1

ある数値を予測するコンペの問題をPythonでやってます。

与えられた訓練データから使えそうな特徴量だけを取り出し、同様にテストデータから訓練データと同じ特徴量を取り出しました。

https://www.kaggle.com/serigne/stacked-regressions-top-4-on-leaderboard/notebook
上記を参考にして、取り出したデータをもとにLASSO Regression、Elastic Net Regression、Kernel Ridge Regression、Gradient Boosting Regression、XGBoost、LightGBMで予測値を出し、それぞれの予測値も特徴量として追加しました。

それらの特徴量をもとに訓練7:評価3に分割し、学習させたところ、R2Scoreが0.85, train lossが0.1378、validation lossが0.1248 程になりました。
この学習器でテストデータを予測したのですが、R2Scoreは0.55になりました。

訓練データとテストデータの特徴量はどれもstats.shapiro()を使うとp値が0か限りなく0に近くなり、正規分布であると思います。
訓練データで目的の値にしたものも同様でした。
また、最大値、最小値にも差はほぼありませんでした。

訓練(評価)データとテストデータで評価結果が異なる理由が知りたいです。
また、交差検証以外で汎化性能を上げる方法が知りたいです。
以下はあってるかわかりませんが交差検証したコードです。

X = train[cat_vars+cont_vars+['xgb', 'lgb', 'stacked', 'ensemble']]
y = train[['Score']]

X_train, X_test, Y_train, Y_test = train_test_split(X, y, train_size = 0.7, test_size = 0.3, random_state = 0)
lr = LinearRegression()
kf = KFold(n_splits = 5,shuffle = True,random_state = 1)
lr.fit(X, y)
splitter = kf.split(X,y)
print(cross_val_score(lr,X,y,cv = splitter, scoring='r2'))

結果

[0.888343 0.885379 0.891729 0.881329 0.899762]
  • スタック・オーバーフローへようこそ! 交差検証は汎化性能を上げる手法ではなく汎化性能を測定する指標のひとつです。どこかで言葉の間違いをなさっていませんか? また、「訓練データとテストデータを分割して性能を測る」ことを何回繰り返しましたか? – nekketsuuu 9月17日 11:42

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする