1

Pythonのnumpy.einsumで実現できる,次のような要素ごとの行列積操作をMATLABで実現したいです.

import numpy as np
a = np.array([[[1,2],[3,4]],[[1,3],[-3,1]]])
b = np.array([[2,-1],[1,1]])
c = np.einsum('ijk,kl->ijl',a,b)
d1 = a[0]@b
d2 = a[1]@b
print(c)
print(d1)
print(d2)

すなわち,3次元配列A (サイズ:MxMxN),2次元配列B(サイズ:MxM)に対し,
各n=1,...,Nに対して C[:,:,n] = A[:,:,n] * B を満たす3次元配列CをMATLABで効率よく計算したいです.
現状はnに関してループを回している状況なので,より効率のよい方法があればお教えください.
「GithubやMathWorksのFile ExchangeにあるeinsumのMATLAB実装を用いる」という方法以外でよろしくお願いいたします.

1

3次元配列A (サイズ:MxMxN),2次元配列B(サイズ:MxM)があった場合、AをM*NxMの形に変えてから普通の行列の積を取ればよいのではないでしょうか?

a =  [1, 2; 3, 4]; 
a(:,:,2) = [1, 3; -3 1];
b =  [2, -1; 1, 1];

M = size(a,1);
N = size(a,3);
a2 = permute(a, [1, 3, 2]);
A = reshape(a2, M*N,M);
% A =
%      1     2
%      3     4
%      1     3
%     -3     1

C = A*b;

tC = C';
c0 = reshape(tC, M, M, N);
c = permute(c0, [2,1,3])

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする