0

herokuを使って自作のアプリケーションをデプロイする際、作業リポジトリ(local)には自身のgitリポジトリと heroku のgit リポジトリの2つのリモートリポジトリが紐付けられており、同じ内容でpushすることは、現段階で可能なのですが、異なる内容(remote heroku のほうはすべてpushしたいが、remote originにはいくつかのファイルはpushしたくない)のpushを実現する方法はないのでしょうか.
現在は内容の同じ2つのlocalリポジトリを作成し、それぞれにorigin,herokuのremote repo を紐づけて一時的に対応しています。

0

複数のリモートリポジトリで除外したいファイルがあるということは、
それぞれのリモートリポジトリにそれぞれのブランチがあるはずです。
それぞれのブランチで、.gitignoreを管理する事により、実現できるはずです。

たとえば、branch_aの.gitignoreでは

file_1
dir/file_2

branch_bの.gitignoreでは

file_1
dir/file_2
dir/file_3

など

  • 解答ありがとうございます。 現環境では、それぞれのremoteリポジトリにmasterブランチのみが存在するのですが、ブランチごとに.gitignore を管理というのは具体的に.gitignoreファイルをlocal リポジトリのどの部分に配置すればよいのでしょうか? 現在は、local リポジトリディレクトリの.git ディレクトリが存在する場所に配置しています。 – berry_summer 1月26日 8:10
  • stackoverflow.com/questions/2456533/… こちらのpageを見つけ、私がしたいことと、まったく同じ質問なのですが、ここに示されている解決策が理解できません。 – berry_summer 1月26日 9:33
  • @berry_summerさん、その質問だと、もしかしてこれ 【初心者向け】railsアプリをherokuを使って確実にデプロイする方法【決定版】 が参考になるかも? – kunif 1月26日 11:23
  • @kunif さん そちらの記事に目を通してみましたが、おそらく私の求めるものは載っていないようです。。 質問を抽象的に書いてしまったので、もう少し具体的に書きなおしておきます。 – berry_summer 1月26日 11:48
  • .gitignoreを置く場所はそこで良いと思います。 英語stackoverflowに書いてある解決策と私の言う解決策は同じ事を言っており、結局ブランチを複数持つしかない、という事です。 それぞれのリモートリポジトリにmasterブランチが存在したとしてもそれらは全く同じ内容であるべきです。同じmasterなのに中身が違うのであれば、それは別ブランチにすべきです。 – shirakia 1月27日 4:49

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする