2

次のようなコードを実行したとき、printf()の引数リストで生成したstd::stringのデストラクタが呼び出されるのはprintfの実行が終わってから、ということでよかったでしょうか?

適当なclassを実装して試せばそのコンパイラでの動作は確かめられますが、規格で定義されているのかが気になりました。

int main(int argc, char *argv[])
{
    printf("%s %s\n", std::string("A").c_str(),  std::string("B").c_str());

    return 0;
}
5

引用はいいんよう、という話だったのでオイラの手元の言語規格書より一部引用。

この辺 move semantics の絡みがあって規格書の改版で変わっているはずの個所ですが、古くてよければ ISO/IEC 14882:1998 (C++98) および JIS X3014:2003 (C++03) ではほとんど全く同じで

12.2 Temporary objects の 3
一時オブジェクトの解体は、それを生成した時点を(字句的に)含む完結式 (1.9) の評価の最終段階で行う。

1.9 Program execution の 12
他の式の部分式となっていない式を完結式 (full-expression) と呼ぶ。

完結式 (full-expession) がわかりにくいですが、要するに「式文」の全体は完結式っす。提示例では printf() を呼んでいる式文のセミコロン位置が完結式終了位置。つまり printf() の実行が完了し、呼び出し元に復帰した後で一時オブジェクトが解体されます。提示コードは規格厳密一致ですね。

関数呼び出しの引数の評価順は未規定なので、提示例では "A""B"std::string のどっちが先に構築されるかはコンパイラによって違ってよくて、同一コンパイラでもコンパイルオプションによって違ってよくて、コンパイラベンダによって文書化される義務がありません。ただし、構築の逆順に解体されることは決まっています。

12.2 の 3 が適用されない場合は 12.2 の 4 および 5 ですが提示例に該当しないので省略(気になるのでしたら規格書お買い上げください)


追記:完結式の途中に副作用完了点がある場合でも (12.2-3) で述べてある解体は例外で、完結式(式文と読み替えてよし)の終了の時点まで遅延されます。例えば ?: のとこから引用(他の演算子のところにも明記されています)

5.16 二択条件演算子 の 1
第一の式についてのすべての副作用は、一時変数の解体 (12.2) を除き、第二の式 または 第三の式を評価する前に発生する。

  • 規格書からの引用ありがとうございます!!これが規格違反だと相当面倒だと思っていたのでよかったです。 – paruwo 9月6日 2:26

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする