-2

ビット演算なのですがビットを全てゼロにする処理を考えていたのですが<<20などをしてビットを
あふれ消す?みたいなことができたんですけどこれは正しい処理の書き方なのでしょうか?
1ビットずつ1になってるビットを消す処理が正しい処理なのですか?

#include <stdio.h>

typedef unsigned char uchar;

void print_bit(unsigned char idx)
{
    unsigned char bit = 1 << 7;
    int i = 0;
    while (bit != 0)
    {
        if (idx & bit)
        {
            printf("1");
        }
        else
        {
            printf("0");
        }

        i++;
        bit >>= 1;
        if (i == 4) {
            printf("_");
        }
    }
    printf("\n");
}

//左に何回シフトするか
unsigned char flag_bit(unsigned char idx,unsigned char p)
{
    unsigned char bit =  1 << 7;
    //unsigned char id = idx;
    if (p == 0)
    {
        p = 1;
    }
    p = 7 - p;

    idx <<= p;
    idx = idx  | bit;
    idx >>= p;


    return idx;

}

int main()
{
    unsigned char x = 0;
    uchar t = 0;
    uchar bit = 1 << 7;
    t = flag_bit(t,2);
    t = flag_bit(t,4);
    print_bit(t);

    t <<= 20;
    print_bit(t);


    getchar();
}
  • 「ビットをクリアにする処理」とは具体的にはどういう処理でしょうか? 単にすべてのビットを 0 にする処理とは違いますか? – nekketsuuu 3月6日 5:18
  • 4
    全てのビットを 0 にするだけなら n=0; で済む話で、真にしたいことは別の内容だと思います。真にやりたいことを書いていただくほうがよさそうっす。 – 774RR 3月6日 6:50
  • 2
    昔、なんかの理由で、こんな事やってクリアしてたような記憶が。。。a ^= a;なんだったかな?組み込み系とかでのアセンブラの話だったかな? – 豚吐露 3月26日 10:08
0

ビットを消すってこういう事?

#include <stdio.h>
#include <limits.h>

#define BITSIZ (sizeof(int) * CHAR_BIT)

static int bitClear(int num, size_t pos)
{
    if (pos >= BITSIZ) {
        return 0;
    }
    //
    int msk = ~(1 << pos);
    //
    return num & msk;
}
//
int main(void)
{
    printf("%d\n", bitClear(0xff, 4));
    //
    return 0;
}

usr ~/Project/test % ./a.out
239
usr ~/Project/test %

9

INT34-C. 負のビット数のシフトやオペランドのビット数以上のシフトを行わないで説明されていますが、

右オペランドの値が負または格上げされた左オペランドのビット幅以上である時、シフト動作は未定義となる (「未定義の動作51」を参照 )。

Undefined Behavior; 未定義の動作とは、Implementation-Defined Behavior; 処理系定義の動作とは異なり、どのような結果が引き起こされても文句は言えません。

具体的には、Intel x86プロセッサ向けコンパイラーであれば、SHL;論理左シフトやSAL;算術左シフト命令が生成されることが想定されます。しかし、Intel x86プロセッサのSHL命令・SAL命令は共に下位5bitしか参照せずにシフトを行います。例えばx <<= 33 と記述した場合、コンパイラーはSHL EAX, 33というコードを生成しますが、Intel x86プロセッサはx <<= 1相当の処理しか行わず全部ゼロにはならない、といったこともあり得ます。(実例としてはVisual StudioのDebugビルド)

左シフト演算で故意に溢れさせるのは避けるべきです。

0

あふれ消す?みたいなことができたんですけどこれは正しい処理

目的次第です。

1ビットずつ1になってるビットを消す処理

ビット演算では、普通、こっちの処理では無いかと思います。

それ以上は、何がしたいかによります。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。