0

Windows Subsystem for Linux(Ubuntu 18.04 LTS)でSony Spresenseへの「1.5.バイナリイメージのロード」ができません.

Spresense公式サイトのセットアップ手順 を参考に,

  1. SpresenseをUSB経由でPCに接続
  2. Windowsデバイスマネージャー側で認識確認(Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge(COM7))
  3. Windows Subsystem for Linux(Ubuntu 18.04 LTS)にて「dmesg | grep "cp21.*attached"」コマンドを実行

したところ,デバイスが見えません.他のPCでも同様に試しましたが,結果は変わりませんでした.また予備のボードでも試しましたが.Windowsデバイスマネージャー側で認識できていることから,ボードは壊れていないと考えており,ソフト側の問題と思っております.

また,Windows環境(MSYS2 MSYS)でも同様に試してみましたが,

  1. SpresenseをUSB経由でPCに接続
  2. Windowsデバイスマネージャー側で認識確認(Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge(COM7))
  3. MYSY2 MSYSにて「tools/flash.sh -c /dev/ttyUSB7 nuttx.spk」を実行
     → could not open port 'C:/msys64/dev/ttyUSB7':   
    FileNotFoundError(2, '▒w▒肳▒ꂽ▒t▒@▒C▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒܂▒▒▒B', None, 2)
    Cannot open port : C:/msys64/dev/ttyUSB7

となり,こちらも上手くいきません.

上記の通り,デバイスが認識できない原因が分からず困っています.
何方かお力添えいただけますと幸いです.
宜しくお願いいたします.

  • 一つ確認させていただきますが、USB コードは本体側につないでいますか❓ – Okamoto Akito 8月25日 3:56
0

ソニーのSPRESENSEサポート担当です。

Windows Subsystem for Linux(以下WSL)の場合ネイティブのUbuntuと同様の方法で
デバイスを検索できません。
WSL上でのシリアルポートは、COMポートの番号と対応付けられており、

 COMX = /dev/ttySX

と置き換えていただければシリアルポートを使用できます。

Windows上でポートが COM7 の場合、WSLでは

 /dev/ttyS7

になりますので、

$ tools/flash.sh -c /dev/ttyS7 nuttx.spk

でロードすることができます。

また、MSYS2上ではCOMポート番号がそのまま利用でき、下記のコマンドでロードできます。

$ tools/flash.sh -c COM7 nuttx.spk

今後ともSPRESENSEをどうぞよろしくお願いいたします。

SPRESENSEサポートチーム

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする