クォータニオンによる回転についての質問です。ゲームの三次元空間上の回転移動を目的としています。

理解しているところまで簡単に説明します。
三次元空間上の点pを回転クォータニオンqを使って回転するとします。

   p = (0, a, b, c) = 0 + ia + jb + kc
   q = w + xi + yj + zk

クォータニオンの性質によりクォータニオンは2つの平面の合成と考えることができます。
各平面での回転θは以下のクォータニオンで表すことができます。

 cosθ + i sinθ を左からかけるとWX平面がθ回転、YZ平面がθ回転
 cosθ + j sinθ を左からかけるとWY平面がθ回転、XZ平面がθ回転
 cosθ + k sinθ を左からかけるとWZ平面がθ回転、XY平面がθ回転

目的の回転は三次元空間での回転なので、Wが含まれた平面の回転を打ち消すためにこれらの共役クォータニオンを右からかけます。

(qy (qx p qx*) qy* ) qz* = (qz qy qx) p (qx* qy* qz*)
           = (qz qy qx) p (qz qy qx)*

色々端折ってはいますがここまでは理解しています。
しかし次がわかりません。

ここで求めたそれぞれの平面の回転を合成したクォータニオンqz qy qxが次の式で表せる
回転軸をR、回転角をθとすると
 q = cos(α/2) + iRxsinα + jRysinα + kRzsinα

このように表すことができる理由がわかりません。
この式がどのように導かれたのか、詳しい方ご教授お願いします。

スタック・オーバーフロー 初心者
NIKUBOUNEOはスタック・オーバーフロー初心者です。さらなる説明を求めたりコメントや回答の仕方についてお願いするときは思いやりを持つよう心がけましょう。 行動規範をどうぞご参照ください。

回答

NIKUBOUNEOはスタック・オーバーフロー初心者ですので温かく迎えましょう。行動規範をどうぞご参照ください。
 

回答を投稿をクリックすることで、当社の最新の利用規約プライバシーポリシー及びクッキーポリシーに同意したものとみなし、これらは今後のサイト利用の際にも対象となります。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする