0

python3とpandasを使っています。
df1,df2の2つのDataframeのうち同じIDの人物の日付を比較し、期間重複がある行のIDを取り出したいです。
実際には10万行ほどあります。

data1 = [[1, "2010-01-01", "2010-01-20"], [1, "2010-03-20", "2010-03-30"],
        [2, "2010-02-01", "2010-04-20"], [3, "2010-06-10", "2010-06-15"],
        [3, "2010-06-20", "2010-06-30"], [3, "2010-07-10", "2010-06-20"]]

data2 = [[1, "2010-01-15", "2010-01-30"], [1, "2010-04-20", "2010-04-30"],
        [2, "2010-05-01", "2010-05-10"], [2, "2010-05-20", "2010-05-25"],
        [3, "2010-02-01", "2010-02-15"], [3, "2010-06-15", "2010-06-25"]]

columns1 = ["ID", "start_date", "end_date"]

df1 = pd.DataFrame(data=data1,columns=columns)
df2 = pd.DataFrame(data=data2,columns=columns)

これをIDで比較して、下記のようなリストがほしいです。

result_list = [1,3]


result_list = []
for index,row1 in df1.iterrows():
    if not row1["ID"] in result_list:
        for index,row2 in df2.iterrows():
            if row1["ID"] == row2["ID"] and row2["start_date"] <= row1["end_date"] and row2["end_date"] >= row1["start_date"]:
                result_list.append(row1["ID"])
                break
result_list = list(set(result_list))
result_list

試行錯誤して,求める結果を得ることができましたが
効率が悪いような気がしてなりません…多重for文を書かずに済む方法はないものでしょうか.
アドバイス宜しくお願い致します.

  • 1
    1つのDataFrameの中での重複は無い前提ですか? 重複があった場合はどうしますか?(1つのDataFrame内でも重複とみなす or 2つのDataFrame間で重複しないと重複とは見なさない) – kunif 8月22日 15:15
0

For 文を pandas で使いたくない派なので、ひたすらデータフレーム処理で重複を求めていくと、次のようになると思います。

In [1]: import pandas as pd

In [2]: data1 = [[1, "2010-01-01", "2010-01-20"], [1, "2010-03-20", "2010-03-30"],
      :         [2, "2010-02-01", "2010-04-20"], [3, "2010-06-10", "2010-06-15"],
      :         [3, "2010-06-20", "2010-06-30"], [3, "2010-07-10", "2010-07-20"]]
      :
      : data2 = [[1, "2010-01-15", "2010-01-30"], [1, "2010-04-20", "2010-04-30"],
      :         [2, "2010-05-01", "2010-05-10"], [2, "2010-05-20", "2010-05-25"],
      :         [3, "2010-02-01", "2010-02-15"], [3, "2010-06-15", "2010-06-25"]]
      :
      : columns = ["ID", "start_date", "end_date"]
      :
      : df1 = pd.DataFrame(data=data1,columns=columns)
      : df2 = pd.DataFrame(data=data2,columns=columns)

In [3]: df = pd.concat([df1, df2], keys=["df1", "df2"])
      : df
Out[3]:
       ID  start_date    end_date
df1 0   1  2010-01-01  2010-01-20
    1   1  2010-03-20  2010-03-30
    2   2  2010-02-01  2010-04-20
    3   3  2010-06-10  2010-06-15
    4   3  2010-06-20  2010-06-30
    5   3  2010-07-10  2010-07-20
df2 0   1  2010-01-15  2010-01-30
    1   1  2010-04-20  2010-04-30
    2   2  2010-05-01  2010-05-10
    3   2  2010-05-20  2010-05-25
    4   3  2010-02-01  2010-02-15
    5   3  2010-06-15  2010-06-25

In [4]: stacked = df.set_index("ID", append=True).stack().to_frame()
      : stacked
Out[4]:
                              0
      ID
df1 0 1  start_date  2010-01-01
         end_date    2010-01-20
    1 1  start_date  2010-03-20
         end_date    2010-03-30
    2 2  start_date  2010-02-01
         end_date    2010-04-20
    3 3  start_date  2010-06-10
         end_date    2010-06-15
    4 3  start_date  2010-06-20
         end_date    2010-06-30
    5 3  start_date  2010-07-10
         end_date    2010-07-20
df2 0 1  start_date  2010-01-15
         end_date    2010-01-30
    1 1  start_date  2010-04-20
         end_date    2010-04-30
    2 2  start_date  2010-05-01
         end_date    2010-05-10
    3 2  start_date  2010-05-20
         end_date    2010-05-25
    4 3  start_date  2010-02-01
         end_date    2010-02-15
    5 3  start_date  2010-06-15
         end_date    2010-06-25

In [5]: ordered = stacked.reset_index(level=2).sort_values(['ID', 0])
      : ordered
Out[5]:
                  ID           0
df1 0 start_date   1  2010-01-01
df2 0 start_date   1  2010-01-15
df1 0 end_date     1  2010-01-20
df2 0 end_date     1  2010-01-30
df1 1 start_date   1  2010-03-20
      end_date     1  2010-03-30
df2 1 start_date   1  2010-04-20
      end_date     1  2010-04-30
df1 2 start_date   2  2010-02-01
      end_date     2  2010-04-20
df2 2 start_date   2  2010-05-01
      end_date     2  2010-05-10
    3 start_date   2  2010-05-20
      end_date     2  2010-05-25
    4 start_date   3  2010-02-01
      end_date     3  2010-02-15
df1 3 start_date   3  2010-06-10
      end_date     3  2010-06-15
df2 5 start_date   3  2010-06-15
df1 4 start_date   3  2010-06-20
df2 5 end_date     3  2010-06-25
df1 4 end_date     3  2010-06-30
    5 start_date   3  2010-07-10
      end_date     3  2010-07-20

In [14]: seq_df = ordered[["ID"]].reset_index()[["level_2", "ID"]].pipe(
       :     lambda df:
       :     df.assign(
       :         prev_level_2=df.groupby("ID").shift()
       :     )
       : )
       : seq_df
Out[14]:
       level_2  ID prev_level_2
0   start_date   1          NaN
1   start_date   1   start_date
2     end_date   1   start_date
3     end_date   1     end_date
4   start_date   1     end_date
5     end_date   1   start_date
6   start_date   1     end_date
7     end_date   1   start_date
8   start_date   2          NaN
9     end_date   2   start_date
10  start_date   2     end_date
11    end_date   2   start_date
12  start_date   2     end_date
13    end_date   2   start_date
14  start_date   3          NaN
15    end_date   3   start_date
16  start_date   3     end_date
17    end_date   3   start_date
18  start_date   3     end_date
19  start_date   3   start_date
20    end_date   3   start_date
21    end_date   3     end_date
22  start_date   3     end_date
23    end_date   3   start_date

In [15]: overlap_df = seq_df.pipe(
       :     lambda df:
       :     df[df["level_2"] == df["prev_level_2"]]
       : )
       : overlap_df
Out[15]:
       level_2  ID prev_level_2
1   start_date   1   start_date
3     end_date   1     end_date
19  start_date   3   start_date
21    end_date   3     end_date

In [16]: overlap_df["ID"].unique()
Out[16]: array([1, 3])
0

再検討:
その後、高速化の記事など眺めながら考えていて、「多重for文を書かない」というか、それに類似するであろう「ループを書かない」前提条件を思いっきり無視し、かつ全然簡潔では無い内容ですが、頭の体操みたいなものとして、高速化は出来るだろう処理を作ってみました。

こんな考え方にしています。

・データはIDを1番目、start_dateを2番目のキーとしてソート済みであることを前提にする
・1つのDataFrameの中では重複は無いものとする
・メインの処理では pandas は使わず、Python基本のリストを使う
IDstart_date, end_dateの範囲をチェックし、不要な範囲での重複検出ループを回さない

チェック前のデータを(csv等で?)作成する時点であらかじめソートしておくくらいは前提として許されるのでは?
一応以下の2行を呼び出せば出来ますが、それはそれで時間とメモリがかかるので。
プロファイラではかると、約 4.5ms, 0.406MiB 程度かかっていました。

df1 = df1.sort_values(['ID','start_date'])
df2 = df2.sort_values(['ID','start_date'])

そして以下が重複検出処理です。以下の全部で、約 1ms弱, 0.078MiB 程度かかっていました。

# pandas DataFrame から Python基本のリストへ
#
df1limit = len(df1)
df2limit = len(df2)
df1ID = df1['ID'].tolist()
df1start = df1['start_date'].tolist()
df1end = df1['end_date'].tolist()
df2ID = df2['ID'].tolist()
df2start = df2['start_date'].tolist()
df2end = df2['end_date'].tolist()

# メインの重複検出処理
#
result_list = []
df1index = 0
df2index = 0
while df1index < df1limit:
  CurrentID = df1ID[df1index]

  # df1 と df2 で比較開始時の'ID'が同じになるようにリストのインデックスを調整
  #
  df2IDFounded = False
  while df2index < df2limit:
    if CurrentID > df2ID[df2index]:  # df2 の方の'ID'が小さいので読み飛ばし
      df2index += 1
    else:
      if CurrentID == df2ID[df2index]:
        df2IDFounded = True
      break
  else:
    break  # df2 が終わったので検出処理終了

  if not df2IDFounded:  # df1 と同じ'ID'が df2 に無ければ、df1 の'ID'を読み飛ばす
    while df1index < df1limit and CurrentID == df1ID[df1index]:
      df1index += 1
    continue

  # 日付比較して重複検出する処理
  #
  df2compareTop = df2index  # df2 の同じ'ID'の先頭インデックスをセーブ
  DuplicateFounded = False  # 重複検出フラグクリア

  while df1index < df1limit and CurrentID == df1ID[df1index]:  # df1 の'ID'が同じ間はループ
    StartDate1 = df1start[df1index]  # df1 の比較用日付をリストから取得(少しでも時間短縮)
    EndDate1 = df1end[df1index]      #   〃
    df2index = df2compareTop         # df2 の同じ'ID'の先頭インデックスをリストア

    while df2index < df2limit and CurrentID == df2ID[df2index]:  # df2 の'ID'が同じ間はループ
      if df2start[df2index] <= EndDate1 and df2end[df2index] >= StartDate1:  # 重複検出の比較処理
        result_list.append(CurrentID)  # 重複検出したのでリストへ追加
        DuplicateFounded = True        # 重複検出フラグ設定してループ終了
        break
      elif df2start[df2index] > EndDate1:  # これ以後は重複しないのでループ終了
        break
      else:
        df2index += 1     # df2 の同じ'ID'の次のデータへ
    #
    # df2 との重複検出処理ループの底

    df1index += 1
    if DuplicateFounded:  # 重複検出したのでループ終了して次の'ID'へ
      break
  #
  # df1 の同一'ID'での重複検出処理ループの底

  while df1index < df1limit and CurrentID == df1ID[df1index]:  # df1 の次の'ID'のまで読み飛ばし
    df1index += 1
  while df2index < df2limit and CurrentID == df2ID[df2index]:  # df2 の次の'ID'のまで読み飛ばし
    df2index += 1

# 全部の重複検出処理ループの底

print(result_list)  # 重複'ID'リスト表示

コメントで聞いておいて答えも待たずに書いてしまいます。
かえって効率が悪いかもだったり、forのネストが深かったりしますが、一応両方思いついたので。

ちなみに、質問記事ソースコードのdata1の最後[3, "2010-07-10", "2010-06-20"]の終了期日は、おそらく"2010-07-20"の書き間違いでしょう。
そしてcolumns1 = ["ID", "start_date", "end_date"]の変数名も数字の付かないcolumnsの書き間違いでしょうね。


「1つのDataFrame内でも重複とみなす」 方法
参考記事
pandas Timestampとdate_rangeの使い方
Python pandas 図でみる データ連結 / 結合処理
pandas.DataFrame, Seriesの重複した行を抽出・削除

あまり洗練されては無さそうな強引な方法です。
ただ、必要ならば全ての重複期間のデータを取得することも出来ます。

  • 両方のDataFrameを混ぜてしまう
  • 'ID' でグルーピングし、以下を ID 毎に処理する
  • 該当期間の1日を1件としてDataFrameに展開して連結する
  • pandasの機能を使って1行で重複のチェックと重複件数取得(件数自身には意味なし)
  • 重複があれば続けて結果リストにIDを追加する処理が行われる
  • 重複が無い場合は例外になってID追加処理が行われないのを利用する、例外は無視する

以下の様な処理になります。

df3 = pd.concat([df1,df2], ignore_index=True)

result_list = []
for ID, grp in df3.groupby('ID'):
  arr = []
  for index, item in grp.iterrows():
    arr.append(pd.DataFrame(pd.date_range(start=item['start_date'], end=item['end_date'])))

  arr = pd.concat(arr, ignore_index=True)
  try:
    dup = arr.duplicated().value_counts()[True]
    result_list.append(ID)
  except:
    pass

print(result_list)

「2つのDataFrame間で重複しないと重複とは見なさない」 方法
参考記事
日付期間の重複チェック
2つの期間が重なり合うかどうかを判定する。
Pythonで多重ループ(ネストしたforループ)からbreak

for のネストは深くなりますが、1件毎のID比較が省略されるので少しは効率が上がるかも。

  • DataFrame1を'ID' でグルーピングし、以下を ID 毎に処理する
  • DataFrame2から同じ ID のデータを抽出する
  • DataFrame1の各データを中間ループ、同IDで抽出したDataFrame2のデータを内側ループとし、参考記事の方法で重複チェック
  • 重複があれば結果リストにID追加処理を行い、中間ループもbreakして次のIDの処理に行く

以下になります。

result_list = []
for ID, grp1 in df1.groupby('ID'):
  grp2 = df2[df2['ID'] == ID]
  for index1, item1 in grp1.iterrows():
    start1 = item1['start_date']
    end1   = item1['end_date']
    for index2, item2 in grp2.iterrows():
      if item2['start_date'] <= end1 and start1 <= item2['end_date']:
        result_list.append(ID)
        break
    else:
      continue
    break

print(result_list)

@Yuki Inoueさんの冒頭を見て「pandas for 遅い」で検索したら、たしかに色々あるようで、そういう主義にもなりますね。
メモ兼用として参考に置いておきます。
pandas.DataFrame のforループをゆるふわ△改良して300倍高速化する
うわっ…私のpandas、遅すぎ…?って時にやるべきこと(先人の知恵より)
pandasで1000万件のデータの前処理を高速にするTips集
pandasで複数カラムを参照して高速に1行1行値を調整する際のメモ
pandas いかたこのたこつぼ / PandasのDataFrameのappendの高速化
python – Pandas:遅い日付変換 / 遅いpandasのread_csvを高速化する方法(dask)
今すぐ使えるpandas高速化テクニック / Pandasでforループを回して処理する方法と注意点
Pythonの高速化のまとめ Ver.1 / 開発者がビッグデータ分析にPythonを使う時によくやる間違い
ISOに従っていないデータをpandas.to_datetime()すると500倍以上遅くなる可能性がある話とその対策


追記:&訂正
実は性能は質問の処理が一番早かったですね。
あくまで質問のデータ件数・内容の条件です。10万件ならば全然変わるでしょう。
計測の仕方を間違えていたので数値を訂正

所要時間
質問:4.7ms前後, @kunif-1:20~21ms, @kunif-2:8ms前後, @Yuki Inoue:17.7ms前後 でした。

Python プログラムの実行パフォーマンスを計測する の「行ごとの処理時間を取得する」で、df1,df2を作成した後の処理部分を計測

メモリ使用増加量
質問:0.110MiB, @kunif-1:0.773MiB, @kunif-2:0.370~0.430MiB, @Yuki Inoue:0.797~0.812MiB でした。

同じ記事の「メモリの使用量を調べる」のmemory_profilerを使って、同様にdf1,df2を作成した後の処理部分を計測

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする