1

環境

  • Python 3.7
  • tox 3.13

背景

以下のツールを利用して、Pythonのパッケージを作成しています。

上記のツールの設定情報は、可能な限り1つのファイルにまとめて記載したいです。
Pylintとflake8の設定情報が互いに依存しているためです。例えば、「flake8では1行の文字数をチェックするから、pylintでは1行の文字数をチェックしない」などです。

Formatter, Lintterの設定

toxパッケージのtox.iniには、flake8の設定情報が記載されています。

[flake8]
max-complexity = 22
max-line-length = 99
ignore = E203, W503, C901, E402, B011

私はこれに倣って、tox.iniにFormatter, Lintterの設定情報を記載しようとしました。
しかし、yapfだけはtox.iniに記載した設定情報を読み込めません。コマンドライン引数で設定ファイルを指定できず、デフォルトではtox.iniを読み込まないためです。
setup.cfgに記載した設定情報は読み込めます。
https://github.com/google/yapf#id7

また、pandasではsetup.cfgにflake8, yapfの設定情報が記載されていました。
※tox.iniは存在しない

以上のことから私は、Formatter, Linterの設定情報はsetup.cfgに書いた方が良いと思いました。

質問

Formatter, Linterの設定は、setup.cfgtox.iniどちらに記載すればよいですか?

また、setup.cfgtox.iniはどう使い分ければよいですか?

3

setup.cfg を参照するか tox.ini を参照するか、あるいは別のファイル .pylintrcpytest.ini を参照するかは、各ライブラリによって任されています。

このため、それぞれのライブラリの組み合わせ次第では、「どちらを使えば良いか」ではなく「両方使う必要がある」かもしれません。

今後は pyproject.toml に集約されていくのかもしれませんが、 flake8 等の一部のライブラリは現状 pyproject.toml 未対応ですし、逆に towncrier などの一部のライブラリは最新版では pyproject.toml しか参照しないものもあります。

仕方がないので、今は過渡期だとあきらめて、自分が便利そうだと思うファイルに書くのがよさそうです。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする