0

Ubuntu 19.04の環境でclangをビルドしようとしているのですが、失敗します。
なぜでしょうか?
C/C++ツールチェインを1からビルドすることを試してみています。
glibc, libc++, libc++abi, llvmはビルドできたようです。

以下のようにcmakeを実行して、ビルドしようとしているのですが、うまくいかず、下記のようなエラーが発生します。

Undefined referenceとなっているllvm::cl::ParseCommandLineOptions(int, char const* const*, llvm::StringRef, llvm::raw_ostream*, char const*)/home/yuya/opt/lib/libLLVMSupport.a内に存在しているので、cmakeのCFLAGSでも指定しているのですがエラーになってしまいます。
なぜでしょうか?

/home/username/optINSTALL_PREFIXで指定したディレクトリで、ここにglibc, libc++abi, libc++, llvmがそれぞれインストールされています。


追記:

CMAKE_CXX(C)_FLAGSにライブラリの場所を示す-Lとライブラリ名を示す-lを渡していることが間違っているように思うのですが、CMAKEにコンパイラにライブラリの場所と名前を渡すにはどうすればよいのでしょうか?


追記2:

CMAKE_CXX(C)_FLAGSにライブラリの場所と名前を渡すのは間違っていたようです。
DCMAKE_SHARED_LINKER_FLAGSで渡すのが正しいようです。
cmake2のようにしてみましたがまだエラーが発生します。

Error:

/usr/bin/ld: CMakeFiles/obj.clang-tblgen.dir/TableGen.cpp.o: in function `main':
/home/username/src/llvm-project/clang/utils/TableGen/TableGen.cpp:306: undefined reference to `llvm::cl::ParseCommandLineOptions(int, char const* const*, llvm::StringRef, llvm::raw_ostream*, char const*)'
collect2: error: ld returned 1 exit status

cmake:

cmake -G "Unix Makefiles" \
    -DCMAKE_BUILD_TYPE=RelWithDebInfo \
    -DCMAKE_INSTALL_PREFIX="/home/username/clang_test_opt" \
    -DCMAKE_C_FLAGS="-I/home/username/opt/include \
    -I/home/username/src/llvm-project/include \
    -I/home/username/src/llvm-project/llvm/include \
    -L/home/username/opt/lib \
    -lLLVMSupport" \
    -DCMAKE_CXX_FLAGS="-I/home/username/opt/include \
        -I/home/username/src/llvm-project/clang/include \
        -I/home/username/src/llvm-project/llvm/include \
        -L/home/username/opt/lib \
        -lLLVMSupport" \
    -DLLVM_TABLEGEN_EXE="/home/username/opt/bin/llvm-tblgen" \
    -DLLVM_LIBRARY_DIR="/home/username/llvm-project/llvm/lib" \
    -DLLVM_TOOLS_BINARY_DIR="/home/username/opt/bin" \
    -DLLVM_MAIN_INCLUDE_DIR="/home/username/src/llvm-project/llvm/include" \
    -DLLVM_DIR="/home/username/src/llvm-project/llvm/cmake" \
    ../llvm-project/clang

cmake2:

cmake -G "Unix Makefiles" \
    -DCMAKE_BUILD_TYPE=RelWithDebInfo \
    -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/home/username/clang_test_opt \
    -DCMAKE_C_FLAGS="-I/home/username/opt/include \
        -I/home/username/src/llvm-project/include \
        -I/home/username/src/llvm-project/llvm/include" \
    -DCMAKE_CXX_FLAGS="-I/home/username/opt/include \
        -I/home/username/src/llvm-project/clang/include \
        -I/home/username/src/llvm-project/llvm/include" \
    -DCMAKE_SHARED_LINKER_FLAGS="-L/home/username/opt/lib \
        -lLLVMSupport" \
    -DLLVM_TABLEGEN_EXE=/home/username/opt/bin/llvm-tblgen \
    -DLLVM_LIBRARY_DIR=/home/username/llvm-project/llvm/lib \
    -DLLVM_TOOLS_BINARY_DIR=/home/username/opt/bin \
    -DLLVM_MAIN_INCLUDE_DIR=/home/username/src/llvm-project/llvm/include \
    -DLLVM_DIR=/home/username/src/llvm-project/llvm/cmake \
    -DZ3_LIBRARIES=/home/username/opt/lib \
    -DZ3_INCLUDE_DIR=/home/username/opt/include \
    ../llvm-project/clang
0

質問された方の直接の疑問に答えるものではありませんが、
ソースからビルドすることができました。こちらの環境で10時間ちょっとかかりました。

【clang】

10.0.0(trunc 372494)

【ビルドしたソース】

svn co http://llvm.org/svn/llvm-project/llvm/trunk llvm
svn co http://llvm.org/svn/llvm-project/cfe/trunk clang
svn co http://llvm.org/svn/llvm-project/clang-tools-extra/trunk extra
svn co http://llvm.org/svn/llvm-project/compiler-rt/trunk compiler-rt

【ビルドした環境】

  • WSL
  • Ubuntu18.04.3 LTS (Bionic Beaver)
  • cmake 3.10.2
  • gcc 7.4.0
  • ld 2.30
  • make 4.1
  • python 2.7.15+

【参考にしたページ】

【2018年11月版】コンパイラ基盤LLVM+Clangをゼロからコンパイル/ビルドする(AWS + CentOS7)。 - Qiita

環境が異なるため手順を読み替える(※)必要がありますが、ほぼ無修正でビルドがうまくいきました。(※yumでなくaptを使用など)

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする