1

Python のスクリプトを書いています。

最初は signal を受信したらハンドラ内でファイル I/O 処理など様々な処理を書いていました。スクリプトを実行し、kill -TERM <PID> を実行するとシグナルハンドラ handler() が呼ばれ、様々な処理をするコードです。

import signal
import time
import os


def handler(num, frame):
    print("handler")
    # do something


signal.signal(signal.SIGTERM, handler)
print("sleep... {0}".format(os.getpid()))
time.sleep(60)

が、ふと、signal ハンドラ内で重い処理をおこなっていいのか疑問に思い、ググったり、いろいろ調べたところ Linuxプログラミングインタフェース「21章 シグナルハンドラの設計」に以下のように書いてありました。

「すべてのシステムコール、ライブラリ関数が、シグナルハンドラ内で安全に実行できる訳ではありません。その理由を理解するには、リエントラントな関数、および非同期シグナルセーフな関数という 2 つの概念が必要になります。(p.444)

ここで、「非同期シグナルセーフ」はいわゆるスレッドセーフのことのようです。

つまり、ファイル I/O 等の処理はたとえばマルチスレッドとして実装し、シグナルハンドラからはスレッドを起こすだけ、といったようにしないといけない。と理解したのですが、このような理解であっているでしょうか?

たとえばこのような実装をイメージしています:

import signal
import threading
import time
import os

event = threading.Event()


def funcA():
    print("start funcA")
    event.wait()
    print("end funcA")


def handler(num, frame):
    print("handler")
    event.set()


signal.signal(signal.SIGTERM, handler)
th = threading.Thread(target = funcA)
th.start()
print("sleep... {0}".format(os.getpid()))
time.sleep(60)
2

「すべてのシステムコール、ライブラリ関数が、シグナルハンドラ内で安全に実行できる訳ではありません。その理由を理解するには、リエントラントな関数、および非同期シグナルセーフな関数という 2 つの概念が必要になります。(p.444)

システムによって「非同期シグナルセーフな関数(システムコール)」は具体的に定められており、シグナルハンドラ中ではこれ以外の関数(システムコール)を呼んではいけないことになっています。スレッドセーフとは異なります。

https://docs.oracle.com/cd/E19683-01/816-3976/gen-24356/index.html
https://www.jpcert.or.jp/sc-rules/c-sig30-c.html

シグナルハンドラにおけるリエントラントとは、シグナルハンドラの処理中に再度割り込みが発生しても安全であることを意味します。(広義の「非同期シグナルセーフ」)

Python のシグナルハンドラは、低水準 (C言語) のシグナルハンドラ内で実行されるわけではありません。

ということなので、Pythonのレベルでは「非同期シグナルセーフ」がどのように要求されているかはまた異なります。

  • ツッコミありがとうございます。「Linuxプログラミングインタフェース」に呼び出してはいけないシステムコール一覧が書かれています(たくさんあるので割愛した)。しかし、自分が書いた Python スクリプトからそれら該当するシステムコールが呼ばれているかどうか、という問題でもないんですね...。 – miwarin 3月3日 15:26

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする