2

gulp js の初心者です。

npx gulp を実行すると以下のエラーが出ます。

[11:35:25] 'default' errored after 17 ms
[11:35:25] The following tasks did not complete: html, css, js
[11:35:25] Did you forget to signal async completion?

調べたところタスクの終了を明示的にしないといけないとありました。
【参考】
より便利になった gulp 4.0 への移行方法と変更点をまとめました

どのように書けばタスク終了になるのかが分かりません。
どうかご教授ください。


    'use strict';

    const gulp = require('gulp');

    //pug
    const pug = require('gulp-pug');
    const fs = require('fs');
    const data = require('gulp-data');
    const path = require('path');
    const plumber = require('gulp-plumber');
    const notify = require('gulp-notify');
    const browserSync = require('browser-sync');

    //css
    const sass = require('gulp-sass');
    const sassGlob = require('gulp-sass-glob');
    const postcss = require('gulp-postcss');
    const flexBugsFixes = require('postcss-flexbugs-fixes');
    const autoprefixer = require('gulp-autoprefixer'); //Sassにベンダープレフィックスをつける
    const rename = require('gulp-rename'); //ファイルをリネーム

    /**
     * 開発用のディレクトリを指定します。
     */
    const src = {
      // 出力対象は`_`で始まっていない`.pug`ファイル。
      'html': ['src/**/*.pug', '!' + 'src/**/_*.pug'],
      // JSONファイルのディレクトリを変数化。
      'json': 'src/_data/',
      'css': 'src/**/*.css',
      'sass_style': ['src/**/*.scss', '!' + 'src/**/_*.scss'],
      //'styleguideWatch': 'src/**/*.scss',
      'js': 'src/**/*.js'
    };

    /**
     * 出力するディレクトリを指定します。
     */
    const dest = {
      'root': 'dest/',
      'html': 'dest/'
    };

    /**
     * `.pug`をコンパイルしてから、destディレクトリに出力します。
     * JSONの読み込み、ルート相対パス、Pugの整形に対応しています。
     */
    function html() {
      // JSONファイルの読み込み。
      var locals = {
        'site': JSON.parse(fs.readFileSync(src.json + 'site.json'))
      }
      return gulp.src(src.html)
      // コンパイルエラーを通知します。
      .pipe(plumber({errorHandler: notify.onError("Error: <%= error.message %>")}))
      // 各ページごとの`/`を除いたルート相対パスを取得します。
      .pipe(data(function(file) {
        locals.relativePath = path.relative(file.base, file.path.replace(/.pug$/, '.html'));
          return locals;
      }))
      .pipe(pug({
        // JSONファイルとルート相対パスの情報を渡します。
        locals: locals,
        // Pugファイルのルートディレクトリを指定します。
        // `/_includes/_layout`のようにルート相対パスで指定することができます。
        basedir: 'src',
        // Pugファイルの整形。
        pretty: true
      }))
      .pipe(gulp.dest(dest.html))
      .pipe(browserSync.reload({stream: true}));
    }

    /**
     * cssファイルをdestディレクトリに出力(コピー)します。
     */
    function css() {
      return gulp.src(src.css, {base: src.root})
      .pipe(gulp.dest(dest.root))
      .pipe(browserSync.reload({stream: true}));
    }


    /**
     * sassファイルをdestディレクトリに同じ階層として出力(コピー)します。
     */
    function sass_style() {
      const plugins = [flexBugsFixes(), autoprefixer()];
      return gulp.src(src.scss, {base: src.root})
          .pipe(sassGlob())
          .pipe(sass({
              outputStyle: 'expanded',
            }).on('error', sass.logError),
          )
          .pipe(plumber({ errorHandler: notify.onError('Error: <%= error.message %>') }))
          .pipe(postcss(plugins))
          .pipe(autoprefixer({ // ベンダープレフィックスの付与
              browsers: ['last 3 version', 'ie >= 10','iOS >= 9.3', 'Android >= 4.4'], // (ベンダープレフィックスを付与する)対応ブラウザの指定
              cascade: true // 整形する
          }))
          .pipe(rename(function (path) {
            path.dirname += '/css';
          }))
          .pipe(gulp.dest('../'))
          .pipe(browserSync.reload({ stream: true }));
    }



    /**
     * jsファイルをdestディレクトリに出力(コピー)します。
     */
    function js() {
      return gulp.src(src.js, {base: src.root})
      .pipe(gulp.dest(dest.root))
      .pipe(browserSync.reload({stream: true}));
    }

    /**
     * ローカルサーバーを起動します。
     */
    function browser_sync() {
      browserSync({
        server: {
          baseDir: dest.root,
          index: "index.html"
        }
      });
    }

    /**
     * PugのコンパイルやCSSとjsの出力、browser-syncのリアルタイムプレビューを実行します。
     */
    function watchFiles(done) {
      gulp.watch(src.html).on('change', gulp.series(html));
      gulp.watch(src.scss).on('change', gulp.series(sass_style));
      gulp.watch(src.css).on('change', gulp.series(css));
      gulp.watch(src.js).on('change', gulp.series(js));
    }

    gulp.task('default', gulp.series(gulp.parallel(html, sass_style, css, js), gulp.series(browser_sync, watchFiles)));



    /**
     * 開発に使うタスクです。
     * package.jsonに設定をして、`npm run default`で実行できるようにしています。
     */
    gulp.task('default', gulp.task('watch'));

package.json


    {
      "name": "pug-sass-test-kaihen",
      "version": "1.0.0",
      "description": "Gulpを使用したPugの導入テストリポジトリです。",
      "main": "browsersync.js",
      "scripts": {
        "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1",
        "gulp": "gulp"
      },
      "keywords":  [
        "gulp",
        "pug",
        "Sass"
      ],
      "author": "",
      "license": "ISC",
      "devDependencies": {
        "browser-sync": "^2.26.5",
        "gulp": "^4.0.1",
        "gulp-autoprefixer": "^6.1.0",
        "gulp-data": "^1.3.1",
        "gulp-notify": "^3.2.0",
        "gulp-plumber": "^1.2.1",
        "gulp-postcss": "^8.0.0",
        "gulp-pug": "^4.0.1",
        "gulp-rename": "^1.4.0",
        "gulp-sass": "^4.0.2",
        "gulp-sass-glob": "^1.0.9",
        "postcss-flexbugs-fixes": "^4.1.0"
      }
    }

3

以下のように gulpfile.js, package.json に対して修正を行います。

  • src 変数に root プロパティを追加します。
  • sass_style, watchFiles 関数内の src.scsssrc.sass_style に修正します。
  • watchFiles, browser_sync 関数内に done 関数を記述します。
  • gulp-autoprefixerautoprefixer に変更し、それに伴って sass_style 関数を修正します。
  • sass_style 関数内の gulp.dest 関数に与える引数を変更します。

すると、最終的な gulpfile.js, package.json はこのようになります。これにより、質問文のエラーは解消されると思います。

{
  "name": "pug-sass-test-kaihen",
  "version": "1.0.0",
  "description": "Gulpを使用したPugの導入テストリポジトリです。",
  "main": "browsersync.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1",
    "gulp": "gulp"
  },
  "keywords": [
    "gulp",
    "pug",
    "Sass"
  ],
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "devDependencies": {
    "browser-sync": "^2.26.5",
    "gulp": "^4.0.1",
    "autoprefixer": "^9.5.1",
    "gulp-data": "^1.3.1",
    "gulp-notify": "^3.2.0",
    "gulp-plumber": "^1.2.1",
    "gulp-postcss": "^8.0.0",
    "gulp-pug": "^4.0.1",
    "gulp-rename": "^1.4.0",
    "gulp-sass": "^4.0.2",
    "gulp-sass-glob": "^1.0.9",
    "postcss-flexbugs-fixes": "^4.1.0"
  }
}
'use strict';

const gulp = require('gulp');

//pug
const pug = require('gulp-pug');
const fs = require('fs');
const data = require('gulp-data');
const path = require('path');
const plumber = require('gulp-plumber');
const notify = require('gulp-notify');
const browserSync = require('browser-sync');

//css
const sass = require('gulp-sass');
const sassGlob = require('gulp-sass-glob');
const postcss = require('gulp-postcss');
const flexBugsFixes = require('postcss-flexbugs-fixes');
const autoprefixer = require('autoprefixer'); //Sassにベンダープレフィックスをつける
const rename = require('gulp-rename'); //ファイルをリネーム

/**
 * 開発用のディレクトリを指定します。
 */
const src = {
    // 出力対象は`_`で始まっていない`.pug`ファイル。
    'html': ['src/**/*.pug', '!' + 'src/**/_*.pug'],
    // JSONファイルのディレクトリを変数化。
    'json': 'src/_data/',
    'css': 'src/**/*.css',
    'sass_style': ['src/**/*.scss', '!' + 'src/**/_*.scss'],
    //'styleguideWatch': 'src/**/*.scss',
    'js': 'src/**/*.js',
    'root': 'src/'
};

/**
 * 出力するディレクトリを指定します。
 */
const dest = {
    'root': 'dest/',
    'html': 'dest/'
};

/**
 * `.pug`をコンパイルしてから、destディレクトリに出力します。
 * JSONの読み込み、ルート相対パス、Pugの整形に対応しています。
 */
function html() {
    // JSONファイルの読み込み。
    var locals = {
        'site': JSON.parse(fs.readFileSync(src.json + 'site.json'))
    };
    return gulp.src(src.html)
    // コンパイルエラーを通知します。
        .pipe(plumber({errorHandler: notify.onError("Error: <%= error.message %>")}))
        // 各ページごとの`/`を除いたルート相対パスを取得します。
        .pipe(data(function (file) {
            locals.relativePath = path.relative(file.base, file.path.replace(/.pug$/, '.html'));
            return locals;
        }))
        .pipe(pug({
            // JSONファイルとルート相対パスの情報を渡します。
            locals: locals,
            // Pugファイルのルートディレクトリを指定します。
            // `/_includes/_layout`のようにルート相対パスで指定することができます。
            basedir: 'src',
            // Pugファイルの整形。
            pretty: true
        }))
        .pipe(gulp.dest(dest.html))
        .pipe(browserSync.reload({stream: true}));
}

/**
 * cssファイルをdestディレクトリに出力(コピー)します。
 */
function css() {
    return gulp.src(src.css, {base: src.root})
        .pipe(gulp.dest(dest.root))
        .pipe(browserSync.reload({stream: true}));
}


/**
 * sassファイルをdestディレクトリに同じ階層として出力(コピー)します。
 */
function sass_style() {
    const plugins = [flexBugsFixes(), autoprefixer({ // ベンダープレフィックスの付与
        browsers: ['last 3 version', 'ie >= 10', 'iOS >= 9.3', 'Android >= 4.4'], // (ベンダープレフィックスを付与する)対応ブラウザの指定
        cascade: true // 整形する
    })];
    return gulp.src(src.sass_style, {base: src.root})
        .pipe(sassGlob())
        .pipe(sass({
                outputStyle: 'expanded',
            }).on('error', sass.logError),
        )
        .pipe(plumber({errorHandler: notify.onError('Error: <%= error.message %>')}))
        .pipe(postcss(plugins))
        .pipe(rename(function (path) {
            path.dirname += '/css';
        }))
        .pipe(gulp.dest(dest.root))
        .pipe(browserSync.reload({stream: true}));
}


/**
 * jsファイルをdestディレクトリに出力(コピー)します。
 */
function js() {
    return gulp.src(src.js, {base: src.root})
        .pipe(gulp.dest(dest.root))
        .pipe(browserSync.reload({stream: true}));
}

/**
 * ローカルサーバーを起動します。
 */
function browser_sync(done) {
    browserSync({
        server: {
            baseDir: dest.root,
            index: "index.html"
        }
    });
    done();
}

/**
 * PugのコンパイルやCSSとjsの出力、browser-syncのリアルタイムプレビューを実行します。
 */
function watchFiles(done) {
    const browserReload = () => {
        browserSync.reload();
        done();
    };
    gulp.watch(src.html).on('change', gulp.series(html, browserReload));
    gulp.watch(src.sass_style).on('change', gulp.series(sass_style, browserReload));
    gulp.watch(src.css).on('change', gulp.series(css, browserReload));
    gulp.watch(src.js).on('change', gulp.series(js, browserReload));
}

gulp.task('watch', gulp.series(gulp.parallel(html, sass_style, css, js), gulp.series(browser_sync, watchFiles)));


/**
 * 開発に使うタスクです。
 * package.jsonに設定をして、`npm run default`で実行できるようにしています。
 */
gulp.task('default', gulp.task('watch'));
  • 1
    この回答は、同質問者による teratail での質問のディレクトリ構造、ファイル内容を使用し動作を検証済みです。 – supa 4月29日 4:02
  • supa様 わざわざteratailの質問まで見てくれたのですね。。。ありがとうございます!質問に出していたエラーは消えました!ありがとうございます。1点質問したいことがあります。各関数の最後に .pipe(browserSync.reload({stream: true})); を入れることでリアルタイムにリロードされると思っていたのですが、さらに watchFiles関数で const browserReload = () => { browserSync.reload(); done(); }; を入れるのは二重の意味合い書き込みにはならないのでしょうか? – wa_ 5月1日 2:24
  • @wa_ さん> 各タスクにリロード用の処理も付けていたことを忘れていました。 watchFiles 関数内のリロード処理は消して構いません。 – supa 5月1日 4:14
  • supa様> お返事ありがとうございます!消しておきました!あと、もう一つの問題があるのですが、もう少し調べて違う質問で書きたいと思います。良かったらまた見に来てください。どうぞよろしくお願い致します。 – wa_ 5月2日 1:32
  • supa様 > 今、チェックボタンをクリックしました。これで良かったでしょうか? – wa_ 5月2日 1:52

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする