1

kerasで全結合ニューラルネットの回帰モデルを組んでいます(入力は10次元で出力が1次元)。
また, 損失関数には平均二乗誤差を用いています。

誤差に対する入力の勾配(誤差をL, 入力をxとしたときの dL/dx)を知りたいのですが, kerasでそれを実現できるのでしょうか?

| この質問を改善する | |
1

同様の質問は以下かと思います。
https://stackoverflow.com/questions/53649837/how-to-compute-loss-gradient-w-r-t-to-model-inputs-in-a-keras-model

これによると backend functions を使えというようなことが記載されていました。
backend functions については以下に記載がありました。

https://keras.io/backend/#using-the-abstract-keras-backend-to-write-new-code

これによると keras には abstract Keras backend API というものがありこれを通してバックエンドの関数を呼び出せるようです。
tensorflow をバックエンドとしているならこのAPIを使用することにより、直接 tensorflow の関数を呼び出せるということだと思います。
この API を Backend functions と呼ぶのだと思います。

Backend functions の一覧は以下に記載されています。
https://keras.io/backend/#backend-functions

この中に

gradients

keras.backend.gradients(loss, variables)
Returns the gradients of loss w.r.t. variables.

Arguments

loss: Scalar tensor to minimize.
variables: List of variables.

Returns

A gradients tensor.

というものがありますので、これを使用すればよいかと思います。
解決いたしましたら、後学のためサンプルコードをあげていただくと幸いです。

| この回答を改善する | |
1

頂いた回答を参考に解決できました.
直接誤差に対する勾配は得られなかったのですが, 以下の様にして対処できます

  1. 入力の出力に対する勾配を得る
  2. 出力の誤差関数に対する勾配を得る
    今回は回帰モデルであり誤差関数にMSEを使用しています.
    したがってこの例では2*(モデルの出力-真の出力)となります
import keras
import keras.backend as K
    model = keras.models.load_model("model_path")

    get_grad = K.gradients(model.output, model.input)
    sess = K.get_session()

    grad_out = sess.run(get_grad[0], feed_dict={model.input: input_x})
    # d output / d input

    pred = model.predict(input_x)
    grad_loss = 2 * (pred - true_out).reshape(-1, 1) * grad_out
    # d loss / d input
| この回答を改善する | |
0

MNISTの分類モデル(CNN)に対して,入力データのGradientは,以下のようにして計算できます.

import numpy as np
import tensorflow as tf

import keras
import keras.backend as K
import numpy as np
from keras.datasets import mnist

# Load MNIST dataset
(x_train, y_train), (x_test, y_test) = mnist.load_data()
del mnist

# Min-Max Normalization
x_train = x_train.astype('float32') / 255.
x_test = x_test.astype('float32') / 255.
x_train = x_train.reshape((len(x_train), np.prod(x_train.shape[1:])))
x_test = x_test.reshape((len(x_test), np.prod(x_test.shape[1:])))
# Ohe-Hot encoding
y_train = keras.utils.np_utils.to_categorical(y_train) 
y_test  = keras.utils.np_utils.to_categorical(y_test) 

# ==================================

model = keras.models.load_model('model_v0.h5', compile=False)

idx = 0
x_true = x_train[idx].reshape(1, 28, 28)
y_true = y_train[idx].reshape(1, 10)
y_pred = model.output

loss = tf.keras.losses.categorical_crossentropy(y_true, y_pred)

get_grad = K.gradients(loss, model.input)

sess = K.get_session()
grad = sess.run(get_grad[0], feed_dict={model.input: x_true})
# grad: d loss / d input

# ==================================

また,取得したGradientの直積を計算すればHessian行列が取得できます.

grad = grad.flatten()
hessian = np.outer(grad, grad)
| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする