0

https://www.google.com/search?q=laravel+429+throttle

Laravel はデフォルトで同一IPからの1分あたりの接続数を制限する機能があって
それをこえると 429 too many attempts を返すようなのです

どの記事も対策として throttle をひきあげろとかいていて

app/Http/Kernel.php

'api' => [
   'throttle:4000,1',
   'bindings',
 ],

のところを 60 だったのを 600 => 1000 => 4000 と段階的にあげてデプロイしたんですが
依然として 429 が出続けます

これまでは正確に数えたわけではないのですが 1000 までは認識されてる(429の頻度が減った)
感じがする(少なくとも 60 => 600 の時点では確実に減った)のですが
分間 4000 件のアクセスは確実にしていないのに依然として 429 がでてくるので
設定値に上限があったりするのでしょうか?

sudo cat /var/log/nginx/access.log | grep '" 429' -B 4000 | grep xxx.xxx.xxx.xxx

で 429 を出してから同一IPのログを調べてみたんですが

ログの行数 タイムスタンプ           ステータス
0        [21/Aug/2019:00:11:46 +0000] 200
325      [21/Aug/2019:00:12:04 +0000] 200
326      [21/Aug/2019:00:12:04 +0000] 429
599      [21/Aug/2019:00:12:46 +0000] 429

このようになっていて 12:46 が最後の 429 だったのでこのタイミングでリセットされたんだろうということで
1 分前 11:46 からのカウントをはじめて 325 件のところで 429 が出始めて
1 分たった 600件のところで 429 がとまった(429 が 274 件でた)という感じです

ちなみにこのAPIサーバーは内向きで
外向きのAPIサーバー6台から(+ヘルスチェックがごく小数回)のみ接続をうけていて
429が出るときは常に同じIPに対してのみなので6台の合計というわけでもなさそうです

サーバー内のソースもきちんと 4000 になって反映されてるし
nginx も何度も再起動してマスタープロセス起動時間もデプロイ後の時間になってます

4000 には程遠い件数で 429 が出始めるのはなぜなんでしょうか

  • LaravelですとレスポンスヘッダーにX-RateLimit-LimitとX-RateLimit-Remainingが返ってくると思います。こちらの数字はどうなっていますか? – keitaro_so 19年8月21日 4:41
  • 内向けAPIではなく公開されてるAPI側で見ないといけないですよね 現在ヘッダ情報のログは残していないのでデバッグをうめこんで本番にデプロイしていいか相談してみます – KTI 19年8月21日 5:23
  • 長く返事ができていなくて申し訳ありません。サーバー内にはいたログは自分の権限で見ることができず、該当のログのみをS3に保存して見るならいいといわれたんですがなかなか実現できずに時間がかかっているのでもう少しお待ち下さい。 – KTI 19年9月9日 3:11

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする