0

Sony SpresensのArduinoサンプル=gnss.inoを修正して、位置測定結果をSDcardに保存して、その緯度経度をQGISにプロットした結果、以下の様な状況で、思ったより位置精度が出ていないと感じていますが、この程度なのでしょうか?

<改造点概要>
1. QZSS_L1Sを使用する様に変更。
  static enum ParamSat satType = eSatGpsQz1cQz1S;
2. pdop>5以上はデータ取得しない。

<測定場所状況>
1. 広場にて、遮蔽物が無い場所で測定。
2. Spresensは、台の上に置いて連続測定を行う。

<結果状況>
1. 測定結果のpdopは殆ど2以下。
2. 位置計算に使用している衛星数は10〜12個
3. プロット結果は、以下の様な範囲に分布する
   緯度方向: 33.123245239〜33.123268127(差分:約0.082秒)
   経度方向: 131.810440063〜131.810516357(差分:約0.274秒)
4. 仮に1秒30mとすると
緯度方向:2.5m の範囲に分布する
経度方向:8.2m の範囲に分布する
5. プロット結果を添付します。
赤は同時にiPhoneXRで測定した位置です。
 緑はSpresensの位置です。数字はpdopの値です。

画像の説明をここに入力

0

プロット図のデータ分布が等間隔で格子状に並んでいるように見えます。
これから察するに、緯度・経度の有効桁数が足りていなくて
精度が悪くなっているように見えているのではないでしょうか。
的外れでしたらすみません。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする