1

https://github.com/mauricef/WindowTabs

WindowTabsという以前はフリーソフトとしてかなり多くのサイトで紹介されていたソフトウェアを愛用しています。お金も払っていたのですが、いつのまにやらオープンソースになっていました。いくつか改良したい点があります。

起動時のAlignを右にしたいのと、ShrinkTabをデフォルトTrueにしたいとか、常にFlipさせておきたい(Windowの上に出るのではなく下に出したい)、というような結構簡単な改良をしたいのですが、そもそもVS2017ではビルドができていません。

なにか工夫などがあるのでしょうか?
VSやC#には詳しくありませんので難しく感じています。

具体的なアドバイスができる方、教えていただけたらと思います。

あるいは誰かオプソで改良していってくれないかなと思います。アプリ終了時やGUIダイアログなどで上記のデフォルト設定を記録できたらいいのになと思っています。

すごくマニアックすぎる質問ですいません。

2

ビルドできる版をForkしました。

既にredgisさんがVS2017/.NET 4.0でコンパイルできるものをフォークしていました。
それをベースに、日本語対応できるリソースを追加してF#を3.0に上げただけです。
Windows 10 64bitで動作することを確認しましたが、質問にある機能追加は行っていません。

WtSetupはWiX Toolset build toolsを別途インストールしないとnugetだけではコンパイルが通りませんでした。
インストーラーが必要な場合はWiX Toolset build tools V3.11.1をインストールしてください。

そもそも手元の環境ではWtSetup.msiを作っても正常動作しなかったので、exeさえあれば良いならばWtSetupをソリューションから除外する方が簡単です。

5

WindowsTabsを使ったことがないので、ソースコードから読み取っただけの情報ですがまとめます。

WtSetup

セットアッププロジェクトでWindowTabs.msiを生成します。
このインストーラーに取り込まれるのは..\\WtProgram\\obj\\Release\\WindowTabs.exeだけです。(なんでbinじゃなくobjなんだ…)

なお、出来上がったWindowTabs.msiを手直しするスクリプトがJavaScriptおよびVBSで記述されています。今はC#で記述できます。

WtProgram

F#言語バージョン2.0のプロジェクトでWindowTabs.exeを生成します。
このプロジェクトで参照されるのは配下の*.fsファイルと、この辺りの記述により以下の内容になります。
- Aga.Controls
- FSharp.PowerPack
- Interop.SHDocVw
- Interop.Shell32
- Newtonsoft.Json
- Win32

なお、F#コンパイラーには--staticlinkオプションがあり、この辺りの設定で参照したDLLを全てWindowTabs.exeに取り込んでいます。

Aga.Controls

TreeViewAdv for .Netから取得したAga.Controls.dllで、treeviewadv/ディレクトリにソースコードも置かれています。

FSharp.PowerPack

F# PowerPackから取得したバイナリを開発マシンにインストールしておくことを想定しています。既に開発は止まっていますがGitHubに残っていたりします。また今はNuGetで配布されており、コンパイル時に取得する仕組みが用意されています(当時はなかった)。

Interop.SHDocVw

Interop.SHDocVw.dllTlbimp.exe (タイプ ライブラリ インポーター)を用いてSHDocVw.dllから生成したメタデータです。

Interop.Shell32

同様にInterop.Shell32.dllShell32.dllから生成したメタデータです。

Newtonsoft.Json

Json.NETから取得したNewtonsoft.Json.dllです。

Win32

C#言語バージョン2.0くらいのプロジェクトでWin32.dllを生成します。


以下のディレクトリは私の解析が間違っていなければ使用されていない残骸です。

  • Settings
  • WtDesktop
  • WtGroup
  • WtInject
  • WtLauncher
  • treeviewadv
4

GitHubリポジトリの中を見ると、複数言語が使われているようです。
ざっと見た限りでは、以下のようになっていると考えられます。

  • WindowTabs全体 : VS2010
  • treeviewadv : VS2008 C# .NET 2.0? ただし結果のdllのみを使っていてソースは参考用
  • WtSetup : おそらくVS2010 InstallSheild Limited Edition
  • WtProgram : おそらくVS2010 F# 2.0
  • WtLauncher : おそらくVS2010 F# 2.0 ただし Main.fs というファイルが無いかも
  • WtInject : VS2010 C++
  • WtGroup : おそらくVS2010 F# 2.0
  • WtDesktop : おそらくVS2010 F# 2.0
  • Win32 : VS2010 C# .NET 3.5 SP1
  • Settings : VS2010 C# .NET 2.0?

F#はMicrosoft.FSharp.Targetsの1.0と4.0のどちらかがMicrosoft.Build.Tasks.v4.0.dllの有無で選ばれてImportされることと、FSharp.PowerPackの2.0が参照設定されています。

VisualStudio 2017のセットアップおよび拡張機能で、C++,C#,F#,.NET 3.5を使えるようにしておいた方が良いでしょう。(.NET 4.x系はデフォルトで入るでしょう)

"WtSetup"プロジェクトについては、以下の記事にある拡張機能を組み込んでみてください。
Visual Studio 2017でSetup.vdprojが開けない時の対処

VisualStudioの環境を整えてからプロジェクトを開くと、自動的な変換処理が行われて使えるようになるかもしれません。
dsp, dsw, vcproj, vcxproj, slnなど Visual Studioの拡張子

試してみてください。

  • F#は2.0で、実行時に使用する.NETは2.0 / 4.0両対応ですね。treeviewadvAga.Controls.dllのソースなので直接は使っていません。 – sayuri 3月27日 21:45
  • @sayuriさん、補足ありがとうございます。反映してみました。 – kunif 3月27日 23:08
  • 2
    入り混じっているわけではなく、VS2010だけです。TreeViewAdv for .Netのバイナリ(Aga.Controls.dll)とソースツリー(treeviewadv/)が取り込まれているだけです。F# 2.0は既定で、プロジェクトファイルには分岐させるような互換コードが生成されます。 – sayuri 3月27日 23:17

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする