0

Swift言語での開発で、以下の記事を参考にしています。

Swift3で動画をカメラから選択してきて描画して再生まで - Qiita

現在,"importButton"で動画のみが表示されたカメラロールを表示し,選択するところまでは,できているのですが,その後UIImageviewに反映されません.

動画を選択すると

2019-01 18:13:24.978844+0900 sport camera[16106:5106135] [discovery] errors encountered while discovering extensions: Error Domain=PlugInKit Code=13 "query cancelled" UserInfo={NSLocalizedDescription=query cancelled}

とデバッグには表示されています.

解決方法があれば,教えていただきたいです.

import UIKit
import AVKit
import AVFoundation

class ViewController: UIViewController,UIImagePickerControllerDelegate,UINavigationControllerDelegate {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view.
    }

    let imagePickerController = UIImagePickerController()
    var videoURL: URL?


    @IBOutlet weak var imageView: UIImageView!
    @IBAction func importButton(_ sender: Any) {
        print("UIBarButtonItem。カメラロールから動画を選択")
        imagePickerController.sourceType = .photoLibrary
        imagePickerController.delegate = self
        imagePickerController.mediaTypes = ["public.movie"]
        present(imagePickerController,animated: true,completion: nil)
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }

    private func imagePickerController(_ picker: UIImagePickerController, didFinishPickingMediaWithInfo info: [String:Any]) {
        videoURL = info["UIImagePickerControllerReferenceURL"] as? URL
        print(videoURL!)
        imageView.image = previewImageFromVideo(videoURL!)!
        imageView.contentMode = .scaleAspectFit
        imagePickerController.dismiss(animated: true, completion: nil)
    }

    func previewImageFromVideo(_ url:URL) -> UIImage? {
        print("動画からサムネイルを生成")
        let asset = AVAsset(url: url)
        let imageGenerator = AVAssetImageGenerator(asset: asset)
        imageGenerator.appliesPreferredTrackTransform = true
        var time = asset.duration
        time.value = min(time.value, 2)
        do{
            let imageRef = try imageGenerator.copyCGImage(at: time, actualTime: nil)
            return UIImage(cgImage: imageRef)
        } catch {
            return nil
        }
    }

}
2

リンク先の参考記事、Swift3の注記がありますから、変化の早いSwiftからすると太古の大昔の記事ということになります。またこの間にiOSのPhoto Libraryに関する取り扱いやUIImagePickerControllerの動作も変化しました。

ご自分でこれらの変化を調べて解決できないのであれば、極端に古い記事(もう一度言いますがSwift3は極端に古いです)を参考にするのはやめておいた方が良いでしょう。自分のズバリやりたいことを解説してくれる記事で最新のSwift/iOSに対応したものを見つけるのは難しいかもしれませんが、「修行期間中」だと思って、ズバリやりたいこととはちょっと違うことで経験を重ねた方が良いと思います。

前置きはこれくらいにして本題へ。


正直言って現在の観点からはツッコミどころ満載のコードになってしまってます。「もう少しお行儀の良いコードだったらXcodeの助けを借りて動くようにできたかも…」と言うところですが、かなり「汚い」コードなので、その辺の助けも期待できませんね。

1. UIImagePickerControllerDelegateの必要メソッドが実装されていない

あなたの(と言うより「参考記事の」ですが)コードでは、

    private func imagePickerController(_ picker: UIImagePickerController, didFinishPickingMediaWithInfo info: [String:Any]) {
        //...
    }

と言うメソッドを実装していますが、現在のSwift/iOSでは、これはUIImagePickerControllerDelegateのメソッド実装ではありません。

(そのせいで、せっかくビデオを選択しても、選択をキャンセルしたことになっている。質問文中の「表示」は、キャンセル時に表示されるメッセージ(iOSのバージョンで異なるが)と全く同じ。)

そもそも(@objc無しで)privateを付けてしまうと、iOSからは絶対にdelegateメソッドとして認識されません。Xcodeが「private付けるか?」なんてサジェスチョンを出したかもしれませんが、ここはそれに対してノーと言うべきところです。

現在のiOS/Swiftで、UIImagePickerControllerDelegateを実装するには、

    func imagePickerController(_ picker: UIImagePickerController,
            didFinishPickingMediaWithInfo info: [UIImagePickerController.InfoKey : Any]) {
        //...
    }

と言うメソッドにしなければいけません。

2. UIImagePickerControllerReferenceURLは使用非推奨

そもそも"UIImagePickerControllerReferenceURL"なんて文字列定数でキーを指定してはいけません。かならずUIImagePickerControllerReferenceURLと言うシンボル定数を使ってください。

但し、今のiOSでは、その定数はUIImagePickerController.InfoKey.referenceURLなんてものに変わっている上にdeprecated(廃止を前提とした非推奨)です。iOS 11以降ではユーザの設定や状態によっては、infoにはそのキーに対する値は入っていない可能性があります。(したがって、videoULR!のような強制アンラップはやってはダメ、アプリがクラッシュする。)

3. 代わりはUIImagePickerController.InfoKey.phAsset、でも色々注意が必要

UIImagePickerController.InfoKey.referenceURLと言う定数を使おうとすると、Xcodeが「代わりにUIImagePickerController.InfoKey.phAssetを使え」(と言う意味のこと)を言ってきます。

但し、これを使うには色々と注意が必要です。

  • 使えるのはiOS 11.0以降
  • 値はURL型ではなく、PHAsset型 (URLとは色々勝手が違う)
  • Info.plistにPhoto Library使用のプライバシー設定が必要
  • アプリのどこかで、Photo Library使用の権限確認と権限要求が必要

と言うわけで、以上のようなことを踏まえてあなたのコードを書き直すとこんな感じになります。

import UIKit
import CoreServices
import Photos

class ViewController: UIViewController,
UIImagePickerControllerDelegate, UINavigationControllerDelegate {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view.
        //PhotoLibrary使用の権限確認と依頼
        if PHPhotoLibrary.authorizationStatus() != .authorized {
            PHPhotoLibrary.requestAuthorization {status in
                if status != .authorized {
                    print("not authorized")
                    //...ユーザにPhotoLibraryへのアクセス承認を促すメッセージの表示等を行う
                }
            }
        }
    }

    let imagePickerController = UIImagePickerController()

    @IBOutlet weak var imageView: UIImageView!

    @IBAction func importButton(_ sender: Any) {
        print("UIBarButtonItem。カメラロールから動画を選択")
        imagePickerController.sourceType = .photoLibrary
        imagePickerController.delegate = self
        imagePickerController.mediaTypes = [kUTTypeMovie as String]
        present(imagePickerController, animated: true, completion: nil)
    }

    func imagePickerController(_ picker: UIImagePickerController,
            didFinishPickingMediaWithInfo info: [UIImagePickerController.InfoKey : Any]) {
        if #available(iOS 11.0, *) {
            //PHAssetが取れればそれを使う
            if let asset = info[.phAsset] as? PHAsset {
                previewImage(fromVideo: asset) {image in
                    DispatchQueue.main.async {
                        self.imageView.image = image
                        self.imageView.contentMode = .scaleAspectFit
                        self.imagePickerController.dismiss(animated: true, completion: nil)
                    }
                }
                return
            }
        }
        //PHAssetが取れないときは(deprecatedでも取れるときは取れるので).referenceURLを試す
        guard let videoURL = info[.referenceURL] as? URL else { //ここで警告が出るが無視
            print(".referenceURL is nil")
            return
        }
        print(videoURL) //<-危険な強制アンラップは可能な限り避ける
        guard let image =  previewImageFromVideo(videoURL) else {
            print("previewImageFromVideo(\(videoURL)) is nil")
            return
        }
        imageView.image = image
        imageView.contentMode = .scaleAspectFit
        imagePickerController.dismiss(animated: true, completion: nil)
    }

    //ビデオのURLからサムネイル画像を作成
    func previewImageFromVideo(_ url:URL) -> UIImage? {
        print("動画からサムネイルを生成(URL)")
        let asset = AVAsset(url: url)
        let imageGenerator = AVAssetImageGenerator(asset: asset)
        imageGenerator.appliesPreferredTrackTransform = true
        var time = asset.duration
        time.value = min(time.value, 2)
        do {
            let imageRef = try imageGenerator.copyCGImage(at: time, actualTime: nil)
            return UIImage(cgImage: imageRef)
        } catch {
            print(error) //エラーを黙って捨ててしまってはいけない
            return nil
        }
    }
    //ビデオのPHAssetからサムネイル画像を作成
    func previewImage(fromVideo videoAsset: PHAsset, completion: @escaping (UIImage?)->Void) {
        print("動画からサムネイルを生成(PHAsset)")
        let manager = PHImageManager.default()
        manager.requestAVAsset(forVideo: videoAsset, options: nil) {asset, audioMix, info in
            guard let asset = asset else {
                print("asset is nil")
                return
            }
            let imageGenerator = AVAssetImageGenerator(asset: asset)
            imageGenerator.appliesPreferredTrackTransform = true
            var time = asset.duration
            time.value = min(time.value, 2)
            do {
                let imageRef = try imageGenerator.copyCGImage(at: time, actualTime: nil)
                completion(UIImage(cgImage: imageRef))
            } catch {
                print(error) //エラーを黙って捨ててしまってはいけない
                completion(nil)
            }
        }
    }
}
  • 「Info.plistにPhoto Library使用のプライバシー設定」については、わからなければネットで検索してみてください。
  • ターゲットバージョンによっては、ビルドに失敗したり、警告が出たりします。警告は無視することにして、適当にターゲットバージョンをいじってみてください。

(よくわからなければ、コメントなどでお知らせ下さい。)

Xcode 10.3でビルドし、手元のiPhone 7+ (iOS 12.3.1)で動作確認はしていますが、細かい条件等で明示できていない事柄もあるかもしれません。お試しの上、うまくいかない場合、わからない点がある場合などはお尋ね下さい。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする