0

CentOS上でVAAPIを使ってエンコードをしていますが、2重起動(2つのエンコード)を行うと後から起動させた方で

ffmpeg version N-92274-g40ac622 Copyright (c) 2000-2018 the FFmpeg developers
  built with gcc 4.8.5 (GCC) 20150623 (Red Hat 4.8.5-28)
  configuration: --prefix=/root/ffmpeg_build --pkg-config-flags=--static --extra-cflags=-I/root/ffmpeg_build/include --extra-ldflags=-L/root/ffmpeg_build/lib --extra-libs=-lpthread --extra-libs=-lm --bindir=/root/bin --enable-gpl --enable-libfdk_aac --enable-libfreetype --enable-libmp3lame --enable-libopus --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libx264 --enable-libx265 --enable-nonfree
  libavutil      56. 20.100 / 56. 20.100
  libavcodec     58. 34.100 / 58. 34.100
  libavformat    58. 19.102 / 58. 19.102
  libavdevice    58.  4.106 / 58.  4.106
  libavfilter     7. 38.100 /  7. 38.100
  libswscale      5.  2.100 /  5.  2.100
  libswresample   3.  2.100 /  3.  2.100
  libpostproc    55.  2.100 / 55.  2.100
libva info: VA-API version 0.40.0
libva info: va_getDriverName() returns 1
libva error: va_getDriverName() failed with operation failed,driver_name=i965
[AVHWDeviceContext @ 0x2c26980] Failed to initialise VAAPI connection: 1 (operation failed).
Device creation failed: -5.
Failed to set value '/dev/dri/card0' for option 'vaapi_device': Input/output error
Error parsing global options: Input/output error

のエラーが発生します。

ffmpeg \
  -vaapi_device /dev/dri/card0 \
  -hwaccel vaapi \
  -hwaccel_output_format vaapi \
  -i "/repo/a.ts" \
  -analyzeduration 30M -probesize 30M \
  -vf 'format=nv12|vaapi,hwupload,scale_vaapi=w=720:h=480' \
  -c:v h264_vaapi -profile:v 77 -level 31 -qp 22 -quality 0 -aspect 16:9 \
  -c:a libfdk_aac  -ac 2 -ab 96k -ar 48000 \
  ~/output.mp4

というエンコードを行っています。
VAAPIを使ってのエンコードで2重起動は無理なのでしょうか?
もちろん1つのパフォーマンスが落ちるのは許容するのですが、2つ同時に動かしたくffmpegのオプション指定でなんとかなれば幸いです。

ご存知の方、ご教示お願いできれば幸いです。

  • 素人考えですが、パッと見では-vaapi_device /dev/dri/card0で同じデバイスを指定しているのなら、リソースの奪い合いになって動かないのは当然なのかなという気はします。 – cubick 18年10月30日 1:43

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする