0

カメラモジュールでPreviewを取得して、じゃんけんの手判定を行うプログラムを実装しています。
Arduino IDEのサンプルスケッチ(camera, number_recognition)と、NNCのサンプルプロジェクト(hand-sign)を組み合わせています。
Previewをクリップ&リサイズし、グレースケールに変換してモデルに読み込ませており、グーとパーは認識できるのですが、チョキが認識できません。

Preview取得のカメラ設定は以下の通りです。
・5fps
・CAM_WHITE_BALANCE_INCANDESCENT
・CAM_IMAGE_PIX_FMT_YUV422 -> GRAYに変換
・320*240 -> 中央224*224を28*28にクリップ&リサイズ

撮影時はカメラを白いデスク天板20cm上に固定して、室内照明(LED)+カメラ付近からiPhoneのライトを使用しています。

またカメラ映像を確認したいのですが、Previewの出力方法も併せて知りたいです。

この設定でチョキが認識できない原因について、ご意見よろしくお願いいたします。

1

認識結果は学習に使ったデータセットと、設計したニューラルネットワークに依存するので原因を特定するのは難しいですね。例えば、LeNetのような”畳み込みニューラルネットワーク”と、お使いの環境で取得した ”グー”、”チョキ”、”パー” の十分な量の学習用データがあれば、認識率は自ずと向上していくと思います。

LeNet は、Neural Network Console にサンプルプロジェクトがあるので参考にしてください。

また、
GitHubからSpresense SDKを取得したが、dnnrt_hand_signが含まれていない ですでに回答しましたが、次のURLにハンドサインのスケッチがあります。

https://github.com/takayoshi-k/algyan_spresense_ai_hands_on/releases/download/tmp_version/rps_sample.zip

Preview については、上記の圧縮ファイル内にLCDのドライバがありますので流用できると思います。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする