1

こちらのチュートリアルを見ながらRailsとAngularの基本的なユーザー認証の方法を学習していたのですがCanActivateの動作でわからない点が出てきました。
https://hackernoon.com/angular-2-and-ruby-on-rails-user-authentication-part-4-49d550c5869a

このチュートリアルでは以下のようにCanActivateを使い、権限のないユーザーが/profileにアクセスした時に/にビュー遷移するのですが、

  canActivate() {
    if (this.tokenService.userSignedIn()) {
      return true;
    } else {
      this.router.navigate(['/']);
      return false;
    }
  }

ドキュメントによるとcanActivateUrlTreeを返せば、現在のビュー遷移がキャンセルされ、返されたUrlTreeを元に新しくビュー遷移が行われるはずなので以下のように書き換えてみました。
https://angular.io/api/router/CanActivate

  canActivate() {
    if (this.tokenService.userSignedIn()) {
      return true;
    }
    return this.router.createUrlTree(['/']);
  }

ですが、Profileコンポーネントは表示されなかったものの、ルートビューなら表示されるはずのWellcomeテキストも表示されずナビゲーションバーだけの表示になってしまいました。

なぜルートビューのUrlTreeを渡してもビュー遷移しなかったのでしょうか?
Angularのバージョンは7.2.5を使っています。

| この質問を改善する | |
0

確かに @angular/router のバージョン7.2.5であれば CanActivateで UrlTreeを返せば遷移するはずです。ng version コマンドでインストールされているRouterのバージョンを確認してみてもらいたいです。

また、Routerのデバッグであれば、 RouterModule.forRoot() の第二引数で渡せるオプションに、 enableTracing というものがあります。どのようにRouterやGuardが動作するかのログがconsoleに流れますので、そちらも参考にしてみると解決が早まるかもしれません。

| この回答を改善する | |
  • すいません、再度確認してみると現象が再現しなくなり正常動作するようになっていました。Routerなど各モジュールごとにバージョンが異なる可能性があること、Routerのデバック方法など勉強になりました。ありがとうございます。 – ironsand 19年2月19日 6:52

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする