6

Haskell で、ある再帰直和型 T に対し、 T -> T のような関数があり、既に実装されているとします。たとえば、

data T = Z
       | One T
       | Two T T
       | Three T T T
       | ..  -- 沢山あります

f :: T -> T
f Z             = Z
f (One t)       = One (f t)
f (Two t1 t2)   = Two (f t2) (f t1)  -- 単純なトラバーサルではない
f (Three Z Z Z) = error "Three 0s are illegal"
f .. -- ずっと続きます

一部のケースは、ありえない入力だということで、 error を使って例外を飛ばしています。

この関数を T -> Maybe TT -> Either String T のように型を変えて「行儀を良くして」例外を投げないようにしたいのですが、どのようにするのが一番良いのか、が質問です。

f :: T -> Either String T
f Z             = return Z
f (One t)       = liftM One (f t)
f (Two t1 t2)   = liftM2 Two (f t2) (f t1)
f (Three Z Z Z) = fail "Three 0s are illegal"
f ..

などのようにモナドなり、アプリカティブファンクターなり、使用すると書けるのは判るのですが、コンストラクタ数が多い直和型の場合、追加コードを書いていて鬱々としてきます。

通常の Haskell では IO 関連だと例外は catch できるのですが、この場合、元の関数は IO を使いませんから、 IO 汚染させたくありません。非IO でも例外を catch できる言語では間違いなく例外を使う例なので当惑しています。

元のソースコードのをできるだけ変更せずに Either化や Maybe化したいのですが、 Haskell では無理なのでしょうか。

  • 1
    コンストラクタ数が多い場合、所定の方法はTemplate Haskellでしょうね。個人的にはTemplate Haskellをあんまり好きじゃないから特におすすめできませんけど。コンストラクタ数を減らせない、TにNothingのようなコンストラクタに添えられない場合は、かなり悪い状況だと思います。(ご質問の答えにならなくてすみません。) – Darius JAHANDARIE 15年1月22日 6:19
  • いえ、それで充分なお答になっていると思います。ありがとうございました! – camlspotter 15年1月23日 2:25
6

Template Haskell(QuasiQuoter)が嫌いでなければ、それを実現するための糖衣があります。

applicative-quotersパッケージで定義されているものを利用すると、

f (Two t1 t2) = [i| Two (f t2) (f t1) |]

のように、[i| … |]で囲むだけで、自動的に Two <$> f t2 <*> f t1 に変換してくれますが、ネストしている場合に対応していない点に注意が必要です。

もう一つの方法として、純粋な例外ハンドラを利用するという方法もあります。

spoonパッケージで提供されているteaspoon :: a -> Maybe aは、例外が発生したときNothing、発生しなかった場合はJustで結果を返します。例外ハンドラをカスタマイズするteaspoonWithHandles :: Handles a -> a -> Maybe aという関数も用意されています。

おそらく、後者が求めているのに近いと思います。参考になれば幸いです。

  • 5
    spoonは内部でunsafePerformIOControl.Exception.catchesを使っている関係で、非同期例外と相性が悪いので注意して使う必要があります。catchesが非同期例外を同期例外としてrethowするため、teaspoon exprというthunkを評価中に非同期例外を受け取るとthunkは例外で書き換えられ、以後再評価すると例外を上げるようになります。 – maoe 15年1月22日 7:35
  • 個人的には QuasiQout は大好きなのですが、業務上の制約から使えません。非常にスレッドを多用するシステムですので spoon も使えないと思われます。残念ですが、否定的な結論であっても納得ができたのでとても助かりました! – camlspotter 15年1月23日 2:28

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする