0
var driverDirectory = Path.GetDirectoryName(AppDomain.CurrentDomain.BaseDirectory);
var options = new ChromeOptions();
options.AddArgument("--headless");
options.AddArguments("user-data-dir=userdata");
var driver = new ChromeDriver(driverDirectory, options);

上記のコードを実行すると以下のエラーが発生します。

OpenQA.Selenium.WebDriverException
HResult=0x80131500
Message=The HTTP request to the remote WebDriver server for URL http://localhost:63525/session timed out after 60 seconds.
Source=WebDriver
スタック トレース:
at OpenQA.Selenium.Remote.HttpCommandExecutor.MakeHttpRequest(HttpRequestInfo requestInfo)
at OpenQA.Selenium.Remote.HttpCommandExecutor.Execute(Command commandToExecute)
at OpenQA.Selenium.Remote.DriverServiceCommandExecutor.Execute(Command commandToExecute)
at OpenQA.Selenium.Remote.RemoteWebDriver.Execute(String driverCommandToExecute, Dictionary`2 parameters)
at OpenQA.Selenium.Remote.RemoteWebDriver.StartSession(ICapabilities desiredCapabilities)
at OpenQA.Selenium.Remote.RemoteWebDriver..ctor(ICommandExecutor commandExecutor, ICapabilities desiredCapabilities)
at OpenQA.Selenium.Chrome.ChromeDriver..ctor(ChromeDriverService service, ChromeOptions options, TimeSpan commandTimeout)

それぞれのオプションを個別に指定するとエラーにはなりません。
headlessuser-data-dir は同時に指定できないのでしょうか。

※開発環境は以下です
ChromeDriver 2.45.615291
.NET Core 2.2 コンソールアプリケーション

  • user-data-dir--user-data-dirの間違いではないでしょうか。 – cubick 18年12月22日 11:55
  • user-data-dir=userdata の指定で動作確認できています。(Debug\netcoreapp2.2\userdata フォルダにプロファイル情報が保存され、実行時に前回実行時のログイン状態などが復元される) – jirolabo 18年12月22日 22:55
0

C#ではこういうQ&Aがありますが、これはheadlessかどうかは判りません。
SeleniumでChromeのprofileが変更できない

上記が参照している記事がこれです。
記事では解決のように見えますが、ご質問の状況と関連があるかどうか、調べてみてください。
Issue 1182 - Cannot use an existing Chrome profile.


ChromeDriverの notes.txt を見ると修正されたばかりの問題のようなので、まだ何か残っているのかもしれません。

----------ChromeDriver v2.45 (2018-12-10)----------
Supports Chrome v70-72
~途中省略~
Resolved issue 2684: ChromeDriver doesn't start Chrome correctly with options.addArguments("user-data-dir=") [[Pri-3]]
~以後省略~

これの元になったIssueやトピックはこれらだと思います。
Issue 775703 - Headless maintains a different profile folder structure to headful
Issue 617931 - Save and restore browser sessions
Headless Chrome --user-data-dir and incognito mode
Issue 775911 - missing accept_languages in request for headless mode
Chrome/Chromium headless profile not passed to chromedriver #701
userDataDir + headless = lost authorization #921


それとは別に OpenQA.Selenium.WebDriverException 0x80131500 で調べると以下が見つかりますが、関連しているかは不明です。

Selenium C# Timeout Exception
Element is not clickable another element receive the click- Selenium c#
cannot interact with WebElements in Chrome browser (version 67.0.3396.87) with latest version of Selenium 3.12
Selenium WebDriver throws Timeout exceptions sporadically
Selenium Error - The HTTP request to the remote WebDriver timed out after 60 seconds


参考
C#ではなくRubyで、かつWindows Serverで同じ問題に当たった人が、理由は不明ながらも自己解決したという記事がありました。ただまだ解決していない(自動ログイン処理するとuser-data-dirが効いていない)人もいるようですが。
user-data-dirを設定しているSelenium WebDriverでChromeのheadlessモードが利用できない

USER_AGENT = "xxxxx"
option = Selenium::WebDriver::Chrome::Options.new(args: ["--headless", "--lang=ja", "--user-data-dir=./profile", "--user-agent=#{USER_AGENT}"])

driver = Selenium::WebDriver.for :chrome, options: option

"--lang=ja" と "--user-agent=..." の指定を追加したのが変更点ですかね。

  • profile の変更については user-data-dir=userdata の指定で動作確認できています。(Debug\netcoreapp2.2\userdata フォルダにプロファイル情報が保存され、実行時に前回実行時のログイン状態などが復元される) – jirolabo 18年12月22日 22:54

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする