3

お世話になっております。

タイトルの件について質問です。

numpy v1.15のリファレンス sin関数の引数の意味についてです。
https://docs.scipy.org/doc/numpy-1.15.0/reference/generated/numpy.sin.html#numpy.sin

リファレンスには、

numpy.sin(x, /, out=None, *, where=True, casting='same_kind', order='K', dtype=None, subok=True[, signature, extobj]) =

と記載されておりますが、

実際に使う場合
sin(x, *args, **kwargs)

としなければいけません。
pycharmからnumpyソースコードのumath.pyを確認してみましたが、
def sin(x, *args, **kwargs):
で定義されており、

numpy.sin(x, /, out=None, *, where=True, casting='same_kind', order='K', dtype=None, subok=True[, signature, extobj]) =
の部分はその下の行でコメントアウトされておりました。

なぜ、マニュアルには
numpy.sin(x, /, out=None, *, where=True, casting='same_kind', order='K', dtype=None, subok=True[, signature, extobj]) =
と記載されているのか意味が解らず困っております。

第1引数のxはわかりますが、
第2引数以降の
/, out, *, hwere, casting, order等の調べ方がわかりません。

わかりづらい質問で大変申し訳ございませんが、
このあたりの調べ方、numpyマニュアルのどの部分を見れば読み解くことができるかご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?

  • スラッシュに関してはこちらの質問とその回答が参考になるかと思います。 – metropolis 1月1日 1:13
  • metropolisさんありがとうございます。非常に参考となる内容でした! – pikachu 1月1日 14:41

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする