePackのソースコードを入手して必要箇所を修正しながら利用するのがベストかと考えます。 – pgrho 15年2月7日 21:59
  • 皆さま、色々と有り難うございます。 仰る通りMSサポートが終わっているなら、ソースコードをメンテできる状況にしておかないとまずいかもしれません。。。 ちなみに有志による二次配布がなかなか見つからないのですが、どれでしょう?これでしょうか? <wapicp.codeplex.com> だんだかずっと更新されてないようですが、Nugetに見つけられませんでした。 – tomorin 15年2月9日 9:57
  • @mikacolove リンクを追加しましたので右下のDownload ZIPからソースコードが入手できるかと思います。最終リリースが2010年なので更新されていないのは仕方ないですね…。 – pgrho 15年2月9日 10:51
2

質問に追記されていたGetUIObjectOfについて調べてみました。WindowsAPICodePackを使うとのことなので、ここではなるべく前提知識なしで読めるように書きます。

ParseDisplayNameはパスを文字列で指定するとITEMIDLISTという形にしてくれるわけですが、GetUIObjectOfに指定するapidlは、そのフォルダに存在するファイル名である必要があります。なので質問に書かれている掲示板でも、一度対象ファイルの親フォルダを取得して、その上でファイル名に対応するITEMIDLISTを取得してGetUIObjectOf、といった二段構えになっています。

質問主さんのコードの場合、フルパスをそのままITEMIDLISTにしていますから、これをそのままGetUIObjectOfに使うことはできません。

またWindowsAPICodePackではIShellItemImageFactoryという別のインターフェイスを使っています。SHCreateItemFromParsingNameでフルパスから直接作ることができますし、Vista以降のキャッシュ機能も活かされるので、これが使えるならその方がよいでしょう。
(同じようにしてIExtractImageが取得できないかと思いましたが、E_NOINTERFACEでした)

参考
http://pg-torch-ic.jugem.jp/?eid=31
http://d.hatena.ne.jp/opossamu/20110328/1301345961
http://eternalwindows.jp/shell/shellname/shellname04.html

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする