0

manjaro linuxがカーネルパニックを起こしたため、chrootを使った手法で修理を試みたのですが、最後の/mntのumountで、"umount: /mnt/dev/pts: target is busy"とエラーをはいてumountできません。

fuset -v /mntで使用状況を確認したところ

/mnt root kernel mount /mnt

となっていました。

現在のディレクトリはpwdで確認したところ、/ になっていました。

どうすれば良いでしょうか?

0

/mnt/dev/pts は chroot したさきの 仮想端末のデバイスファイルだと思います。
現在使用している 端末画面(黒い画面)が終了すれば busy 状態は解消すると思います。
なので、exitでchrootを終了してから umount /mnt だとどうですか?

# exit
# umount /mnt

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする