1

Bluetooth LE Add-on-ボードを使用してできることを知りたいです。

センサAdd-onボードに対応したセンサではなく、市販のセンサから計測したセンサデータを、BLE通信を用いてRaspberryPiで受信することは可能でしょうか?

3
  • 1
    スタック・オーバーフローへようこそ! 1つの質問に2つの疑問が入っているようですが、2つ目の疑問については別質問にて解決しているように思います :) SPRESENSE SDK は、Arduino IDE でも使える?
    – nekketsuuu
    19年4月10日 10:26
  • すみません。確認不足でした。ありがとうございます。
    – うにぽ
    19年4月11日 10:59
  • 「市販のセンサ」が何なのかによってAdd-onボードに接続して使えるかどうかが変わるのではないでしょうか?
    – Fumu 7
    19年4月18日 0:14
2

Bluetooth LE Add-on-ボードの送受信に関するArduinoサンプルソースおよびライブラリが
下記のRohm社GitHubサイトに上がっております。
https://github.com/RohmSemiconductor/Arduino/tree/master/MK71251-02

こちらを参考に、お使いの市販センサのデータ読み出しを行う処理を追加していただき、
そちらのデータをBLEでホスト(RaspberryPiなど)に送信するプログラムを作成されることが
可能かと思います。

1
  • 返信ありがとうございます。市販のセンサの値を読み出し、Rohm社が指定するiOSのBLE toolでセンサの値を受け取ることは出来ましたが、Add-on-ボードのサービスとキャラクタリスティックのUUIDを見つけることが出来ず、RaspberryPiでは受け取れていないのが現状です。
    – うにぽ
    19年5月16日 7:09
0

SPRESENSE の BLEアドオンボードの UUID が分からない件、下記の方法で取得できましたので備忘録を兼ねて共有します。環境は Windows10 です。

【STEP1】Anaconda 等でBLEライブラリ "Bleak" をインストール

pip install bleak

【STEP2】MACアドレスを取得するための Pythonコードを記述

import asyncio
from bleak import discover

async def run():
  devices = await discover()
  for d in devices:
    print(d)

loop = asyncio.get_event_loop()
loop.run_until_complete(run())

【STEP3】 SPRESENSE+BLEをリセットし、Pythonコードを実行(MACアドレスが表示されます)

(SPRESENSEをリセット)
> python scan.py  
XX:XX:XX:XX:XX:XX: LapisDev <-- MACアドレス

【STEP4】Deviceのサービスを取得するための Python コードを記述し保存(ここでは "getservice.py" とします)

import asyncio
from bleak import BleakClient

address = "XX:XX:XX:XX:XX:XX"   # MAC Address

async def run(address, loop):
  async with BleakClient(address, loop=loop) as client:
    x = await client.is_connected()
    print("Connected: {0}".format(x))
    svcs = await client.get_services()
    print("Services:")
    for service in svcs:
      print(service)

loop = asyncio.get_event_loop()
loop.run_until_complete(run(address, loop))

【STEP5】SPRESENSE+BLEをリセットし、Python コードを実行

(SPRESENSEをリセット)
> python getservice.py  
Connected: True
Services:
00001800-0000-1000-8000-00805f9b34fb (Handle: 1): Generic Access Profile
00001801-0000-1000-8000-00805f9b34fb (Handle: 257): Generic Attribute Profile
0000180a-0000-1000-8000-00805f9b34fb (Handle: 513): Device Information
0000180f-0000-1000-8000-00805f9b34fb (Handle: 769): Battery Service
0179bbd0-5351-48b5-bf6d-2167639bc867 (Handle: 1025): Unknown

終了時に時折タイムアウトエラーが出ますが、UUIDは取得できるのでご容赦ください。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする