2

前提となる文字コードやバイナリに関しての知識が怪しいので、間違っている点を指摘してもらえるとありがたいです。

まずfs.createReadStream(, {encoding})はテキストファイルを読み込む場合に使用するオプションであり、読み込んだデータを指定した文字コードの文字列に変換する機能で、default値がnullなのはバイナリファイルを読み込むことを想定したものだと認識しています。

次にfs.createWriteStream(, {encoding})は書き込むのがバイナリファイルならnullを、テキストファイルなら事前に変換する文字コードを指定する機能なのだと認識しています。

ここで疑問なのですが、fs.createReadStreamのそれとは違いdefault値がnullではなく"utf8"になっています。

標準でfs.createReadStreamはバイナリファイル、fs.createWriteStreamはテキストファイルを扱うよう分かれているのは混乱の元だと思うのですが、何故このような仕様になっているのでしょうか。

2

結論としては、fs.createReadStreamfs.createWriteStreamではencodingオプションの意味が少し違います。

前提として、fs.createReadStreamfs.createWriteStreamについては、ファイルがバイナリかテキストかということではなく、それによって読み書きされるデータがバイナリかテキストかということを考えたほうがよいです。
どんなファイルであっても、結局中身はバイナリデータに過ぎません。そのバイナリデータがUTF-8などの文字エンコーディングに従っている場合に我々はそれがテキストファイルであると認識します。

まずfs.createWriteStreamについては、encodingオプションは「データとして文字列が渡されたときにその文字列をどのエンコーディングでバイナリデータに変換するか」を指定する意味を持ちます。encodingオプションにどのような値が渡されていたとしても、直接用意したバイナリデータをファイルに保存したい場合はBufferオブジェクトを用意すればOKです。
ですから、そのような場合、つまり(テキストファイルではなく)バイナリファイルを作成したい場合でも、fs.createWriteStreamencodingオプションにnullなどを渡す必要はありません。
よって、fs.createWriteStreamencodingオプションのデフォルト値は、文字列を渡されたときにそれをどの文字エンコーディングで扱うのが普通かという観点から考えるべきでしょう。

これについては明確に議論しているドキュメントは残念ながら見つけられませんでしたが、現代で国際的にまともに使用可能なのはUnicodeだけであり、ASCIIとの親和性などの観点から、一般的な用途で最も利用が推奨されているのはUTF-8です。ですから、文字列のエンコーディングのデフォルト値にふさわしいのはUTF-8なのは明らかかと思います。一応、node.jsのソースコードに参考になるコメントがあります(3行目)。

// Crypto is kind of old and crusty.  Historically, its default string
// encoding is 'binary' so we have to make this configurable.
// Everything else in the universe uses 'utf8', though.
this.defaultEncoding = options.defaultEncoding || 'utf8';

fs.createReadStreamについては、encodingを指定すると、読み込んだバイナリデータを自動的に文字列に変換してくれるという便利機能であると考えられます。
ですから、読み込んだデータをバイナリデータBuffer)として渡してほしいのか、それとも文字列として渡して欲しいのかという観点からencodingの指定を考えることになります。
利便性の観点からいえばデータを文字列として欲しいのは扱っているファイルがテキストファイルの場合でしょうから、ファイルがバイナリファイルかテキストファイルかという観点は強ち間違いとも言えません。

この場合、確かにデフォルトを"utf8"などにしておいて、Bufferでデータが欲しい場合はオプションで明示するというデザインも可能かと思います。
これに関しても残念ながら私は明確な答えを見つけることができませんでしたが、少なくともnode.jsのデザインはそのようになっていません。
理由に関しては推測ですが、わざわざファイルをストリームで読み込む場合はバッファで欲しいことが多い(テキストファイルの場合でも文字列処理を行わない場合はわざわざバイナリデータをデコードする処理を挟む必要がない)ことや、encodingという名前のオプションでデータをBufferとして扱うことを明示するというのは分かりにくいことが挙げられます。
実際、現在のReadableStreamのデザインでは、setEncodingを呼んだら(たとえsetEncoding(null)だとしても)データは文字列となり、データをバイナリデータBuffer)で欲しい場合はsetEncodingを全く呼ばないことが求められます。

  • 1
    まずテキストファイルとバイナリファイルがそれぞれ全く別のものだという思い違いをしていました。今回テキストファイルはバイリファイルの一形態だと知れたことで、fsモジュールの持つ件のAPIはあくまでバイナリの読み書きを抽象化したものであることを理解することができました。 またfs.createWriteStreamのoptions.encodingは文字列を扱う際にだけ有効だということがわかったので、初期値が"utf8"に設定されていても特に支障のないことが理解できました。このような挙動について、fs.writeFile等他のAPIにはdocumentに同様の記述があったのですが、fs.createWriteStreamにだけ見当たらなかったので違うものだと誤解していました。今夜はすっきり眠れそうです、本当にありがとうございました。 – hogehoge 1月23日 14:54

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする