2

SQLiteのソースコードを読みながら、その絡繰を勉強したいんですが。DBの最も基本的な機能だけに興味があり、それに、sqlite-1.0.1 にはただ1万行くらいのソースコードがあるから、今多くのプロジェクトで応用されているsqlite3よりも読みやすいと思います。

残念なことに、今のgccでは、19年前のsqlite-1.0.1がコンパイルできないようです。

wget "https://www.sqlite.org/src/tarball/e8521fc1/SQLite-e8521fc1.tar.gz"
tar xzvf SQLite-e8521fc1.tar.gz
mkdir bld && cd bld
../SQLite-e8521fc1/configure --prefix=/opt/sqlite-1.0.1 --with-tcl=no
make

仮想コンピュータによって、古いFedora Core release 3をインストールして、ビルトインのgcc(gcc version 3.4.2 20041017 (Red Hat 3.4.2-6.fc3))でsqlite-1.0.1をコンパイルしてみたが、makeを実行すると、以下のエラーメッセージが表示されます。 

gcc -std=c89 -g -O2 -o lemon ../SQLite-e8521fc1/tool/lemon.c
In file included from ../SQLite-e8521fc1/tool/lemon.c:29:
/usr/lib/gcc/i386-redhat-linux/3.4.2/include/varargs.h:4:2: #error "GCC no longer implements <varargs.h>."
/usr/lib/gcc/i386-redhat-linux/3.4.2/include/varargs.h:5:2: #error "Revise your code to use <stdarg.h>."

Makefileでは、-std=c89gccのパラメータとして追加してみたが、またコンパイルできません。

上記のエラーメッセージからして、gcc version 3.4.2はsqlite-1.0.1にとって、現代的なコンパイラであるかもしれません。

<varargs.h><stdarg.h>に取り替えられたcheck inがあり、そして、SQLiteの作者は「1989年にgccを使ってlemon.cをコンパイルしたのを覚えている」というコメントをそのcheck inに書き留めました。

もしかして、もっと古いgccを探す必要でしょう。こういう古いものどこから入手できますか。19年前には、プログラマ達はどのようなOSやコンパイラを使っていましたか。

  • 2
    v1.0.1をビルドする目的は何ですか? 最初の段落を読む限りビルドしなくてもソースコードを確認するだけで十分に感じられました。そしてこのスレッドではどのような回答を求めていますか? – sayuri 5月1日 2:03
1

とりあえずv1.0.1をビルドしたく、そして<varargs.h>が原因でビルドできず、7902e477で改善されていることが把握できているのであれば、当該パッチを適用してはどうでしょうか? コメントが変更されているため前後3行無視してやることで適用できます。

patch -F 3 < 7902e477.patch
1

Fedora Core release 3が 2004年リリースなので新しすぎるのかもしれませんね。
当時は Slackware か Redhat が主流だった?と思いますので それらで試してみるのはどうでしょう。

http://archive.download.redhat.com/pub/redhat/linux/
https://mirrors.slackware.com/slackware/

Redhatなら6.2、Slackwareなら 3.9~7.1 あたりがちょうど良さそうです。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする