3

下記画像のように、ひし形パレットとカスタムパレットのカラーダイアログを使用したいのですがなかなか見当たりません。
このダイアログの実装方法など分かる方がいましたらご教授をお願いします。

カラーダイアログ

  • 1
    「ColorPicker WPF」で検索すれば、いくつか候補を探せるはずです。 – PITA 15年1月27日 5:06
  • 返答がりがとうございます。 調査してみます – aspara_prime 15年1月27日 9:00
5

これはHSV(HSI、HSL、HSB、HLS)などと呼ばれる色空間です。色相環を立体にしたものと言えば理解しやすいでしょうか。Wikipediaには2種類が言及されていますが、細かいバリエーションはさらに多いです。

質問の図の左はHS平面、右はHV平面を表したものです。HSVからRGBへの変換は六角錐モデルの場合

public static class Hsv3
{
    private static byte ToByte(double d)
    {
        if (d < 0)
        {
            return 0;
        }
        else if (d > 255)
        {
            return 255;
        }
        return (byte)Math.Round(d);
    }
    public static Color ToRgb(double H, double S, double V)
    {
        var v = ToByte(255 * V);
        if (S == 0)
        {
            return Color.FromRgb(v, v, v);
        }
        var hr = H / (2 * Math.PI);
        var hd = (float)(6 * (hr - Math.Floor(hr)));
        var h = (int)Math.Floor(hd);
        var p = ToByte(v * (1 - S));
        var q = ToByte(v * (1 - S * (hd - h)));
        var t = ToByte(v * (1 - S * (1 - hd + h)));

        switch (h)
        {
            case 0:
                return Color.FromRgb(v, t, p);
            case 1:
                return Color.FromRgb(q, v, p);
            case 2:
                return Color.FromRgb(p, v, t);
            case 3:
                return Color.FromRgb(p, q, v);
            case 4:
                return Color.FromRgb(t, p, v);
            default:
                return Color.FromRgb(v, p, q);
        }
    }
}

というような感じです。

上記を利用したカラーピッカーを簡単に作ると

XAML

<Canvas
    Name="canvas"
    Width="256"
    Height="256"
    Margin="8"
    MouseUp="canvas_MouseUp" />
<Image
    Name="image"
    Width="256"
    Height="256"
    Margin="8"
    MouseUp="image_MouseUp" />

コードビハインド

public partial class MainWindow : Window
{
    public MainWindow()
    {
        InitializeComponent();

        // 6角形
        {
            // 個々の6角形の形状を作成
            var hexRadius = 10;
            var sg = new StreamGeometry();
            using (var c = sg.Open())
            {
                for (var i = 0; i < 6; i++)
                {
                    var p = new Point(hexRadius * Math.Sin(i * Math.PI / 3), hexRadius * Math.Cos(i * Math.PI / 3));
                    if (i == 0)
                    {
                        c.BeginFigure(p, true, true);
                    }
                    else
                    {
                        c.LineTo(p, true, false);
                    }
                }
            }
            sg.Freeze();

            // 6角形を6個の正三角形に分けます
            for (var h1 = 0; h1 < 6; h1++)
            {
                // 単位移動量の計算
                var sx = Math.Sqrt(3) * hexRadius * Math.Cos(h1 * Math.PI / 3);
                var sy = Math.Sqrt(3) * hexRadius * Math.Sin(h1 * Math.PI / 3);
                var h2x = Math.Sqrt(3) * hexRadius * Math.Cos((h1 + 2) * Math.PI / 3);
                var h2y = Math.Sqrt(3) * hexRadius * Math.Sin((h1 + 2) * Math.PI / 3);

                // 彩度(半径方向)の繰り返し
                for (var s = 0; s < 7; s++)
                {
                    // 色相(角度方向)の繰り返し
                    for (var h2 = 0; h2 < s || (h1 == 0 && s == 0 && h2 == 0); h2++)
                    {
                        // RGBの計算
                        var rgb = Hsv3.ToRgb((h1 + (h2 / (double)s)) * Math.PI / 3, s / 6.0, 1);


                        // 中心位置の計算
                        var cx = 128 + s * sx + h2 * h2x;
                        var cy = 128 + s * sy + h2 * h2y;

                        // 6角形の追加
                        var path = new Path();
                        path.Data = sg;
                        path.Fill = new SolidColorBrush() { Color = rgb };
                        Canvas.SetLeft(path, cx);
                        Canvas.SetTop(path, cy);
                        canvas.Children.Add(path);
                    }
                }
            }
        }
        {
            var data = new byte[4 * 256 * 256];
            var i = 0;
            // 明度(縦方向)の繰り返し
            for (var v = 255; v >= 0; v--)
            {
                // 色相(横方向)の繰り返し
                for (var h = 0; h < 256; h++)
                {
                    var rgb = Hsv3.ToRgb(h * 2 * Math.PI / 255, 1, v / 255.0);
                    data[i++] = rgb.B;
                    data[i++] = rgb.G;
                    data[i++] = rgb.R;
                    data[i++] = rgb.A;
                }
            }

            var bmp = new WriteableBitmap(256, 256, 96, 96, PixelFormats.Bgra32, null);
            bmp.WritePixels(new Int32Rect(0, 0, 256, 256), data, 256 * 4, 0);
            bmp.Freeze();

            image.Source = bmp;
        }
    }

    private void canvas_MouseUp(object sender, MouseButtonEventArgs e)
    {
        // 対象Pathの取得
        var p = e.OriginalSource as Path;
        if (p == null)
        {
            return;
        }
        var scb = p.Fill as SolidColorBrush;

        if (scb == null)
        {
            return;
        }

        // 色の表示
        MessageBox.Show(scb.Color.ToString());
    }
    private void image_MouseUp(object sender, MouseButtonEventArgs e)
    {
        // 位置計算
        var p = e.GetPosition(image);
        var h = (int)Math.Round(p.X);
        var v = (int)Math.Round(p.Y);

        if (0 <= h && h < 256 && 0 <= v && v < 256)
        {
            // WriteableBitmapから値を得るのは面倒なので直接計算します
            var rgb = Hsv3.ToRgb(h * 2 * Math.PI / 255, 1, 1 - v / 255.0);

            // 色の表示
            MessageBox.Show(rgb.ToString());
        }
    } 
}

といった感じでしょうか。
表示例

  • 上記で動作・実行することが出来ましたので、 このソースを参考に実装を進めていきます。 本当にありがとうございました。 – aspara_prime 15年1月28日 1:33
  • もしかしたら、imageの色取得時の計算に間違いがあるかもしれません。 明度の上下が逆になってしまっているような気がします。 – aspara_prime 15年1月28日 3:13
  • ご指摘の通りです。画像のV軸は上が正なので1-p.Y/255.0としなければならないです。 – pgrho 15年1月28日 5:33

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする