0

サーバーでnode.jsのアプリを動かすと度々このような自体に見舞われます。
フレームワークはnuxt.jsです。

そもそも127.0.0.1というのはマシン内部のプライベートなipであり、グローバルipとは違うはずだと思うのですが

例えばローカルマシンの127.0.0.1:4000でAPIサーバーを起動させている間
サーバーにデプロイしているアプリ127.0.0.1:3000から127.0.0.1:4000へリクエストすると
ローカルマシン上で稼働させている127.0.0.1:4000のアプリにリクエストが飛んできます。

正直、どういう理屈なのか全くわかりません。
そもそも、サーバー内では127.0.0.1:3000はnginxで公開しています。
127.0.0.1:4000は公開していません。
リバースプロキシをやって公開しているのは127.0.0.1:3000だけです。

何がやりたいというと127.0.0.1:4000のAPIは誰彼構わず叩かれたくないので公開したくないのです。
ただし127.0.0.1:3000のアプリからだけは利用したい

サーバー内のlocalhostを
同サーバーから公開されているアプリのみ利用可能とする方法は無いのでしょうか?

元々フロントエンドエンジニアなのでサーバーのその辺の事情が分かっていません。

安全性から言ったら当然、公開するサーバー、非公開でlocalhostとしてだけ動かすサーバーという
構成でアプリは運用できるものと思っていたのですが
違うのでしょうか?

127.0.0.1:3000のアプリで
127.0.0.1:4000のAPIを叩かせようと思ったら
やはり127.0.0.1:4000のAPIも公開した上で、nginxの設定やらで同サーバーからのみ利用可能な設定にしてやらなければならないのでしょうか?

もはやlocalhostがなぜこのような仕組みになっているのかわけが分からないです。

詳しい方ご教示頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

  • 1
    「127.0.0.1:4000」へのアクセスを実施しているのは「サーバー側(Node.js)」ですか?それとも「クライアント側(ブラウザ)」ですか?もしくは「どちらなのかわからない」ですか? – らっしー 19年9月23日 9:48
  • コメントありがとうございます。 graphqlサーバーに対してapolloからclientConfigsのhttpEndpointの設定に 127.0.0.1:4000を指定しています。 なのでクライアント側ですね。 ブラウザのネットワークでもhttp://127.0.0.1:4000と表示されています。 しかしながらapolloのドキュメントはどこを見てもhttp://127.0.0.1:4000 などhttp://127.0.0.1となっています。 サーバーでの運用を想定していないとは思えないのですが ブラウザ側からhttp://127.0.0.1:4000へリクエストが飛べば当然、ローカルで稼働中のhttp://127.0.0.1:4000アプリへリクエスト飛びますよね;; 一体どうすれば良いのやらという状態です。 現状想像できるのはhttp://127.0.0.1:4000のapi用にもう一つドメインを取得してapiも公開状態にするしか無いのかと思っている状態です。 ドメイン2つ用意しないといけないとなると graphqlの利用というのは苦しいものがありそうですね。 – ittan 19年9月23日 12:17
  • サーバーサイド(Nuxt.js で作成、nginx で公開)から Apollo サーバーに GraphQL クエリしたいのにブラウザから HTTPリクエストが飛んでいる、ということでしょうか? Nuxt.js も Apollo (Server?) も詳しくないですが、設定だかプログラムだかを適切に変更するとサーバーサイドで 127.0.0.1:4000 へリクエストされるんですかねえ。 いずれにせよ実際の設定、プログラムコード、デプロイや実行の様子のスクリーンショットとかを本文に追記すると答えが得られやすくなると思います。 – criticabug 19年9月24日 8:14
  • コードの情報が足りないので回答するにはかなり難しいのでスクリーンショットやコードを追加して情報を詳しく教えてください。 – su3158 19年12月5日 0:38
  • 詳細な回答を得るために書いてほしい事。「公開するサーバー」の 外向けのIPアドレス。「ローカルマシンの127.0.0.1:4000」が動いているローカルマシンの外向けのIPアドレス。 それぞれは LAN ケーブルで接続されていますか? 仮想マシンの親と子の関係だったりしますか? 「誰彼構わず叩かれたくない」と思っている そのマシンの サーバーから見たIPアドレス。 これが ちゃんと整理して説明できたら、ルーティング設定、ファイアーウォール設定のアドバイスができると思います。 基本は 外のマシンに向けてポートを開ける、開けないの設定。 このポートでアクセスしてきたらこのアプリに 転送する設定、呼び出し元のIPアドレスによって 処理を制限する設定を組み合わせて 設定します。 あとは どんな アプリ、機材を利用するか、費用や設定、安定性運用性の問題です。 – k system 19年12月5日 13:22

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする