3

いくつかのOSSのREADMEのcontributingセクションを読むと、以下のような手順でプルリクを送るように書かれていることが多いことに気がつきました。

  1. フォーク
  2. 新しいブランチを追加
  3. コードを書く
  4. プルリクエストを送る

フォークではなく、クローンではダメなのでしょうか。
新しいブランチを追加せずに、masterブランチを直接編集するのはダメなのでしょうか。
多分ダメなのでしょうが、なぜダメなのか理由を教えてください。

4

自分用のリモートリポジトリが無いと、自分のローカルへクローンしたリポジトリに増やしたコミットをどこのリモートリポジトリへ git push するのかという問題が起こります。オリジナルのリポジトリへのプッシュは通常できません。このため、オリジナルをフォークして自分用リモートリポジトリを作り、そこへ一度 git push し、オリジナルへマージしてもらうリクエストを出します。

また、master ブランチにはできる限り常に「動くもの」を置いておきたいという理念に沿うと、作業は新しいブランチで行うのが自然です。他にも新しいブランチで作業しないと困ることはいくつかあって、たとえば複数のプルリクエストを同時に書きたくなった場合 master ブランチで作業していると困ります。

今回の方法は GitHub flow と呼ばれている手法です。この言葉で調べるともう少し具体的なイメージが掴めるかと思います。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする