0

以下のようにDNSを設定しているドメインがありますが、サービスを運用しているサブドメインにだけpingしたときにunknown hostになってしまいます。他のサブドメインは解決できるようなのですが、原因がわかりません。
このような場合に考えられる原因はなんでしょうか。ちなみにドメインはnamecheapで取得していてデジタルオーシャンのDNSに転送しています。

DNSレコード

TXT subdomain.domain.com Google Search Consoleの文字列
A   *.domain.com         サーバのIPアドレス
NS  domain.com           ns1.digitalocean.com.
NS  domain.com           ns2.digitalocean.com.
NS  domain.com           ns3.digitalocean.com.

pingの実行結果

ping wrongsubdomain.domain.com => 成功

ping subdomain.domain.com => unknown host
  • DNS サーバーの仕様によるのかもしれませんが、subdomain.domain.com の TXTレコード設定に何か副作用があるのかもしれません。 明示的に subdomain.domain.com の Aレコードを設定するとどうでしょうか? – Taichi Yanagiya 4月23日 3:30
0

通常、問い合わせたサブドメインが存在しない場合に始めて ワイルドカードによる解決が行われます。しかし、今回の場合は subdomain.domain.com(のTXTレコード)が存在している為、ワイルドカードによる解決はおこなわれ無いのかもしれません。

次の解説によると「ドメイン名は存在するが、 指定された問い合わせタイプと一致するデータは存在しない」という状態だと思われます。

IABによる論評:DNSワイルドカードの使用に関するアーキテクチャ上の懸念について - JPNIC

 ワイルドカードレコードが存在する場合、ルールはさらに複雑になります。 具体的には、問い合わせクラスが一致し、問い合わせドメイン名との完全一致がなく、 問い合わせドメイン名と最も近い一致がワイルドカードである場合、システムは、 ワイルドカードにあるリソースレコードが問い合わせドメイン名であるとみなして、 問い合わせドメイン名と一致するリソースレコードのセットをその場で合成します。 このため、 そのワイルドカードが希望する問い合わせタイプと一致するレコードを持つ場合、 システムは上記の「success」の場合と同様にそのレコードを返します。 そうでない場合は、「no data」の場合と同様に、ドメイン名は存在するが、 指定された問い合わせタイプと一致するデータは存在しない旨を返します。

Aレコードを解決するためには すでに登録している subdomain.domain.com のすべてのレコードを消すか、Aレコードを明示的に設定してみてください。

また、ワイルドカードは正しく使用しないと 予期しない結果になることがあります。
詳しくは 上述の引用元記事をご確認ください。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする