2

Ractive.jsを使用しています。

ボタンのクリックで非同期処理を開始するので、二度押し防止のためにdisabledにしたいのですが、Ractive.jsではどのようにdisabledにするのが王道パターンなのでしょうか?

サンプルHTML

<script id="myTemplate" type="text/ractive">
    <button on-click="login">Log in</button>
</script>

これに対するJavaScript

var ractive = new Ractive({
    el : '#container',
    template : '#myTemplate',
}).on('login', function(e) {
    // ボタンが押された時の処理
    // 押されたボタンをdisabledにしたい
    // idを付けて、$('#loginButton').attr('disabled','disabled');
    // は、何か違う気がする。。。
});
2

Ractive.js は Virtual DOM ですので DOM に対する操作は、すべて data/ractive.set() 経由でやるのが正しいです。

そのため HTML では、以下のように変数 processingLogin を新設して、そのまま disabled 属性に繋ぎます。

<div id="container"></div>
<script id="myTemplate" type="text/ractive">
    <button on-click="login" disabled="{{processingLogin}}">Log in</button>
</script>

JavaScript のほうでは以下のように login イベントを受けて、processingLogin に対して settrue を設定するようにします。なお、この例では2秒後に自動的に false に戻すようにしました。

var ractive = new Ractive({
    el : '#container',
    template : '#myTemplate',
}).on('login', function(e) {
    var r = this;
    this.set('processingLogin', true);
    setTimeout(function() {
        r.set('processingLogin', false);
    }, 2000);
});

上記のコードは How to disable button on Ractive.js で試せます。

どうしても DOM 操作を自分でやりたい場合は、このケースでは e.node にイベント発生源となった DOM ノードが格納されているので、それを利用すると良いでしょう。またどうしても DOM クエリーを行いたいならば、 jQuery ではなくて ractive.find() を使うと、Ractive.js に閉じることができて、より良いと考えられます。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする