9

Haskell の レコード構文(Record Syntax)にて、簡潔なフィールド名を使い定義すると名前がかぶりやすくなる問題があります。

参考サイト を見ると、レコード名をprefixとしたフィールド名を使うとよいようですが、こんなものなのでしょうか?
よりよい方法はないものでしょうか?

エラーになる例:

data Java = Java { power :: Integer ; url :: String }
data Link = Link { title :: String ; url :: String }
-- 下記が定義されるためか、重複してしまう
-- url :: Java -> String
-- url :: Link -> String

エラー内容:

Multiple declarations of ‘url’
Declared at: (省略)


改善した例:

data Java = Java { javaPower :: Integer ; javaUrl :: String }
data Link = Link { linkTitle :: String ; linkUrl :: String }

※ 「命名規則や用語がHaskell的に変」という場合もぜひ、コメントや編集などでフィードバックお願いします

10

7.10現在、GHCでは重複したフィールド名をうまく扱うことができません。しかし、GHC 7.12からは、OverloadedRecordFields(https://ghc.haskell.org/trac/ghc/wiki/Records/OverloadedRecordFields/Design)と呼ばれる拡張が導入される予定で、それを使えば同名のフィールドを定義できます。

OverloadedRecordFieldsを利用すると、urlに以下のような型を持たせることができます。

url :: r { url :: String } => r -> Integer

r { url :: String }は、レコードrurl :: Stringというフィールドを持っているという制約を示しており、フィールド名によるオーバーロードが可能になります。

また、現在のHaskell(GHC)でオーバーロードされたフィールドを実現する研究は多数存在し(https://wiki.haskell.org/Extensible_record)、盛んにライブラリも作られています。

最近リリースされたrecordというライブラリは、Template Haskellを用いて、OverloadedRecordFieldsを使わずにそれに近い記述を可能にしています。作者のページ(http://nikita-volkov.github.io/record/)で解説されていますが、インターフェイスは比較的シンプルで、パフォーマンス上のデメリットも少ないため、お勧めできます。recordを使うと、JavaとLinkの例はこのようになります。

{-# LANGUAGE QuasiQuoters #-}
import Record
import Record.Lens

type Java = [r| { power :: Integer, url :: String } |]
type Link = [r| { title :: String, url :: String } |]

example :: Link
example = [r|{ title = "example", url = "http://www.example.org" }|]

-- view [l|url] :: Java -> String
-- view [l|url] :: Link -> String

宣伝になってしまいますが、私もこの問題に取り組んでいて、extensibleというライブラリを開発しています。こちらは、まずフィールド名と型をあらかじめ決めるというアプローチをとっているので、ほかの言語における構造体とは毛色が異なります。

{-# LANGUAGE TemplateHaskell, DataKinds, TypeOperators, TypeFamilies, FlexibleContexts #-}
import Data.Extensible.Record
import Data.Extensible.Record.Internal.Rig

mkField "power" [t|Integer|]
mkField "url" [t|String|]
mkField "title" [t|String|]

type Java = Record '["power", "url"]
type Link = Record '["title", "url"]

example :: Link
example = title @= "example" 
       <: url @= "www.example.org"
       <: Nil
-- view url :: "url" ∈ xs => Record xs -> String

OverloadedRecordFieldsはフィールドが第一級でない、recordはTemplate Haskellが必要、extensibleを含む拡張可能レコードはパフォーマンスがあまり良くないというデメリットがあり、Haskellerの間でも共通の答えは出ていないのが現状です。

  • 僕自身入門レベルなのですが,もうちょっと手軽には,「とりあえずモジュールに分けて qualified import する」というのがあると認識しています(例えば J.url と L.url にできる).これは「アリ」なんでしょうか? – Yosh 15年1月26日 16:55
  • 1
    モジュールに分けるというのももっとも簡単な選択の一つだと思います。 OverloadedRecordFieldsが提案されたきっかけは、接頭辞をつけるかモジュール単位に分けるのが実用的でない場合が多いことなので(ghc.haskell.org/trac/ghc/wiki/Records/OverloadedRecordFields/…)、背景にある正直な対処法としては接頭辞かモジュールに分けることが挙げられます。 – fumieval 15年1月28日 5:05
9

私が知っている、もっとも簡単な対処法はLensを利用することです。

lensライブラリを使う場合、もっとも簡単に書けば以下のようになります。

{-# LANGUAGE TemplateHaskell #-}
import Control.Lens

data Java  =  Java  { javaPower ::  Integer  ; javaUrl ::  String  } 
data Link  =  Link  { linkTitle ::  String   ; linkUrl ::  String  } 

makeFields ''Java
makeFields ''Link

すると、両方に対して使えるurlコンビネータが"lens"として定義され、powertitleもlensとしてそれぞれの型に対し定義されます。

"^."、".~"、"&"演算子で、これらのLensを使ってレコードを操作することができます。

ghci> Java 12 "http://..." ^. url
"http://..."

ghci> Java 12 "http://..." & power .~ 9000
Java 9000 "http://..."

ghci> Link "start" "http://..." ^. url
"http://..."

ghci> Link "start" "http://..." & title .~ "end"
Link "end" "http://..."

lensのチュートリアルや発表は、私のも含めインターネット上に多数存在します。

そのほとんどは英語ですが、少なくとも1つは、its_out_of_tuneさんが以前の勉強会で発表した日本語のものがあります。

ちゅーんさんのスライドは今でも閲覧できます。

http://www.slideshare.net/itsoutoftunethismymusic/ekmett-17955009

残念ながら、発表は録画されていたのですが、もうUstreamには残っていないようです。(▰˘︹˘▰)

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする