ローカルのターミナル上で作業をしていると、たまにぼーっとなってしまうことがあります。そういうときに、時間毎に、定期的にターミナル上にメッセージを表示させて注意を促したいのですが、そういう場合に、最も安全な方法はあるのでしょうか。

例えば、単純にメッセージを定期的に表示させたい、とするならば、下のような無限ループのシェルスクリプトを書き、それをバックグラウンド(Ctrl+z bg)で実行すれば、とりあえずはメッセージが出ます:

 while true
 do
     echo "\n"
     echo `date`
     sleep 10s
 done

しかし、この問題は、例えば入力最中のコマンドがあった場合、メッセージが割り込んで表示されてしまい、作業の邪魔になり、またこれを終了させるためにはkillコマンドを利用しなければならず、どう考えても良い方法だとは思えません。もし、いい方法があれば教えてください。

なお、notify-sendでバルーン表示ができることはわかっているのですが、そのような方法は期待していません(あくまでターミナル上が望ましいです)。

利用しているシェルはbash、利用しているOSはUbuntu 14.04になります。

そのまま表示してしまうと、場所がおかしくなるのが問題であれば、エスケープシーケンスで場所の切り替えをしてあげると良いかもしれません。

具体的には

echo -n -e "\033[s\033[1;40H\033[07;37m---ALERT---\033[m\033[u"

となります。

  • -n : 改行を付加しません
  • -e : エスケープ文字を使用します
  • \033[s : 現在のカーソル位置を保存します
  • \033[Y;XH : カーソルの位置を変更します
  • \033[07;37m : 文字を白の反転にします
  • \033[m : 文字の色を戻します。
  • \033[u : 保存していた位置にカーソルを戻します。

一つの端末で定期的な表示(カーソル移動や文字列の出力)をほかのプロセスや入力のエコーバックの邪魔せずに実行するには、screen や tmux など端末マルチプレクサーを利用しないと完全な対応は無理です。

screen であれば、ステータスラインに時刻を表示するのは簡単です。例えば、~/.screenrc に次のような設定を記述し screen を起動すれば、ステータスラインに日時が表示されるようになります。

hardstatus alwayslastline '%m/%d %02c:%s'

ステータスラインでなくとも、画面分割して、そのうちの一つで任意のコマンドを定期実行させることもできます。新しめの screen であればレイアウト機能が役に立ちます。~/.screenrc に次のように書けば、一つの画面に定期的にコマンドを実行でき、別の画面で通常の端末操作が行なえます。

screen 0
screen -t date 99 sh -c "while :; do clear; echo -n $(date '+%F %T'); sleep 10; done"

layout new 0:layout0:horizontal

layout select 0
split

focus down
resize -v 1
select 99

focus up
select 0

回答

回答を投稿をクリックすることで、当社の最新の利用規約プライバシーポリシー及びクッキーポリシーに同意したものとみなし、これらは今後のサイト利用の際にも対象となります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする