1

背景

Pipenvを勉強しています。

以下のサイトには、次のように書かれれていますが、意味が分かりませんでした。

Pipenvに編集可能なパスとしてインストールするよう指示できます — この機能は、パッケージの開発作業をしているときに、現在の作業ディレクトリを指すのに便利なことが多いです:

$ pipenv install --dev -e .

$ cat Pipfile
...
[dev-packages]
"e1839a8" = {path = ".", editable = true}
...

https://pipenv-ja.readthedocs.io/ja/translate-ja/basics.html#editable-dependencies-e-g-e

質問

上記の説明は、どのような意味でしょうか?

  • 「編集可能なパス」とは何か?
  • 「パス」は何のパスか?
  • 「パス」は編集できるものなのか?
  • 「現在の作業ディレクトリを指すのに便利な」ときは、いつか?

英語サイトも確認しましたが、分かりませんでした。

You can tell Pipenv to install a path as editable — often this is useful for the current working directory when working on packages:

分かっていること

setup.pyとPipfileの両方を使うとき、Pipfileに{path = ".", editable = true}を書く必要があることは、知っています。
以下のサイトを参考にしました。
https://qiita.com/tonluqclml/items/b09f4a5ed04ebcbd0af1
https://github.com/kennethreitz/requests/blob/master/Pipfile

pip installできるようsetup.pyのinstall_packageに必要な依存パッケージを書いて、それをPipfileが参照できるようにするため」だという認識です。

3

私も勉強中ですが、以下のようなことだと思います。

  • 「編集可能なパス」ではなく、「指定されたパス」にあるファイル/パッケージは「編集される可能性があるものとして扱う」の方が相応しいのだと思われます。
  • 「パス」は「開発しようとしているパッケージのルートフォルダ」だったり、「GitHub等のリポジトリ」だったりするでしょう。
    pipenvのバージョン管理システムについての但し書き等を参照
  • 「パス」自身も編集はできると思われます。
  • 「現在の作業ディレクトリを指すのに便利な」ときは、「開発を始めるとき」とか、「パッケージとしてまとめる作業を始めるとき」と思われます。

以下に「pipenv は pip + virtualenvの統合」という記事があり、後に紹介している pip の情報が、pipenv にも当てはまると思われます。

2019年に向けてPythonのモダンな開発環境について考える

setup.py との併用
Pipenv は基本的に pip + virtualenv を統合したツールであり、setuptools のレイヤーを置き換えるツールではありません(重要)
。 アプリケーションでなくライブラリを書く場合やパッケージを wheel 形式で配布したい場合など、setuptools の機能が必要な場面では引き続き setup.py を書く必要があります。

「実行に必要なパッケージは setup.py で管理し、開発に必要なパッケージは Pipfile で管理する」 という方法でパッケージを管理する例です。 これは Pipenv 自身の setup.py と Pipfile で採用されている手法です。

まず、dev-package として自身 (.) を追加し、setup.py で extras_require の dev として指定していた内容を Pipfile に移動させます。

PIPENV_VENV_IN_PROJECT=true pipenv install -de .  # 自身を dev-packages として追加(-e: --editable)
pipenv install -d 'pytest>=3' coverage tox sphinx     # その他 dev-packages を追加

Pipfile は以下のようになります。

[packages]

[dev-packages]
python-boilerplate = {editable = true, path = "."}
pytest = ">=3"
coverage = "*"
tox = "*"
sphinx = "*"

開発者は常に pipenv install -d で開発環境を作成し、その仮想環境を使って開発します。 setup.py に書かれている実行に必要な依存パッケージ (install_requires) を変更した場合は pipenv update -d コマンドを実行すると Pipfile.lock と virtualenv 環境にインストールされているパッケージを更新できます。


以下は pip の情報。

【Python】pipの使い方

PyPI以外からインストール
パッケージをPyPI以外(ローカルやVCS)からインストールしたい場合は-e/--editable オプションを指定します。

$ pip install -e git+git@git.myproject.org:MyProject#egg=MyProject

Python Tips:パッケージの開発版をインストールしたい

おまけ A: editable mode でのインストール
pip でのインストールには editable mode というモードが用意されています。これはパッケージ開発時に便利な機能で、コードが編集可能な状態でパッケージをインストールできるものです。

editable mode でインストールされたパッケージのコードに変更を加えると、再インストールをしなくてもそのまま実行環境に反映されます。
editable mode を有効にするには -e ( --editable )オプションを使用します。

$ pip install -e hello/

editable mode は、ローカルにファイルのあるパッケージだけでなく、通常のディストリビューションパッケージや Git リポジトリ上のパッケージの場合でも利用することができます。その際は pip install 実行時に出力されるパッケージのダウンロード先パスを確認してそこのファイルを編集すると OK です。

おまけ B: Pipenv でのインストール
Pipenv を使った場合でも上のパターンを利用することができます。

「開発モード」での作業

必須ではないが、作業中のプロジェクトを “editable” または “develop” と呼ばれるモードでローカルにインストールするのが一般的だ。これにより、インストールしたプロジェクトをそのまま編集できる。
今プロジェクトのルートディレクトリにいるとしよう。以下を実行する:

pip install -e .

いくぶん暗号的だが、 -e は --editable の短縮形で、 . はカレントディレクトリを指す。つまり、カレントディレクトリ(プロジェクト)を editable モードでインストールするという意味だ。これは “install_requires” で宣言された依存パッケージ、および “console_scripts” で宣言されたスクリプトも全てインストールする。このときインストールされる依存パッケージは editable モードにはならない。

依存パッケージも editable モードでインストールしたいというのはよくあることだ。例えば、プロジェクトが “foo” と “bar” を必要としているが、 “bar” は VCS から editable モードでインストールしたいとしよう。その場合、requirements ファイルは以下のように書ける:

-e .
-e git+https://somerepo/bar.git#egg=bar

1 行目はプロジェクトと依存パッケージ全てをインストールすると宣言している。2 行目は依存パッケージ “bar” を PyPI からではなく VCS から取得するようにオーバーライドしている。Requirements ファイルの詳細は、pip ドキュメントの Requirements File セクションを見よ。VCS インストールの詳細は、pip ドキュメントの VCS Support セクションを見よ。


ちょっと注目点が違うのですが、類似の疑問に対する情報をまとめた記事があるようです。

python packaging の editable と develop mode のこと


さらに別に、Poetry というものも新しく出てきたようです。

ライブラリ: Poetry
Poetry: Python の依存関係管理とパッケージングを支援するツール
Pipenv から Poetry への乗り換え
Poetryを使ったPythonパッケージ開発からPyPI公開まで

Poetryのここが判らない

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする