1

質問
・このファイルは何をやっているのですか?
・削除もしくはコメントアウトしても良いですか?
・実行しないようコメントアウトする場合は、どこをコメントアウトすれば良いですか?


質問経緯
・cronのログを確認したら、1時間に1回定期的に実行している処理がありました
・設定した覚えはないため、必要がないのであれば実行しないようにしたい

$ sudo less /var/log/cron
May 22 04:49:02 xxxx CROND[26023]: (root) CMD (run-parts /etc/cron.hourly)
May 22 04:49:02 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26023]: starting 0anacron
May 22 04:49:02 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26032]: finished 0anacron
May 22 04:49:02 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26023]: starting 0yum-hourly.cron
May 22 04:49:02 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26038]: finished 0yum-hourly.cron
May 22 05:49:03 xxxx CROND[26159]: (root) CMD (run-parts /etc/cron.hourly)
May 22 05:49:03 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26159]: starting 0anacron
May 22 05:49:04 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26168]: finished 0anacron
May 22 05:49:04 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26159]: starting 0yum-hourly.cron
May 22 05:49:04 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26174]: finished 0yum-hourly.cron
May 22 06:49:03 xxxx CROND[26792]: (root) CMD (run-parts /etc/cron.hourly)
May 22 06:49:03 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26792]: starting 0anacron
May 22 06:49:03 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26801]: finished 0anacron
May 22 06:49:03 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26792]: starting 0yum-hourly.cron
May 22 06:49:03 xxxx run-parts(/etc/cron.hourly)[26807]: finished 0yum-hourly.cron

試したこと1
・呼び出し箇所と思われる箇所を調べましたが、分かりませんでした

$ less /etc/crontab
SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
# MAILTO=root


# For details see man 4 crontabs

# Example of job definition:
# .---------------- minute (0 - 59)
# |  .------------- hour (0 - 23)
# |  |  .---------- day of month (1 - 31)
# |  |  |  .------- month (1 - 12) OR jan,feb,mar,apr ...
# |  |  |  |  .---- day of week (0 - 6) (Sunday=0 or 7) OR sun,mon,tue,wed,thu,fri,sat
# |  |  |  |  |
# *  *  *  *  * user-name  command to be executed

試したこと2
・ファイル場所の確認

$ ls -l /etc/cron.hourly
合計 8
-rwxr-xr-x. 1 root root 392  4月  1  2016 0anacron
-rwxr-xr-x. 1 root root 362 12月  4  2015 0yum-hourly.cron

試したこと3
・ファイル中身の確認

・/etc/cron.hourly/0anacron
・今日0anacronが実行されたかどうかを確認している? 1時間おきに? 何のために?

$ less /etc/cron.hourly/0anacron
#!/bin/sh
# Check whether 0anacron was run today already
if test -r /var/spool/anacron/cron.daily; then
    day=`cat /var/spool/anacron/cron.daily`
fi
if [ `date +%Y%m%d` = "$day" ]; then
    exit 0;
fi

# Do not run jobs when on battery power
if test -x /usr/bin/on_ac_power; then
    /usr/bin/on_ac_power >/dev/null 2>&1
    if test $? -eq 1; then
    exit 0
    fi
fi
/usr/sbin/anacron -s

・/etc/cron.hourly/0yum-hourly.cron
・「このフラグ」は何を指していますか?

$ less /etc/cron.hourly/0yum-hourly.cron 
#!/bin/bash

# Only run if this flag is set. The flag is created by the yum-cron init
# script when the service is started -- this allows one to use chkconfig and
# the standard "service stop|start" commands to enable or disable yum-cron.
if [[ ! -f /var/lock/subsys/yum-cron ]]; then
  exit 0
fi

# Action!
exec /usr/sbin/yum-cron /etc/yum/yum-cron-hourly.conf

試したこと4
・rpmコマンドの-fオプションで対象ファイルがどのパッケージに属するものか確認

$ rpm -qf /etc/cron.hourly/0anacron 
cronie-anacron-1.4.11-14.el7_2.1.x86_64

$ rpm -qf /etc/cron.hourly/0yum-hourly.cron 
yum-3.4.3-132.el7.centos.0.1.noarch

試したこと5
・rpmコマンドの-iオプションでパッケージの説明(概要)を確認
・cronie-anacron

$ rpm -qi cronie-anacron
Name        : cronie-anacron
Version     : 1.4.11
Release     : 14.el7_2.1
Architecture: x86_64
Install Date: 2016年09月14日 10時19分25秒
Group       : System Environment/Base
Size        : 41587
License     : MIT and BSD and ISC and GPLv2+
Signature   : RSA/SHA256, 2016年04月01日 05時00分11秒, Key ID 24c6a8a7f4a80eb5
Source RPM  : cronie-1.4.11-14.el7_2.1.src.rpm
Build Date  : 2016年04月01日 00時09分48秒
Build Host  : worker1.bsys.centos.org
Relocations : (not relocatable)
Packager    : CentOS BuildSystem <http://bugs.centos.org>
Vendor      : CentOS
URL         : https://fedorahosted.org/cronie
Summary     : Utility for running regular jobs
Description :
Anacron is part of cronie that is used for running jobs with regular
periodicity which do not have exact time of day of execution.

The default settings of anacron execute the daily, weekly, and monthly
jobs, but anacron allows setting arbitrary periodicity of jobs.

Using anacron allows running the periodic jobs even if the system is often
powered off and it also allows randomizing the time of the job execution
for better utilization of resources shared among multiple systems.

・yum

$ rpm -qi yum
Name        : yum
Version     : 3.4.3
Release     : 132.el7.centos.0.1
Architecture: noarch
Install Date: 2016年09月14日 10時19分11秒
Group       : System Environment/Base
Size        : 5761223
License     : GPLv2+
Signature   : RSA/SHA256, 2015年12月04日 00時39分58秒, Key ID 24c6a8a7f4a80eb5
Source RPM  : yum-3.4.3-132.el7.centos.0.1.src.rpm
Build Date  : 2015年12月04日 00時33分42秒
Build Host  : worker1.bsys.centos.org
Relocations : (not relocatable)
Packager    : CentOS BuildSystem <http://bugs.centos.org>
Vendor      : CentOS
URL         : http://yum.baseurl.org/
Summary     : RPM package installer/updater/manager
Description :
Yum is a utility that can check for and automatically download and
install updated RPM packages. Dependencies are obtained and downloaded
automatically, prompting the user for permission as necessary.
7

短い答え
anacronyum update が起動されているログです。標準機能ですし削除しないほうが良いでしょう。

長い答え
cron は「きっちりこの時間に」実処理を起動する daemon です。
anacron とは「だいたいこの時間帯中 (例: 02:00-07:00) に1回だけ実処理をする」という曖昧な時間指定による定期処理を行うツールです。 anacroncron から定期的に(1時間に1回)起動される、非 daemon です。 anacron は起動されると、指定ジョブの前提条件を満たしているかをチェックし、ジョブを起動したり何もせず終了したりします。

よって /var/log/cron にもきっちり1時間に1回 anacron が起動されている様子が記録されています。

cron を使うと、サーバが忙しかろうが暇だろうが該当時間になるとジョブが起動されます。つまり下手をこくとジョブが複数重なって超絶重い、というのはよくあります。

anacron を使うと指定時間帯内でサーバが忙しくないタイミングに update の有無を確認するとかが可能となっていて、より柔軟に運用ができるとされています。

あなたが設定した覚えがないのに起動されているのは標準機能だからです。標準機能を停止させたいなら、それによる利害関係を理解したうえで行ってください。

/etc/cron.hourly/0yum-hourly.cron のフラグ

/var/lock/subsys/yum-cron というファイルの有無がフラグとなっています。ファイルが無いとき yum-cron は起動されません(つまり定期的な更新チェックを行いません)ファイルがあると定期的更新チェックを行います。

サーバー機を運用していくにあたっては
勝手にパッケージ更新したりしないほうが良いという意見と
直ちにセキュリティパッチを当てるべきだろうという意見が分かれるところで
その辺を設定できるようになっています。

3

774RR さんの回答の補足として、従来のcronだとタスクを設定した時間にシステム(マシン)が起動していない場合、当然設定したタスクも実行されません。(=システムが24時間稼働しているのが前提)

一方でanacronはタスクが実行できなかった場合でも、再実行する仕組みがあります。
/etc/cron.hourly/0anacronで定期的にチェックしているのもこのためでしょう。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする