5

背景

Pythonのログギング設定ファイルのサンプルコードに、ext://sys.stdoutという文字列があります。
このextの意味を調べるため、Googleで"ext://sys.stdout"を検索しましたが、検索結果は0件でした(2019/04/28実施)。

version: 1
formatters:
  simple:
    format: '%(asctime)s - %(name)s - %(levelname)s - %(message)s'
handlers:
  console:
    class: logging.StreamHandler
    level: DEBUG
    formatter: simple
    stream: ext://sys.stdout
loggers:
  simpleExample:
    level: DEBUG
    handlers: [console]
    propagate: no
root:
  level: DEBUG
  handlers: [console]

https://docs.python.org/ja/3.6/howto/logging.html#configuring-logging

質問

extの意味を調べるため、私はどのように検索すればよかったのでしょうか?

以下のページにextの意味は載っていました。
https://docs.python.org/ja/3.6/library/logging.config.html#access-to-external-objects

しかし、このページにはたまたま辿り着いただけでして、extの意味を調べようと思って見つけたページではありません。

今後同じようなことが起きても調べられるよう、対応方法を知っておきたいです。

  • Google の検索語を入力するテキストボックスで python ext:// と入力していくと、検索候補として python ext sys.stdout が表示されました。それで検索すると当該の説明ページがヒットします。 – metropolis 4月28日 13:51
  • 後から気がついたのですが、コロン(:)の直前にバックスラッシュ( \ )を置くと(python ext\://sys.stdout)、ext://sys.stdout として認識してくれる様です。 – metropolis 4月28日 13:59
  • (1) その例の直後にわざわざ「辞書を使ったロギングについて詳細は、 環境設定のための関数を参照してください。」とリンクまであるのだからそれを辿る (2) 仕様に疑問があればまずはリファレンスマニュアルを参照する、のいずれかの行動パターンなら辿り着けたと思います – orangecat 4月29日 9:48
  • コロンをエスケープすればよかったんですね! コロンはsite:youtube.comのようにサイト検索で使われるので、エスケープが必要なんですかね。 support.google.com/websearch/answer/2466433?hl=en – yuji38kwmt 5月3日 6:01
1

@metropolis さんのコメントが役に立ちました。

後から気がついたのですが、コロン(:)の直前にバックスラッシュ( \ )を置くと(python ext\://sys.stdout)、ext://sys.stdout として認識してくれる様です

コロンはsite:youtube.comのようにサイト検索で使われるので、エスケープが必要なんですかね。
https://support.google.com/websearch/answer/2466433?hl=en

0

この件に関しては、(ソースを見るくらいしか) 無さそうで、Python ドキュメントの不備と言っていいと思います。

ソースを見ると、スキームとして extcfg が定義されています。これは Python 独自のものです (URI のスキームとして登録されているわけではない)。

これは不具合でありレアケースであり、これを持って一般的な調査方法を、と考える必要はないと思います (強いていうなら Python のバグトラッカー に報告する、とか)。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする